ではでは、早速ご注文のCocktailをお持ちするでごじゃる。
構成は、基本的なRecipeとその分量、
味わい、度数、とおすすめ度で成り立っているでごじゃる。
どうぞ参考にして下され。

☆カルーア・ミルク☆

Recipe : カルーア 45ml  牛乳 適量
味わい : SWEET
おすすめ度 : ☆☆☆☆
コメント : 大人のカフェ・オ・レ。しかし、以外と女性の中にはこのCocktailが嫌いという方が多い。「甘ったるい」からと言う理由を聞いたが、恐らく、カルーアとミルクのバランスが狂っていたのであろう。牛乳は、胃の内側に薄い粘膜を張ってくれて、胃を保護してくれるので、1〜2杯目に飲んでおくと良いかも。


☆フローズン・バナナ・ダイキリ☆

Recipe : ホワイト・ラム 30ml  ホワイトキュラソー 5ml
       レモンジュース 5ml  シュガーシロップ 5ml
       バナナ 1/3本
味わい : MEDIUM  度数 : 8%vol
おすすめ度 : ☆☆☆☆
コメント : バナナのシャーベット、と言う感じ。バナナを苺に替えれば、F.ストロベリー・ダイキリ。シャーベット状になっているので、他のCocktailに比べれば、比較的時間を掛けて飲めるCocktailである。余り、アルコールを感じずに飲めるのも特徴である。しかし、3杯が限度か。


☆マリブ・ビーチ☆

Recipe : マリブ 30〜45ml  オレンジジュース 適量
味わい : MEDIUM
おすすめ度 : ☆☆☆☆
コメント : ココナッツの香りが甘く気持ち良いCocktail。アルコールはさほど感じない。まだ明るい内にでも飲めるCocktailではある。会社の帰りなどに、2〜3杯グラスを傾ける程度なら、全く気にすることなく飲めるCocktailだ。初めての方にも、おすすめできる。



☆ベリーニ☆

Recipe : ピーチ・ネクター 1/3  スパークリング・ワイン 2/3
       グレナデン・シロップ 2〜3ダッシュ
味わい : MEDIUM  度数 : 9%vol
おすすめ度 : ☆☆☆☆
コメント : 桃とワインの絶妙なコンビネーションが気楽に味わえるCocktail。食前向き。すっきり、爽やかな味わい。男性がこのCocktailを勧めてきたときは、安心して飲める。優しささえも感じられる。アルコールもさほど強くないので、ちょっと一息を入れるときにでも飲むと良い。


☆ウォッカ・アップルジュース☆

Recipe : ウォッカ 30〜45ml  アップルジュース 適量
味わい : MEDIUM  度数 : 12%vol
おすすめ度 : ☆☆☆☆
コメント : 基本はスクリュー・ドライバ。アップルジュースのほのかな酸味がGood。ウォッカはアルコールの割には、癖が無く飲みやすい「スピリッツ」である。このCocktailは、美味しいことは美味しいが、度数が意外と強いので、安心して何杯も飲むことはさけたい。


☆シャーリー・テンプル☆

Recipe : グレナデン・シロップ 20ml  ジンジャーエール 適量
味わい : MEDIUM  度数 0%vol
おすすめ度 : ☆☆☆☆☆
コメント : ノンアルコールCocktail。全くお酒のダメな方のためのCocktail。このRecipe以外に、カシス 1/4 オレンジジュース 1/4 グレープジュース 1/4 ソーダ 適量 と言うのもあるが、このCocktailは、決まったRecipeがない。


☆サマー・デライト・I☆

Recipe : ライムジュース 30ml  グレナデンシロップ 15ml
       シュガーシロップ 10ml  ソーダ 適量
味わい : MEDIUM  度数 0%Vol
おすすめ度 : ☆☆☆☆☆
コメント : 見た目・作り方とも普通のCocktailそのもの。なのに、アルコール度数は「0」と言う、お酒が全く駄目な人にとってもBarを満喫することが出来るCocktail。グレナデンシロップの淡いピンクが艶やかで、ライムの香りが心地良いCocktail。お店によっては、ライムジュースをフレッシュライム(ライムの絞り汁)ではなく、Cocktail用のライムジュースを使うかも知れないが、このCocktailは是非フレッシュライムで作っていただきたい。


☆プッシーフット☆

Recipe : オレンジジュース 40ml  レモンジュース 10ml
       グレナデンシロップ 10ml  卵黄 1/2個
味わい : MEDIUMSWEET  度数  0%Vol
おすすめ度 : ☆☆☆☆
コメント : 「プッシー」と聞いて、ドキッとしたら貴方はエッチ。プッシーフットとは「子猫のようにこっそり歩く」というような意味。ネーミングは酔っぱらった時の足取りのようだが、アルコール度数「0」という健康的なCocktail。卵黄を使うので、卵アレルギーの方は止めて於いた方が得策だろう。恋人と飲みに来て、少し飲み過ぎた、酔いが回ってきたかな、などと言うときに注文すると良いだろう。


☆サラトガ クーラー☆

Recipe : ライムジュース 20ml  シュガーシロップ 5ml
       ジンジャーエール 適量
味わい : MEDIUM  度数 0%Vol
おすすめ度 : ☆☆☆☆☆
コメント : アルコール度数「0」で有りながら、Cocktailの味わいが充分に味わえる女性のためのCocktail。ライムとジンジャーエールの味わいが、すっきりとした喉越しを与えてくれる。恋人の前で格好悪いところを見せたくない、もうこれ以上飲めないけど飲まずにいられない、などと言うときに飲むと良いだろう。


☆カフェ・ロワイヤル☆

Recipe : ブランデー 5ml  角砂糖 1個
       コーヒー(ホット) 適量
味わい : MEDIUM  度数 1%Vol
おすすめ度 : ☆☆☆
コメント : 名前を一度くらいは聞いたことがあるだろう。このCocktailは女性よりも、落ち着きのある男性に飲んで貰いたい。食後にさりげなく注文して、さりげない演出をしてみては如何だろうか。飲むときに、間違っても「クリーム」など入れないで飲んで貰いたい。ブランデーの香織を楽しみつつ、コーヒーの苦み・渋みを味わって飲むのが、大人の格好良さではないだろうか。


☆アメリカン・レモネード☆

Recipe : 赤ワイン 30ml  レモン・ジュース 40ml
       砂糖 15ml  ミネラル・ウォーター 適量
味わい : MEDIUM  度数 : 3%Vol
おすすめ度 : ☆☆☆
コメント : 赤ワインとミネラルウォーターの比重の違いを活かした、見た目が綺麗な1品。赤ワインは、その品質保持が難しいので、なかなか何処のお店でも飲めるというものではないだろう。もし、お店のメニューで見かけたときは、一度は飲んでいただきたい。或いは、赤ワインが余っていて、そのまま飲むのに飽きた、と言うときなどに楽しんでみてはどうだろうか。作り方は簡単。レモン・ジュースと砂糖をグラスに入れて溶かし、氷を加えて、よく冷えたミネラル・ウォーターを満たしてステア(混ぜる)し、冷やした赤ワインを静かに注ぎフロートさせる。家庭で気軽に楽しめるCocktailの1品でもある。


☆シンデレラ☆

Recipe : オレンジ・ジュース 1/3  レモン・ジュース 1/3
       パイナップル・ジュース 1/3
味わい : SWEET  度数 : 0%Vol
おすすめ度 : ☆☆☆☆
コメント : アルコール度数は「0%」でありながら、しっかりCocktailしている一品。シェークして、ショートグラスに注がれるので、周囲からは「ショートカクテルを澄まして飲んでいる」と見られることは必至であろう。このCocktailを知らない人と飲みに行って、さり気なく飲んでいるときに、「ショートなのに大丈夫?」などと気を遣われるようなことが有れば、同性なら素直に教えてあげ、異性ならちょっと勿体ぶって、相手の出方を伺ってみましょう。酔わそうとしている軟派者のようなら、「やっぱりショートは飲めないわ」という演技をして、防御網をひいておくと良いかも知れませんね。


☆フロリダ☆

Recipe : オレンジ・ジュース 1/3  レモン・ジュース 1/3
       ガム・シロップ 5ml  アンゴスチュラ・ビターズ 1ダッシュ
味わい : SWEET  度数 : 0%Vol
おすすめ度 : ☆☆☆☆
コメント : これも、見た目も作り方もちゃんとCocktailした一品。Recipeを知らない者が見れば、「ショートカクテル」の何ものでもないでしょう。アンゴスチュラ・ビターズが入っているので、単なるオレンジジュースとはまた一味違った感じがするので、味わいも気分もCocktailにしてくれるので、酔った振りして相手の下心を覗いてみるのも良し、ちょっとお酒に強い大人の雰囲気を醸し出したい時には、2〜3杯目に飲んで相手を誘導するのに如何?


☆ビア・スプリッツァー☆

Recipe : 白ワイン 3/5  ビール 2/5
味わい : MEDIUM  度数 : 10%Vol
お勧め度 : ☆☆☆☆
コメント : 「お酒は余り飲めないんだけど、ビールなら少しは飲める」「ワインなら少し」って言う方にはもってこいのCocktail。ビールの泡と氷がとても涼しげなので、夏にはもってこいでしょうね。デートやコンパの乾杯の時にお勧め。とは言うものの、アルコール度数はワインより少し低くて、ビールより少し高めと言う程度なので、杯数多く飲んでしまうと酔っぱらってしまうので、呉々も調子に乗りすぎて飲み過ぎない様にしてくださいね。



以上でいかがでしょうか?
次回のご来店を、心よりお待ちいたしております。
次回までのご来店に、ご注文がございましたら、
Mailにてその詳細をお書き下さい。
また、成功談が在れば、
お聞かせ下されば嬉しく思います。



目次へ戻る                TOPへ戻る