耳の疾患

耳管開放症

耳管は鼻の奥から中耳腔に空気を送る大切な管ですが、普段は閉じておりアクビをしたときや何かを飲み込んだりしたときに開放します。これが常に開放してしまっている状態を耳管開放症といいます。

耳管が開きっぱなしになっていると耳が詰まった感じやこもった感じになり、自分の声が響いて聞こえたり大きく聞こえたりします。また、呼吸するたびに耳の中で音がすることもあります。滲出性中耳炎と同じような症状を起こしてきます。呼吸時に鼓膜が動いているのを確認したり、頭を低くすることで症状が軽快する(耳管周囲が鬱血するために耳管が閉じるため)ことを確認して診断します。

急にやせたときや体力の落ちたときになりやすいといわれていますが、小児や健康な方の中にも耳管開放症の方が存在します。典型的な症状のある場合には比較的診断しやすいですが、難治性の滲出性中耳炎や真珠腫性中耳炎の方の中で、ある程度の頻度で耳管開放症が存在しているようです。時間が開きっぱなしになってると、不快感があるため、鼻すすりをして中耳腔を陰圧にし耳管を閉鎖しようとしてしまいます。このことが難治性の滲出性中耳炎や真珠腫性中耳炎を引き起こすようです。

治療は、生理食塩水を鼻から数適さし耳管開口部を湿らせる方法があります。手軽な方法ですが一時的な効果だけでなく継続的な治療効果も期待できます。鼓膜面に外科用のテープを貼って鼓膜の動揺を固定する方法もあります。症状のひどい場合には耳管内に薬液や異物を挿入することもあります。漢方薬が有効という報告もあります。

ホーム | 医院紹介| 診療案内耳鼻科の診察トピックス院長ご挨拶リンク

トピックス