耳の救急

耳が痛くなった

item8

手持ちの鎮痛剤があれば使用して 耳鼻科へ

 耳が急に痛くなった場合は外耳道炎か急性中耳炎のことが多いです。外耳道炎は耳介の牽引痛があり、耳掃除をした後に多いようです。急性中耳炎は感冒や鼻症状の後に起きることが多いです。いずれも耳だれが出ることがあります。小さいお子さんは夜中に急に耳が痛くなることがあります。ご心配とは思いますが、お手持ちの鎮痛解熱剤(アセトアミノフェンなど)があれば使っていただき、次の日に耳鼻科を受診していただければ大丈夫です。

耳痛を起こす他の原因として、おたふく風邪(流行性耳下腺炎・ムンプス)、顎関節症などもあります。

急に耳が聞こえなくなった

item14

内耳の急性障害は早く治療をしないと治らなくなってしまうことがあります。(耳鳴り、耳のつまり感、音の響く感じといった症状だけのこともあります)

 急に耳が聞こえなくなることがあります。外耳・中耳・内耳のいずれの障害でも聞こえが悪くなることがあります。外耳の障害では、耳垢が詰まってしまったことで耳栓になる耳垢栓塞がおおいようです。入浴後に耳垢がふやけて急に聞こえが悪くなります。急性中耳炎でも聞こえが悪くなりますが痛みの症状のほうが強いようです。

内耳の障害で急に聞こえが悪くなるのが一番心配です。突発性難聴・メニエール病・外リンパ瘻などが考えられます。いずれもめまいを伴うことがあります。耳鳴り、音の響く感じや聞き取りにくい感じを伴うことがあります。数時間を争うものではありませんが、できるだけ早く治療を受けたほうがよく、早めに耳鼻科を受診することをお勧めします。1〜2週間そのままにしてしまうと聴力が悪いまま治らなくなってしまいます。

耳の中に虫が入った

item5

耳かきやピンセットで取り出そうとしないこと

動いているときは耳の穴にオリーブオイルを入れて窒息させる

 耳の穴に虫が入ってしまうことがあります。蚊などが飛び込むこともありますし、寝ているときにゴキブリやコガネムシのような昆虫が入り込むことがあります。ゴキブリなどが入ったときは奥の方へ進もうとするため、鼓膜をひっかいて強烈な痛みを起こします。無理に取り出そうとすると暴れるため痛みが強くなりますし、耳を傷つけることになりますのでお勧めできません。オリーブオイルを耳の中に満たして虫を窒息させ動かなくする方法があります。オイルで滑って虫が外耳道や鼓膜を傷つけるのも防げます。あとは耳鼻科で取り出してもらいます。

耳の中に異物を入れた

item20

耳かきやピンセットで取り出そうとしないこと

 お子さんが耳の中に異物を入れてしまうことがあります。ビーズやBB弾など色々なものを入れてみたくなる年頃があるようです。耳かきやピンセットで取り出そうとしても滑ってしまいさらに奥に入れてしまうことが多く、かえって外耳道を傷つけてしまい取り出しにくくなります。入れた方の耳を下にして、揺すったり耳たぶを色々な方向へ引っ張ってみて出てこないようなら耳鼻科で摘出してもらいましょう。

耳かきでつついた

出血したり 痛みが強ければ耳鼻科へ

 耳かきをしていて何かにぶつかったり、不意にぶつかられたりして、耳の奥をつついてしまうことがあります。外耳道だけで止まればまだいいのですが、鼓膜を損傷してしまうこともあります。力の加わる方向によっては耳小骨を損傷することもあり、さらに奥に入って内耳を包んでいる骨を壊してしまうこともあります。めまいが出るようであれば内耳を損傷している可能性があり、緊急に受診をする必要があります。

耳かきは基本的に必要ありません。もし耳かきをする場合でも毛の生えているところより奥へは入れないでください。

耳かきをしているときに、小さいお子さんが飛びついてきて鼓膜を損傷するケースもあります。周りの安全をよく確かめてください。歩きながらは絶対にだめです。

ent-yamaok@doctor.so-net.ne.jp   やまおか耳鼻咽喉科 2018