UDMH Unsymmetrical Dimethyl Hydrazineの頭文字を取った略語。日本語に訳せば、非対称ジメチルヒドラジン


解説                  総合索引

 液体推進剤ミサイル(ロケット)に使用される燃料。無色透明の液体で、アンモニア臭あり。空気に触れると黄色味を帯び、無色の蒸気を発生
する。別名1,1−ジメチルヒドラジン。
Copyright (c)2006 Weapons School  All rights reserved.
 ヒドラジンより安定しており、性能も良い。抑制赤煙硝酸などと混合すると自己着火する。また、常温で保存可能なため、弾道ミサイルの燃料として使用される。

 非対称ジメチルヒドラジンは、引火性が高く、燃焼時に有害なガスを発生する。毒性は極めて強く、眼、皮膚、粘膜を侵す。蒸気を吸入した場合は、肺水腫などを引き起こす。神経系にも悪影響を与えるため、取り扱いには注意を要し、防護服を必要とする。


       スカッドのページに戻る   ノドンのページに戻る   テポドンのページに戻る  テポドン2のページに戻る

                                 2009年6月 6日改訂


参考文献

ザックス 有害物質データブック 藤原鎭男 監訳 丸善株式会社
ロケット工学 遠藤宏二他 日刊工業新聞社
ロケット工学 松尾弘毅監修 コロナ社
ロケット工学 佐貫亦男 コロナ社
Tactical Missile Propulsion Gordon E.Jensen他 American Institute of Aeronautics and Astronautics,Inc.
Weblio辞書ホームページ

Aerospaceトップページへ

Top     Land      Sea     Others

 Copyright (c)2006 Weapons School  All rights reserved.