北極星2型 中距離 弾道ミサイルの名称


解説                        総合索引  

 北朝鮮にて開発中の自走式発射機搭載型 中距離弾道ミサイル。欧米ではKN-15とも呼ばれる。
 
  北極星2型の存在が明らかになったのは、2017年2月12日の発射試験で、北朝鮮北西岸から東に向け発射され、高度550kmに達した後、500kmを飛翔し日本海に落下した。


 2月12日の発射試験では、発射角度を大きくとり、飛翔距離を犠牲にしたロフテッド軌道を選択したと考えられる。これを飛翔距離を稼ぐ最小エネルギー軌道で発射したと仮定すると、1100km以上を飛翔したことになる。本ミサイルを、北朝鮮東部から発射すれば、日本の大部分を攻撃可能である。また、このロケット・モーターを、現在開発中である長距離弾道ミサイルの、第2段目として使用する可能性もある。


 
北極星2型は、北朝鮮が開発した潜水艦搭載型 中距離弾道ミサイルKN−11を、陸上用に改良したものと考えられ、直径約1.3mの固体推進剤ロケット・モーターを採用している。従来、北朝鮮で開発されてきたスカッドノドンムスダンKN−08KN−14などの大型弾道ミサイルには、一貫して液体推進剤を使用して来たが、北極星2号では固体推進剤を採用した。


【固体推進剤を採用した理由は?】
  • 発射前に燃料・酸化剤注入の必要も無く、短い準備時間で発射可能なため、即応性、生存性に優れる。
  • 毒性が強く、引火・爆発の危険性も高い、UDMH(非対称ジメチルヒドラジン)、抑制赤煙硝酸四酸化二窒素などの推進剤を、現場で扱う必要は無い
  • 液体推進剤ミサイルに比べ、構造は簡単で、整備維持も容易

【固体推進剤の問題点】

  • 液体推進剤に比べ、推進性能は劣る
  • 一旦点火すると、推力制御は困難で、液体推進剤を使用したミサイルに比べ、命中精度は劣る
  • 高温・多湿環境下での保管は、推進剤を劣化させる
  • 大型の固体推進剤ロケット・モーター製造には、高い技術力を必要とする。

従来、北朝鮮の固体推進剤ロケット・モーターは直径0.6m程度であった。しかし、今回、直径約1.3mの大型ロケット・モーターを製造できたのは、ロシア、中国、イランなどから技術援助を受けた可能性が高い。

 北極星2型の構造に付いては、北朝鮮からの公式情報はなく、以下はWeapons Schoolの推測である。

 先端は、弾頭部分(再突入体)となっており、約500kgの高性能炸薬、兵器などを搭載できる単一弾頭である。北朝鮮は、小型・軽量核兵器を開発したと発表しているが、北朝鮮の技術レベルからすると疑問点も多い。
Copyright (c)2017   Weapons School  All rights reserved.
 弾頭部分 後方は慣性航法装置、自動操縦装置などを内蔵する誘導部分である。この後方は、直径1.3mの大型ロケット・モーターで、アルミニウム粉末を加えたコンポジット推進剤を使用している。飛行制御は、後部端に設置された4基の推力偏向板により行われる。

 ミサイル後部、外側に折りたたみ式の格子状安定翼8枚が装着されており、発射後、展開される。これは、発射直後の安定性確保のためと考える。
   

 
北極星2型は、装軌(いわゆるキャタピラー)式、自走起立発射機に搭載され、戦場を移動する。装軌式は接地圧が低いため、未舗装の場所でも走行可能であり、装輪式に比べ、移動経路、発射場所の選択肢が増え、運用上の柔軟性と、生存性も向上する。

 また、ミサイル本体は、移動中の損傷および、温度、湿度、ゴミ、埃等から保護するため、発射筒に格納されており、ミサイル本体を、そのまま搭載するより信頼性も向上する。

 北極星2型を搭載した自走式起立発射機は、偵察衛星、偵察機などの監視から逃れるため、トンネル、地下施設などに待機し、発射指令を受けると、指定の発射場所に移動する。その後、発射筒を起立させ、ミサイルの機能確認後、高圧ガスにより発射筒から射出する。飛び出したミサイルは、空中でロケット・モーターに点火し、飛翔を開始する。この発射方式はコールド・ローンチ方式と呼ばれる。

   

 ロケット・モーター燃焼終了後は、弾頭(再突入体)を分離して目標に向かう。最高高度は200kmを超え、大気圏再突入時の速度は秒速 約3km(音速の約9倍)である。高速度で落下してくる再突入体の迎撃は困難で、統合された弾道ミサイル防衛システムを必要とする。


                           2017年 4月 5日 改訂


性能・諸元

 北極星2型 KN−15

全   長:約8m
弾体直径:約1.3m
重   量:約10トン
弾頭重量:約500kg
射      程:1100km以上

 C  E  P:2000m以上


参考文献

北朝鮮による弾道ミサイルの発射について 防衛省
Jane's STRATEGIC WEAPON SYSTEMS ISSUE THIRTY-SEVEN Jane's Information Group
N.Korea employs SLBM tech in new intermediate-range missile 2017/02/13 18:04YONHAP NEWS AGENCY
North Korea Fires Ballistic Missile a Day Before U.S-China Summit by CHOE SANG-HUN APRIL4,2017 The New York Times
North Korea's "Pukguksong-2" is a two stage solid-fuel GLBM ! Norbert Brügge, Germany Space Launch Vehicles all of the worldホームページ
 N.K unveils Missile launch footage YONHAP NEWS AGENCY
The Pukguksong-2: A Higher Degree of Mobility, Survivability and Responsiveness 38 NORTHホームページ
Pukguksong-2 MRBM Global Security.orgホームページ


Aerospaceトップページへ

Top     Land      Sea     Others

 Copyright (c)2017   Weapons School  All rights reserved.