CIWS  シウスと読む Close-in Weapon Systemの頭文字を取った造語 
 日本語に訳せば近接防御武器システム。


解説                             総合索引

 艦艇防空 最後の砦(とりで) の役割を担う、近距離防空システムの名称。
 
  CIWSは、イージス艦SM−2や、自艦のシー・スパローなどの艦対空ミサイルの迎撃を潜り抜け、飛来する対艦ミサイルを近距離(2−9km以内)において迎撃する武器システムだ。迎撃に失敗すれば対艦ミサイルが命中、艦艇は大損害を受け、最悪の場合、沈没してしまう、正に最後の砦と言える。
 Copyright (c)2002 Weapons School  All rights reserved.
 CIWSに求められる基本性能は以下の通り。

  • 対艦ミサイルを1発で撃破できる破壊力
     
     至近距離ではミサイルの一部に損傷を与えても、残骸が自艦に突入する可能性もある。対艦ミサイルに損傷を与えるだけでは不十分で、ミサイル本体を粉々に破壊する必要がある。ファランクスの20mm砲では威力不足とされ25・30・35mm砲が主役となりつつある。

     
     
  • 高い発射速度
     
    時間当たりの発射弾数を増加させることが撃破可能性を高める。機関砲では毎分3000〜4000発が標準的だ。

     
  • 長い射程
     
     ハープーンなどの対艦ミサイルはマッハ0.85(毎秒280m)で突入して来る。有効射程1500mのファランクスで対応する場合、射程に入ってから命中するまで約5秒しかない。

     
     マッハ2(毎秒680m)クラスのヤホント超音速対艦ミサイルでは約2秒となり撃破に失敗すれば結果は重大だ。ファランクスを射程9.6kmのRAMに替えると、射程に入ってから命中までの時間は約6倍になる。たとえ1度失敗しても、再度交戦する機会を持てる。
     
  • 高い命中精度
     
     高速でレーダー反射面積の小さな対艦ミサイルを補足、追尾・撃破できる精度の高い射撃管制装置が必要。

     
  • 撃ちっ放し
     
     限られた時間内に多数の目標に対処するため、発射後は艦艇からの誘導を必要としないこと。

     
  • 全自動で交戦可能
     
     捜索・探知、脅威度評価、追尾、発砲、弾着修正、目標撃破、射撃中止、次目標への指向が全自動かつ短時間に行なえるシステム。

     
  • 即応性
     
     システムを立ち上げから、交戦準備完了まで短時間であること。

     
  • 自律性
     
     艦艇のレーダー・ESM(電子戦支援装置)などに頼ることなく、自律して目標の捜索・追尾が可能であること。

     
  • シー・クラッターに影響され難いレーダー
     
     海面スレスレを飛来するタイプの対艦ミサイルに対応するためには必須の機能。
    レーダー波の海面反射によるシー・クラッターに影響され難い、パルス・ドップラー方式やパルス圧縮方式のレーダーを使用するのが一般的だ。
     
  • マルチ・センサー装備
     
     レーダーだけでなく、強烈な電子妨害環境下でも作動する赤外線・光学センサーは必須とされる。

実用化されている代表的なCIWSを以下に挙げる。

名称 ファランクス ゴールキーパー RAM シー・ガード
口径等 20mm 
6銃身
30mm 
7銃身
艦対空
ミサイル
25mm 
4銃身
有効射程m 1500 3000 9600 2000
発射速度
毎分/発
3000(4500Block1以降) 4200 不明 3400
捜索・追尾センサー 捜索・追尾レーダー
(光学・赤外線Block1以降)
捜索・追尾レーダー 艦艇搭載センサーに依存 捜索・追尾レーダー
光学センサー
開発国 アメリカ オランダ アメリカ・ドイツ スイス
備 考 ベストセラーCIWS イギリス・オランダ・UAEなどで採用 ファランクスの後継CIWS トルコに販売

この他、開発中の35mm砲ミレニアムや、高エネルギー・レーザーを利用したCIWSも計画されている。
 
                               2011年3月25日改訂


参考文献

雑誌 軍事研究 個艦防空の切り札近接防空ミサイルRAM 岩狭源晴
雑誌 軍事研究  近未来/遠未来の艦載兵器 多田智彦
雑誌 世界の艦船 別冊 艦載兵器ハンドブック 海人社
雑誌 世界の艦船 1991年11月号 CIWSとは何か長田博
世界の最新兵器カタログ〔空軍・海軍編〕 日本兵器研究会編 アリアドネ企画
兵器最先端3太平洋艦隊読売新聞社編 読売新聞社
Jane's Naval Weapon Systems  Jane's Information Group
Raytheon社ホームページ
U.S Navy Fact File

Sea トップページへ

Top     Aerospace  Land      Others

Copyright (c)2002 Weapons School  All rights reserved.