Aegis Ashore イージス・アショアと読む。日本語に訳せば「陸に上がったイージス」。


解説                       総合索引

 陸上配備型イージス弾道ミサイル防衛施設の名称。

 アーレイ・バーク級イージス駆逐艦に搭載される、弾道ミサイル防衛システムであるイージスBMDを活用し
欧州中間コース弾道ミサイル防衛計画(Phased Adaptive Approach)で、2016年ルーマニアにて運用を開始、さらに2018年、ポーランドにも建設される予定である。また、これらの配備に先立ち、Aegis Ashore試験設備を、ハワイ諸島のカウアイ島に建設した。opyright (c)2010 Weapons School  All rights reserved.

 我が国も、弾道ミサイル防衛能力向上のため、イージス・アショア導入を検討中である。


 Aegis Ashoreの主なシステムを以下に挙げる。

  • デッキハウス

    イージス駆逐艦 艦橋の外観を模した構造物。


    外壁面には、AN/SPY-1D(V)フェーズド・アレイ・レーダーを設置し、弾道ミサイル発射の監視、探知、識別、追跡、およびSM-3等迎撃ミサイルの誘導を行う。

    内部にはレーダー関連装置、
    CIC(Combat Information Center:戦闘情報中枢)、通信装置、電力・冷却装置を有し、通信衛星を介して、目標情報の伝達、および前方展開レーダー、早期警戒衛星、無人機などから弾道ミサイル発射情報等を受け取る。

  • 発射装置

    イージス艦に使用されるVLS(垂直発射装置)を利用し、SM-3 8発を格納する発射施設を3基(合計24発)設置する。

  • SM-3 

    大気圏外にて弾道ミサイルを迎撃する3段式ミサイル、SM-3 BlockI(1)BまたはBlockII(2)Aを使用する。

                           2017年 6月 1日改訂


参考文献

防衛大臣記者会見概要 平成29年3月10日 防衛省

AEGIS BALLISTIC MISSILE DEFENSE  Aegis BMD Update to the National Defense Industrial Association & Strike,Land Attack ,and Air Defense Division 14 July 2011
Ballistic Missile Defense Overview European Phased Adaptive Approach  LTG Patric J.O'Reilly, USA Director Missile DefenseAgency October 18,2011
Ballistic Missile Defense Update RDML Randall M.Hendrickson August 14.2012
IAMD Reguirements,Plans,and Programs RADM Frank C.Pandolfe 14 July 2011 Surface Warfare Division OPNAV N86
Missile Defense Agencyホームページ
Navy Aegis Ballistic Missile Defense (BMD)  Program: Background and Issues for Congress Ronald O'Rourke Specialist in Naval Affairs August10,2012 Congressional Research Service
RDT&E Project Justification:PB2013 Missile Defense Agency

 Aerospace トップページへ

Top     Land    Sea     Others

 Copyright (c)2010-2017 Weapons School  All rights reserved.