役割・活動・条件など





 <自然教室本番でのリーダーの役割>
  ○子どもの安全を確保する
   野外活動や調理、日常の健康管理など
  ○子どもが自然のことを理解するためのプログラムの計画、実行
   野外活動、室内行事、地域の方への協力依頼など
  ○自然教室中の子どもたちの日常生活をサポート
   そうじ、調理、食事について、食器洗い、風呂、シャワー、洗濯、荷物管理、など
   自然を大切にする暮らしの実践をサポートします。

 <その他のリーダーの活動>
  ○ミーティングへの出席
   東京周辺にリーダーが多いので、東京で月1〜2回程度行っています。
   遠方の人は、手紙、FAX、Eメールなどで文章によるミーティング参加をしてください。
   ミーティングへの出欠の連絡は必ずして下さい。
   ミーティングでは自然教室のプログラム作成などについて話し合います。
  ○教室開催の準備・片づけ(*)
   ・事前の準備
    …調理道具の準備、プログラムで使う道具の準備、雪かき、場内整備、プログラムの準備など
   ・事後の片づけ
    …道具類の片づけ、布団干し、感想文集作成、記念写真の発送などなど
  ○教室施設のメンテナンス(*)
   建物の修理・塗装、備品のチェック、制作など
   雪が多いことも重なり、いろいろなメンテナンスが必要です
  ○その他
   ・シーツ、布団カバーの洗濯(*)
   ・資料、通信、しおり、議事録などの作成、発送(*)
   ・フィールドの下見
   ・ネイチャーショップの商品の準備など(*)
    …自然教室で販売するおみやげ品。エコロジカルグッズや本など。売り上げは教室の施設向上に使われます
  ☆リーダーとして参加できない方には「お助け隊」があります。
   *印は「お助け隊」としてやっていただける活動です。

 <リーダーの条件>
  高校生以上。必ずミーティングに参加してください。
  初参加の場合は自然教室の全日程に参加し、できれば数日前の準備期間から現地入りしてください。
  とにかく、自然や人間への愛情を持ち、やる気と責任感のあることが一番。
  あとは、上記の活動に可能な限り参加できる人。

 <経費について>
  自然教室の運営は子どもたちの参加費でまかなっています。
  リーダーの食費、滞在費、ボランティア保険費用などは、その参加費から支出されます。
  交通費は初参加のリーダーに限り自己負担とさせていただきます。
  2回目以降参加のリーダーの交通費は自然教室が負担しますが、できるだけ値段の安い交通機関を利用してください。

 <参考資料>
  「わらだやしき自然教室」−教室のしおり−
  「姉崎一馬の自然教室」 山と渓谷社 姉崎一馬著

 <連絡先>
  ○わらだやしき自然教室 〒990-1573 山形県西村山郡朝日町立木藁田屋敷
  ○東京事務局(倉持武彦・洋子) 〒184-0013 東京都小金井市前原町4-22-19




戻る