「わらだやしき自然教室」では、小・中学生を対象とした自然教室を主催しています。
 全国の子どもたちと農村の暮らしにふれ、川で泳いだり雪に接し、
 自然と人間、自然と生活の関わり合いを理解しようというプログラムを中心に
 1973年から自然教室を続けています。
 1992年に19年間にわたって開催してきた和歌山県のフィールドを、
 施設の老朽化と周辺の環境の変化のために離れることになり、
 その後は新潟県で施設を借りて自然教室を開いてきました。
 その当時から自然教室に理想の場所を探してきましたが、
 ブナの原生林の広がる朝日連峰のふもとで、
 そこから流れだす朝日川へ歩いていける、
 自然教室にうってつけの土地を山形県朝日町に見つけることができました。
 ここに新しく自然教室の施設を建てることを数年前から計画していましたが、
 1995年の夏に完成しました。
 私たちは子どもたちに、この自然のなかで生活し、感じ、それを考え、
 自分なりの価値観をもってほしいと願っています。
 そうして、子どもたちが楽しく過ごし、
 できるだけ大きな心のおみやげを待ちかえってほしいと思っています。



ひとり旅のすすめ

持ち物について

早寝、早起きについて


ホームページ はじめに 次回教室 参加する君に
リーダー募集 アクセス わらわら 問い合わせ