SHARPのポケコンにスピーカを取り付ける

シャープのPC−1246Sや、学校向けポケコンPC−G8xxシリーズでは、 BEEPコマンドはサポートされていても、ハード的にスピーカが付いていないため、音が鳴りません。
そこで、簡単にスピーカを取り付けて、音が鳴るように改造します。


11Pin connector
PC−1246Sで説明していますが、基本的に同じ11ピンコネクタが採用されているポケコンならば共通です。
11ピンコネクタの左端を1番とすると、3番11番ピンに圧電スピーカを取り付けます。
この方法がもっと簡単なのですが、弊害としてデータレコーダにSAVEする際、あのピーガー音が聞こえるようになります。
とはいえ、もともとスピーカが付いているPC−E500等でも鳴るため、特にコレといって大きな問題はありません。
ただ、この取り付けるスピーカは、必ず圧電スピーカを取り付けてください
もし、通常のコイル式の小型スピーカなどを取り付けてしまうと、電源をOFFにしていても、ずっと電流が流れ続け、電池を消耗してしまいます。
Speaker Mount
実際には、このように3番11番ピンに圧電スピーカを半田付けします。
圧電スピーカならば、どちらが+、−ということは、ありません。気軽に取り付けてください。
ただ、内蔵する際には、カバーを閉じたときに、ICなどの部品の邪魔にならない場所にスピーカを実装してください。
で、カバーを閉じたら、
 BEEP 1
と打ち込み実行させて、『ピー』っと鳴れば成功です!

メインに戻る

・E−mailアドレスをご記入ください


・お名前をご記入ください


・何か質問があれば…






Copyright 2002-2012 up-c all rights reserved