PC−G801シリーズのLCDのチラつきを直す

シャープのPC−G801シリーズ(フルグラフィックLCDのPC−G815や、PC−G850シリーズ を除く)は、ずいぶん前に生産が終わり、経年劣化によりLCDの一部また全部にチラつきが出たり、映らなくなってしまっていることがあります。
ノスタルジーな気分に浸って押入の奥から引っ張り出してきたポケコンが…せっかくヤフオクで手に入れたポケコンがそんな状態では、とても残念です。
でも、意外と簡単に直ったりするので、その修理方法を解説します。


PC-G803 PCB
※写真はPC−G803です。
まず全てのネジを外して、ロウワーキャビネットを外してください。意外とツメがしっかりかんでいて固いですが、ゆっくり焦らずにツメの引っかけを外し、開けてください。 特に電池カバー周辺は折れやすいので注意です!
開けたら基板上の赤丸の箇所、3つのコンデンサーの場所を確認してください。
PC-G803 capacitor
開けたら基板上の赤丸の箇所の3つのコンデンサー、これを交換して下さい。
同じような部品がなくても、耐圧に気を付ければ同容量の電解コンデンサーで大丈夫です。
この3つのコンデンサーのいずれかが壊れているので、その異常なコンデンサーだけで交換すれば直るのですが、どれが異常なのかわかりづらい上に、いずれは壊れますので、 この際全て新品のコンデンサーに替えることをお勧めします。
また今回はPC−G803で行いましたが、PC−G801シリーズあれば、ほぼ同じです。

あとお約束ですが、この修理改造は、自己責任でお願いします。全てのケースに対応できるわけではありませんので。あしからず。

メインに戻る

・E−mailアドレスをご記入ください


・お名前をご記入ください


・何か質問があれば…






Copyright 2012-2014 up-c all rights reserved