高橋節
  プロフィール






私の使っているものは『アンダーウッド(もしくは、ウッディー)』というものです。ベースのピックアップの定番ですが、駒の両脇の隙間に挟んで拾うものです。同じタイプでは、低音片側のみから拾う『バーカスベリー』というものがありますが、会社が無くなってしまったらしく入手しにくいかも。

経験上から言うと、駒の振動から拾うタイプのものが扱いやすいです。ピックアップの取り付け位置が弦に近づく程、ピエゾタイプのピックアップは音自体の質感情報を正確に拾うからです。弦に近いものとして、『フィッシュマン(弦の乗っている駒の隙間二箇所から拾うタイプ)』や『ウィルソン(各弦の下あたりの駒に穴を空けて取り付けるもの)』などが挙げられます。フィッシュマンもリーズナブルで定番のピックアップです。但し、ある程度音量を必要とされる場合に大きなスピーカーを鳴らす必要があるとき、あくまでも振動から拾っている為「カリカリ」とした高音域の情報が多いので、それを調節するプリアンプを通して音作りをする必要が出てきます。

その場合は別売(「バーカスベリーは付属品として付いてくる」)のプリアンプを用意するか、ボディーの振動(低音域情報)を同時に拾うタイプのものを使うかミックスするのが良いと思います。ボディーの振動を拾うタイプのものとしては『リアリスト(駒とボディーの隙間に挟んで使う)』や『ポリトーン』などがあげられます。但しボディーの振動を拾うタイプのピックアップは質感情報を正確に捉えにくく、振動で音の輪郭を不鮮明にする場合があるので、音質の面から見るとモコモコとした感じになり、実践では扱いにくいと言えますが、「ボディーの振動を含めてベースの音」というナチュラルさを再現しようとするコンセプトだと想像出来ます。

音作りにマイクを使う手法は、ハウリングを起こしやすいので細心の注意が必要です。基本ルールとしては単一指向性のマイクを使うこと、楽器に向けての位置がなるべく動かないことです。マイクの指向性が単一でないと、周囲の音圧に影響されてマスキング(音が消えてしまったりする)が起きます。楽器に向けての距離や位置が動くと、強弱や音質に影響してしまい、一定の感覚で発音することが出来なくなります。以上のことを踏まえてマイクのみで音を拡音することは、ナチュラルな状態なのでソロには向いていますが、アンサンブルになると立ち上がりに弱点があるので、状況に応じてピエゾタイプのピックアップとのミックスが良く、いずれにしてもとても難しい分野ではあります。