しなり体操


「しなり」とは?

力強い動きをするには体の「しなり」が重要となります。

野球、バレーボール、ハンドボール、ソフトボール、ボウリング、テニス、サッカー、ボクシング、バスケットボール、ゴルフ、陸上競技などのいろんなスポーツでは体をムチのようにしならせることで強い力が発揮できるようになり、投げる、蹴る、打つ、走るといった動作に大きく影響します。

腕を使ってボールを投げるような動作は、体のしなりを使うことで速さや距離に影響を与えます。

例えば、両足をそろえた状態で立ちボールを投げる動作をしてみてください(画像1)
腕を使うことで胸郭(肋骨の部分)が大きく回旋して腕のしなりを出すことができます。
このとき、肩の前面や胸の部分にもしなりが発生しています。  

 

では同じく両足をそろえた状態で腕を組んでください(画像2)
そしてボールを投げる動作をしてみてください(画像3)
体にどれほどのしなりを出すことができるでしょう?

   

腕のしなりに頼って投げ続けているといずれ肘や肩を痛めることになるのではないでしょうか?
(この腕を組んだ状態でもやり方によって大きな「しなり」は出せます)

背骨の動きによって「しなり」が発生するようにしておけば肩肘への負担軽減と、より強い力が発揮できるようになります。
注意しなければならないのは背骨の動きは自然と出せるようにしないとなりません。
意識して出していると良いしなりができずに、腰痛になる可能性もあります。
 

      
 「しなり体操」 ベーシックパターン

しなり体操のベーシックパターンです。

野球の投手、野手、バレーボール、ハンドボール、ゴルフ、テニスなど腕のしなりを必要とするスポーツや空手、水泳、柔道などの腕の伸びが必要とされるスポーツのウォーミングアップに使えます。

じゅうぶん体の温まったウォーミングアップの最後の方におこなってください。

1. 両足を肩幅くらいに広げて立ちます
2. 右の手の平を天に向けて右脇に引きつけます。(左利きの人は左で)
3. 肘を上げながら上半身を左に側屈します。
4. 右肘が床と垂直になる位の位置で自然と小指側が上を向いている状態にします。
5. そのまま前方に腕を伸ばして肩甲骨から腰にかけて筋肉が伸びているのを感じます。
6. お腹に圧を感じる位まで腕を振り下ろしたらまた2,の動作に入るという繰り返しです。
7. 6回位を目安でおこなってください。

投げる動作のスポーツの場合は利き手(野球投手、バレーボール、ハンドボール、テニスで腕を上げて打つ動きなど)を、野球のバッターやゴルファーの場合右打ちなら左手、左打ちなら右手を中心におこなうといいでしょう。

両腕の伸びが必要なスポーツには両手をしっかりやってください。

体操が終わった後にシャドーピッチングや素振りなど行うと動きの変化がわかります。体前屈などの柔軟性も確認してみてください。

今回はベーシックパターンですが、下半身パターンや特殊な動きのパターンもあります。
胸郭主導型トレーニングのセミナーを受けられた方ならわかると思いますが、体のタイプに合わせたしなり体操を使うとより効率的です。(タイプによって変えないとパフォーマンスが低下することがあります)


*肩や腰を痛めている場合はおこなわないでください。

 「しなり体操」 下半身バージョン

しなり体操の下半身バージョンです。

動画はアルペンスキー選手のバランストレーニング前に行ったものです。

体のタイプによって動きが変わります。こちらは回旋タイプ用のバージョンです。


*腰を痛めている場合はおこなわないでください。