体力が落ちたときは『ニボシ』を忘れずに! Treasure Tail
〜トレジャー・テイル〜
紹介コーナー
さあ、きみも冒険にでるのじゃ!

「だいじょうぶ、きっとうまくいくよ。
なんたって“幸運の妖精”のあたしがついているんだから!」
――お宝妖精コバン



●トレジャーテイルってなに?●

 ebookers(エンターラクティブTMブッカーズマーケット)さんのサンプル作品として、
 とけねこ先生こと、藤浪智之がつくらせていただいた、RPG風アドベンチャーゲームです。
トレジャー・ハンター(宝探し師)である猫族の少年となり、
相棒の妖精と共に冒険します。

イラストは、佐々木亮先生。キャラクターやモンスターの絵を担当してもらった、
コンビのお仕事でもあります。

●どんな冒険?●

いわゆるテキスト型のアドベンチャーゲームです。
小説のように読み進んでいくと、
このまま道を進むか、それともあたりを調べるか?」
などという選択肢が現れます。
あなたは、トレジャーハンターである、主人公になったつもりで行動を選択してください。
そのたびに、ストーリーは分岐していきます。
キャラクターは能力値を持ち、
モンスターに出会って戦闘をしたり、アイテムを使うなど、
RPG的な要素もあります。
重要な選択を失敗したり、戦闘に勝てないと冒険は達成できません。

そして、正しい道はひとつだけではありません。
あなたの行動によって、いくつもの結末(エンディング)がありえます。

●どうすれば冒険できるの?●

ebookers(エンターラクティブTMブッカーズマーケット)さん
にアクセスしてください。こちらで冒険することができます。
会員登録が必要なのでご注意ください。
(現在は無料で会員登録することができます)

現在、三部作の形で三作品が公開されています。

『Treasure Tail〜冒険の序曲〜』/携帯版
『Treasure Tail2〜魔法の森の探索〜』
『Treasure Tail3〜お姫様とドラゴン〜』(完)

興味のあるかたは、ぜひどうぞ。
ebookers
(エンターラクティブ
TMブッカーズマーケット)へGO!


会員となれば、そのサイトにあるほかの作品を読むこともできますし、
あなた自身が、ウェブ小説やテキスト・アドベンチャーゲームなどを
制作して発表することもできます。


とけねこ先生も、ひさしぶりにゲームブックっぽかったり、コンピュータRPGっぽい作品を作らせてもらい、楽しくお仕事させていただきました。 とけねこ先生から一言

とけねこ先生も、ひさしぶりのコンピュータ上のゲームのお仕事で、
楽しくお仕事させていただきました。
専用ツールを使っての制作となりましたので、
プログラミング的なことをしたりテキストを書いたり、
ひとりで、ちいさなコンピュータRPGをつくっているような感じで楽しかったです。

テキスト主体で選択肢がある、ということで、
本で出版されている
アドベンチャーゲームブックを連想したかたもいるかもしれません。
そういう意味でも、ゲームブック執筆に似た、
ちょっと懐かしく楽しいお仕事でもありました。


●EBエディタって?●

制作に使った専用のソフト『EBエディタ』は、
上記サイトで無料でダウンロードできます。
ソフトの内容は、複数の「カード」を線でつないでいき、
フローチャートのように、内容を構成していくというものです。
選択肢の分岐や、ゲーム中の数値演算などもカードで設定して行います。
なにやら直感的理解もしやすく、使いやすいツールでした。

ちょっとしたテキスト型ゲームを作ってみたい人にもおススメだと思います。
ツールのなかには、図解画像なども多用されたわかりやすい
「チュートリアルガイド」も含まれています。

このツールを使うと、分岐型小説や、
数値を扱うRPG風のアドベンチャーゲームなどが制作できます。
自分もつくってみよう、というかたも、
挑戦してみてはいかがでしょうか?

『とけねこ先生の交差点』へ



イラスト担当の佐々木先生のサイトはこちら