魔女の会&TOKENEKO堂

TRPGとエブリディ・マジック

36ページ・B5判・オフセット誌


表紙&本文イラスト:もみのは
さん


魔女の会のさうすさんと、藤浪智之(とけねこ)の、
共同本です。
テーブルトークRPGと、エブリディ・マジックのことを語った本です。

2007年夏
好評につき「増刷廉価版」が登場



ご好評いただきましたおかげで、
予想よりもちょっとだけ売れてしまい、
このたび、増刷となりました。

ただし、大部数の増刷が難しかったため、
表紙を2色刷にして単価を下げた「廉価版」とさせていただきました。
そのぶん、カラー表紙版に対して、頒価も下げ、
イベント価格300円となっております。

本文の内容は全く同じですので、
すでにお持ちのかたは、ご注意ください。


【頒布情報】
07年冬のコミックマーケット73においても、
以下のサークルで頒布する予定です。

【1日目:12月29日(土)】
東5ホール ピ-07a『魔女の会』

【3日目:12月31日(月)】
東5ホール マ−20b『金星楽団』

06年夏のコミックマーケットでお求めいただいた皆様
表紙画像プリント・サポート

●エブリディマジックとTRPG●

藤浪智之

そもそも、「エブリディ・マジック」とはなんでしょうか。

ファンタジーの一ジャンルで、
『指輪物語』や『ゲド戦記』のような「異世界ファンタジー」の対する概念、
現実の世界を舞台にしたファンタジー、
子供むけのお話

……そんな説明をされることが多い「エブリディ・マジック」ですが、
どの説明も、すべてを語っていないように思えます。

そこでこの記事では、私なりの定義を試みてみました。

そして、テーブルトークRPGにおいて、
そういう「日常のふしぎ」を、どのように導入するか、
3つの概念と、3つの具体的方法を紹介します。

どんなTRPGシステムでも、ちょっとの工夫で
「日常のふしぎ」が生まれます。
「エブリディ・マジック」とは、「設定の違い」による区分ではない、
TRPGに例えるなら「設定背景やルールの差異ではない」
と、私は思うのです。

コラム:エブリディマジックTRPGとその周辺
藤浪智之

上記記事と連動した、コラム。

TRPGの世界にエブリディ・マジックを題材にしたものってあるの?
……そんな問いに答えるために、具体的なシステムを紹介します。

「日常のふしぎ」というキイワードのもと、
その周辺に目をむければ、さまざまな輝きを持つTRPGシステムがあります。

【紹介TRPG作品タイトル】

『ウィッチクエスト』
(13歳のかけだし魔女と猫のコンビの冒険)

『ローズ・トゥ・ロード』シリーズ
(「日常に垣間見える不思議」を追い続けている、
異世界ファンタジー)

『魔法使いの弟子』ほか
(おかしな魔法が暴走する、魔法使いの弟子たちの物語。
その他『TRPG福袋』『大饗宴』に収録された作品群を紹介)

『ルール・ザ・ワールド』
(妙に生活感のあるヒーローたちの冒険)

『町内防衛隊RPG』
(不思議のお隣りにある「防衛隊」ドラマ)

『マジック・キングダム』
(おとぎ話の世界を描いた、忘れがたい付録TRPG)

『Aの魔法陣』
(「日常」もゲームにできる、ツールとしても優れたシステム)

『ラビッツ&ラッツ』
『GURPS ミステリアス・キャッツ』
(動物の目から見た、この世界のふしぎ)

『ほのぼのあったかろーるぷれいんぐ ゆうやけこやけ』
(ヒトに化けるキツネやタヌキの物語。
これから発売のシステムですが、期待もこめて)

●マジカルアベニュー開発ノート●
さうす

さうすさんの視点から、
現在開発中の、エブリディ・マジックTRPGの開発のいきさつが語られます。
エブリディ・マジックTRPGの有名タイトル『ウィッチクエスト』の
ファンの第一人者でもある、さうすさんが、
「それとはちがう描き方の、エブリディ・マジックRPG」を模索し、
そしてその実現に向けての道が紹介されます。

「トレード」や「ふしぎ度」など、
『マジカル・アベニュー』に使用されている
システムも具体的に紹介。

●まほうのお店のさがしかた●
さうす&藤浪智之

2005年発行の、同名のコピー誌の加筆再録です。
『マジカル・アベニュー』、そしてエブリディ・マジックの参考資料となる、
様々な作品を解説しています。

【紹介作品】
『新編・魔法のお店』(荒俣宏・編訳による「魔法のお店」アンソロジー)
『はてしない物語』(小説)
『×××HOLiC(ホリック)』(コミック)
『栞と紙魚子』(コミック)
『観用少女(プランツドール)』(コミック)
『魔女の宅急便』(映画・小説)
『おジャ魔女どれみ』(TVアニメ)
『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』(TVアニメ)
『ARIA』(TVアニメ)
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 2nd GIG』(TVアニメ)
『デ・ジ・キャラット』(TVアニメ・ゲーム他)
『マンハッタン・ラブストーリー』(TVドラマ)
『看板建築 新版』(解説書)

……他

●ゲスト寄稿●

本書では、さまざまなゲスト様に、寄稿をいただきました。

こちらのゲストの皆様には、
TRPGやゲームというワクにはとらわれず、
「エブリディ・マジック」をキイワードに、
ご自身のイメージや、自作品、
あるいは思い入れのある作品などを語っていただいた、
イラストエッセイです。

九月姫さん
(自作の『モンスターメーカー学園』『ココアにおまかせ!』)

タカシマさん
(アニメ『おねがい!サミアどん』『スプーンおばさん』)

もりけんさん
(自作の『ぷち姫』『魔法少女倶楽部』)

JUNさん
(近藤るるる『天からトルテ!』)

もみのはさん
(萩岩睦美『銀曜日のおとぎ話』『パールガーデン』他)


……みなさま、素敵な原稿と、
素敵な物語の紹介、
ありがとうございました。
「日常」のなかにある「ふしぎ」の、素敵な世界。
それを感じていただけたら、幸いです。



ブラウザの機能でお戻りください


06年夏のコミックマーケットでお求めいただいた皆様へ
●表紙画像プリント・サポート●
本書は、コミックマーケット70にて、頒布されましたが、
印刷上のトラブルにより
「表紙イラストが印刷されていない」状態で搬入されてしまいました。
印刷所も刷り直しが間に合わないという事態であったため、
止むを得ず、
「当初の予定頒価500円を300円にする」形で、
頒布をさせていただきました。
会場でも説明させていただきましたが、
ご了承いただければ幸いです。

なお、本文に関しては幸い事故はなく、
予定通りの内容となっております。


しかし、表紙イラストを本と一緒にお渡しできなかったのは、
重ね重ね残念であるため、今回、
表紙イラストの作者である、もみのはさんにも
承諾いただき、
セブンイレブンの「ネットプリント」を利用して、
イラスト入り表紙画像を一定期間、
プリントアウトできるようにしました。

2006年8月13日の、委託販売分
(東5ホール、ミ-25b「金星楽団」)
に関しては、スペースでの表紙プリントアウトの展示、
ならびに事情を記したペーパーの挟み込みで、
対応させていただきました。

ネットプリントの対応は、
2006年8月18日で終了しました。