TOKENEKO堂・同人誌紹介
〜イベント刊行物リスト〜

TOKENEKO堂の同人活動と同人誌の紹介コーナーです。

→参加イベントリストへ
→取り扱いショップ(通信販売)


ぷにケット14 2006.10.22
※表紙イラストは
K2ドラちゃんさんです。
「ポトリラポトララ」

ひざまくら。さんとの共同企画本。
『どれみナ・イ・ショ』の和久のぞみ(のんちゃん)本。
シリアスストーリーまんがです。

作画:K2ドラちゃん、
脚本:TOKENEKO
『硝子のむこうのももこ』に続く、
3年ぶりの合同本です。
「もうひとりののんちゃん」の物語。

40ページ・B5判・オフセット誌

内容紹介はこちら

ポトリラ特設ページ

※在庫あります。

ぷにケット13 2006.5.28
※表紙イラストは
K2ドラちゃんさんです。
「のんちゃんといっしょ」

ひざまくら。さんとの共同企画本。
『どれみナ・イ・ショ』の和久のぞみ(のんちゃん)本。
ギャグ短編競作です。

「のんかよ」(K2ドラちゃん作)
「ドミミ軍曹」(TOKENEKO作)

ギャグ短編2本と、当時制作中だった『ポトリラ』の予告編を収録。

16ページ・B5判・オフセット誌+カラーコピー表紙

内容紹介はこちら


※残部僅少。イベント頒布ぶんのみです。

ぷにケット9・突発企画本 2004.5.9

「ふたりは、デジキャラ」
「こけしム軒」さんとの突発合同企画本。
『デジキャラット』と『ふたりはプリキュア』のミックスパロディ本です。
「ふたりは、デジキャラ」というタイトルで、こけし☆メンさんと、それぞれ好きなキャラで、勝手なモノを描くというコンセプトでやりました。たのしい企画でした〜。

TOKENEKOは、うさだヒカルをネタにブラック編を担当。
ブラックうさだが、メップルなでじこ(デジコミューン)や、ホワイトぷちこを相手に、さっぱりロクな目にあわないというストーリーです。
未来さんとでじこのママは似てるネタまんが付き。

各10ページ/2冊セット・B5判・コピー誌


内容紹介はこちら


※在庫ありません。増刷などは未定。

ぷにケット9 2004.5.9
「おねえちゃん」

サンタクロースになるにはいろんな経歴の持ち主がいる。
でも、ボクのような人間だった者は少ない。
「生まれる前に死んでしまった」ような人間は……。

TOKENEKO堂、個人誌第3弾。
あいちゃんの「弟」は、サンタ見習いとなり、
出会うことのできない姉に、なにをしてあげられるのか、
考えますが……。

当初「あいケット」にあわせて制作していた本がようやくできました。
季節はずれのクリスマス・ストーリー。

28ページ・A5判・オフセット誌

内容紹介はこちら


※在庫あります。

おジャホイっ! 2003.11.30
※表紙イラストは
K2ドラちゃんさんです。
「硝子のむこうのももこ」

「ひざまくら。」さんとの合同誌。

ここは「忘却の魔法の店」……。
「忘れる」ことを選んだ。もうひとりの飛鳥ももこ……。

作画はK2ドラちゃんさん。
TOKENEKOは、脚本/演出(ネーム)を担当しました。

閲覧用の非売品「ネーム編」(TOKENEKOの作成したネームを閲覧用にまとめたもの)も、会場で展示しました。

32ページ・B5判・オフセット誌

内容紹介はこちら


※完売しました。

明日のMAHO堂大バザール 2003.9.14
「走る少女、西へ」

TOKENEKO堂、個人誌第2弾。
中学生になった、のぶちゃん(横川信子)は、
どれみと共に、大阪のあいちゃんに会いにいきますが……。

大阪取材に基づく(笑)、改訂版!?

「名古屋de!おジャ魔女まつり」で頒布したコピー版に、
後半をくわえた、完結編です。

44ページ・A5判・オフセット誌

内容紹介はこちら


※在庫僅少。

コミックマーケット64 2003.8.15

「4年間のまほう(増補再版)
魔女の会さんと合同で出版した、
『おジャ魔女どれみ』のクール別ストーリーガイドブック。
全203話(TVシリーズ201話+劇場版2話)のストーリーを
クール(13話ごとの単位)という視点から解説。
TOKENEKOは、表紙ほかイラスト部分などを担当しています。

「ぷにケット7」「名古屋de!おジャ魔女まつり」で、
大好評のうちに完売した上巻・下巻を1冊にまとめ、
対談などの書き下ろしページも加えた1冊です。

72ページ・B5判・オフセット誌

内容紹介はこちら

※在庫あります。

ぷにケット7 2003.5.4/名古屋de!おジャ魔女まつり 2003.6.29
「4年間のまほう」(上下巻)
魔女の会さんと合同で出版した、
『おジャ魔女どれみ』のクール別ストーリーガイドブック。
全203話(TVシリーズ201話+劇場版2話)のストーリーを
クール(13話ごとの単位)という視点から解説。
TOKENEKOは、表紙ほかイラスト部分などを担当しています。
上巻をぷにケット7にて、下巻を名古屋de!おジャ魔女まつりで頒布しました。
好評につき、のちにオフセット版を刊行しました。

上巻(無印・♯):28ページ・B5判・コピー誌
下巻(もっ〜と!・ドッカ〜ン!):40ページ・B5誌・コピー誌

内容紹介はこちら

※上下巻とも在庫ありません。
現在は、オフセット版として、再版されています。


ぷにケット7 2003.5.4

「さよなら、ドド」

TOKENEKO個人誌。
TOKENEKO初の、おジャ魔女マンガ。
どれみとドドのお話です。

32ページ・A5判・オフセット誌

内容紹介はこちら

※在庫ありません。

ぷにケット7・無料配布企画本 2003.5.4

無料配布企画本
「モエモエカフェで会いましょう」
当時どれみファンサイトとして活動されており、TOKENEKOが様々な人たちと出会い、どれみ同人活動をはじめるきっかけとなった、「モエモエカフェ」さんのファンブック。
モエカフェさんのBBSでのふとした一言がきっかけで、つい作ってしまった(笑)、いわゆる「身内限定ネタ本」です。希望者を募り、無料配布しました。
(当時のモエカフェの管理人さんや常連の皆さんに「出演」や寄稿をしていただいております。その節は皆さん快くお付き合いいただき、ありがとうございました)
どれみ最終回までの熱い日々をカフェ常連のみなさんと追体験する(笑)付録ゲーム「モエカフェすごろく」付き。

14ページ・A5判・コピー誌/別冊付録(8ページ)つき

※予約ぶん配布終了。みなさん、ありがとうございました〜。

(再版の予定はありません)
goujiさんの、モエカフェ本応援イラスト


TOKENEKO堂入口へ