【ミニ・サプリメント】
■魔法使いの動物
(2014年7月20日公開)


 TRPG『駅前魔法学園!!』に登場する「動物」を、細分化・増補するチャート&データです。

 このチャートの使い方は、いくつかあります。

【使い方1・「ファミリア」などを決めるため】
 プレイヤーあるいは、GM向けの使用法です。
 『駅前魔法学園!!』のキャラクターは、「召喚術」における「使い魔」や、「魔女術」における「魔女のお供」のように、「魔法使いを助ける動物」が登場します。
 そういったときにこのチャートを使えば、具体的な動物の種類を決めたり、選んだ動物がどんな能力を持っているかを知る参考になるでしょう。

【使い方2・街の姿が「動物」キャラクターの参考】
 プレイヤーあるいは、GM向けの使用法です。
 『駅前魔法学園!!』では、職業や社会的立場を意味する「街での姿」で「動物」を選ぶこと――すなわち、動物キャラクターを演じることが可能です。
(魔法の力によって知性を得て人語を解するようになった動物もいるでしょうし、異世界から訪れた知性を持つ動物もいるでしょう。あるいは、元々知性を持ち人語を解していた動物が、魔法が認知された時代の訪れとともに、それを「隠さずに済むようになった」という場合もあるでしょう。
 それらの設定は、プレイヤーが、GMと相談し、自由に決めてください)

 さて、そういった動物キャラクターの能力は、ルール上は、スキル〈野生の力〉で表現されています。
 このスキルは、いうなれば「動物の能力全て」を総括してあらわしているため、動物キャラのプレイヤーにとっては、具体的にどんなことが出来、どんなことが出来ないのか、わかりにくい所があるかもしれません。
 逆に、高い身体能力から人間離れした感覚、気配の察知などに広く使えてしまうため、「便利すぎる」スキルに見えてしまうかもしれません。
 また、猫の能力も、フクロウの能力も(あるいは、鳥も水棲生物も)同じスキルで表現されるとなると、物足りないと思うプレイヤーもいるのではないでしょうか。
 このデータを使用すれば「どんな動物かによって、どんな行動ができるか」の指針になるでしょう。
 プレイヤーならびにGMは、同じ〈野生の力〉スキルを使用する場合も、どんな動物かによって、適用できる範囲を判断してください。
(もちろん、基本ルール「応用プレイ」に従い、アクションポイント1点を使えば、〈野生の力〉をあらゆる行動に使用することが可能です。これは魔法の力によって、犬が空を飛ぶような通常ありえない現象や、動物の能力や器官で「たまたま、うまいこといった」ことを意味します。あるいは「タヌキが変身能力を使った」り、「キリンの首がのびる」や「カンガルーの袋から、必要な物を取り出す」というような、魔法的な行動でもかまわないでしょう)

【使い方3・シナリオ用データ/NPCデータとして】
 GM向けの使用法です。また、セッション時には、プレイヤーの役にも立つでしょう。
 GMは、シナリオを作成するとき、動物NPC(イベントに出てくる住民のほか、BOSSエネミーやヒロイン・依頼者として)を設定するとき、このデータは役立つでしょう。
 街に住む動物から依頼を受けるという、民話や童話のようなシナリオも面白いでしょうし、ルールブック収録のサンプルシナリオのように「常闇に取り憑かれた動物」をBOSSエネミーにするのも、シナリオの発想のひとつとなるでしょう。
 また、「能力」や「好物」「弱点」は、GMが、エネミーアーツの設定をしたり、ロールプレイするときの指針となるはずです。
 一方、プレイヤーにとっても、シナリオに登場したNPC動物とどう接するかという参考になるでしょう。その習性を考慮して、好物を使って交渉したり、エネミーである場合は「弱点」をつくなどの行動を試みることもできるでしょう。


【動物データ表記】
【能力】=その動物の能力。スキル〈野生の力〉を使用した場合に、適用できる内容となる。
【魔法的能力】=民間伝承や伝説上、あるいは創作物において、その動物が持っているとされる能力。魔法が認知された現代ならば、この能力を実際に持っていることは大いにありえる。どの程度まで認めるかは、GM判断による。
【好物】=その動物が好む食物や、環境、行動など。現実だけでなく、伝説/創作上のものも含まれる。ロールプレイの指針になるだろう。
【弱点】=その肉体上の弱味や、あだとなってしまう習性など。現実だけでなく、伝説/創作上のものも含まれる。ロールプレイの指針になるだろう。

※どちらの表を使うかは、GMの許可のもと、使用する人が選んでください。
※表はすべて「ROC」です。数字は「どんな動物か決めるとき」などに使用できるでしょう。
 ダイスに対応していますが、トランプを1枚引いて選ぶこともできます。トランプを使用する場合、1や13も出ることになり、また確率は均等になります。


●動物表:小型&街の動物 2D6(ROC)
現代日本で、都市やその周辺に生息していたり、ペットにされていることが多い動物です。
また、魔法使いの使い魔にされやすい動物も含みます。
(キツネは、実際の都市近郊の生息のほか、稲荷神社などで馴染みが深いため、便宜上こちらに含まれています)

出目 動物の種類 能力 魔法的能力 好物 弱点
ヘビ せまい場所を通り抜ける
しめつける
毒の牙
にらんだ相手を金縛り
幸運や不幸を与える
脱皮した皮で身代わりなどする
カエル
ネズミ
暑さや寒さに弱い
気味悪がられる
ハト 飛行
帰巣本能
命じられたものを見つける
指定の場所に文書など運ぶ
争いをやめさせる
夜間は活動できない
ネズミ 小さい体
壁に穴をあける
危険を感知する
たくさんの仲間を呼ぶ
呪いや病気を与える
チーズ ネコ、フクロウなどが天敵
フクロウ 夜目がきく
音もなく飛行
知識を持つ
夜の見張り
体が細くなる
ネズミ 昼間は活動できない
カラス 飛行
発見
大きな鳴き声
不吉を呼ぶ
悪賢い
仲間を呼ぶ
光るもの 黒いので目立つ
声が大きい
イヌ 超嗅覚
ほえる
捜索・追跡
忠実
像や乗り物に変形する
太い骨 ご主人や仲間を守ろうとする
モノを投げられると取りにいってしまう
ネコ 夜目がきく
忍び足
狭い場所を通る
ツメをたてる
変身する
お客を呼びこむ
猫集会で情報を得る
またたび
ねこじゃらし
ノドをなでられるとゴロゴロしてしまう
水・風呂が大嫌い
カエル 水中活動
粘つく長い舌
キスで呪いが解ける
宝物をさがしだす
すごいジャンプ力
羽虫 水がないとひからびる
ヘビが天敵
気味悪がられる
ハムスター 小さい体
穴を掘る
頬袋に種などをため込む
頬袋に色々なものを収納
頬袋から色々なものを出す
回し車を回すと超エネルギー発生
木の実
ヒマワリの種
低温になると眠くなる
視力が低い
10 ウサギ 超聴覚
足が速い
穴をほる
モチをつくる
月の魔力を引き出す
すごいジャンプ力
ニンジン 孤独に弱い
さびしいと弱る
11 キツネ 狩猟
忍びこみ、盗み
さまざまなものに化ける
幻を見せる
賢い
油あげ 好奇心旺盛
調子にのりやすい
化けても、耳やシッポが出る
12 ハリネズミ 小さい体
穴を掘る
するどい針
針を矢のように飛ばす
丸まって針玉になり突進
超音速で走る
昆虫
ネズミ
暑さ・寒さに弱い
針で近くのものを傷つけてしまう
13 コウモリ 超音波
飛行
洞窟/閉鎖空間の活動
変身する
超音波で催眠や幻覚
鳥と獣の仲介をする
ネズミ
昆虫
昼間は活動できない
鳥と獣の両方から疎まれる


●動物表:大型&異国 2D6(ROC)
異国の動物のほか、現代日本において都市部では見られない動物や、野生で生活することが稀になった動物も含みます。
動物園などにいるという設定なら、都市にも存在できるでしょうし、知性を持った異世界の住民の場合もありえます。
あるいは、(ゾウやキリンなど)本来大型の動物でも、「魔法的にミニサイズとなった」形で、魔法使いのファミリアや、ペット、街のマスコットなどになっている場合もあるでしょう。


出目 動物の種類 能力 魔法的能力 好物 弱点
クジラ とても巨大な体
潮をふく
空中や宇宙を飛ぶ
星や花びらを、潮のように吹く
オキアミ、小魚 巨大な体
えら呼吸できない
手足がなく、体表のものに届かない
カンガルー ジャンプ
ボクシング
お腹の袋
お腹の袋から色々なものを取り出す 青草 後ろに進めない
オオカミ 追跡、狩猟
恐ろしい吠え声
人間に変身する
通常の武器で傷つかない
小屋を吹き飛ばすほどの息吹
悪者にされやすい
銀の武器
イルカ 高い知性
超音波で会話
半球睡眠(脳を半分ずつ交代で睡眠させ、実質睡眠せずに活動できる)
空中や宇宙を飛ぶ
超音波で、振動攻撃や麻痺
ボールを取り出す
小魚 えら呼吸できない
頭が良すぎ、相手を見くびる
カメレオン 体色を変化させる
長い舌
両眼で異なる方向を同時に見ることができる
体に模様や文字を浮かび上がらせる
変身する
生きた虫 感情によって色が変わってしまう
動くものしか認識できない
タヌキ 夜行性
なんでも食べる
さまざまなものに化ける
幻を見せる
腹を太鼓のように鳴らす
商売を繁盛させる
雑食でなんでも のんき
ドジをふみやすい
化けても、耳やシッポが出る
ペンギン 泳ぎがうまい
氷上を腹ばいで滑る
氷がない場所でも氷上のように滑る
氷のかたまりを取り出す
小魚 飛べない
歩くのが遅い
暑さに弱い
オウム 飛行
人の言葉を真似る
人語をしゃべる
宝物や海洋にくわしい
果実・花
昆虫
色がハデで目立つ
声が耳障りで大きい
ジャイアントパンダ 大きな体
怪力
するどいツメ
人気者である
カンフーを使う
道教を使う
竹・笹 栄養摂取効率が悪く大食い
独特の体色で目立つ
10 ゾウ 大きな体
長く器用な鼻
鼻が伸縮する
鼻からいろいろ出す
耳で羽ばたいて空を飛ぶ
果実
(リンゴ、バナナ)
大きくて目立つ
動きがにぶい
11 キリン 背が高い
首が長い
首が伸縮する
ハシゴ車のように背が伸縮する
全身を燃やす
高い所にある葉
(アカシア)
低い所に首を届かせにくい
背が高いので目立つ
12 ゴリラ 大きな体
怪力
ドラミング(胸を叩いて音を出し、威嚇や合図、交流をする)
魔法のタルを取り出す
タルで水上や空中を移動
バナナ 外見が怖い
性格が穏和で繊細
家族・仲間を大切にする
13 ドラゴン (幻獣なので、
全て魔法的能力)
空を飛ぶ
きわめて頑丈なウロコ
火を吐く(ドラゴンの種類により吐くものが変わる。フロストドラゴンは冷気など)
黄金
美しいもの
黄金や宝物に執着する
ウロコの中に一枚だけ弱い部分がある
(→実際にPCがタヌキで活躍する、リプレイ『星降る街のマギカ』はこちら)



イラスト:佐々木亮


ミニ・サプリメントは、ほかにもあります。
ご興味ありましたら、関連記事とあわせてどうぞ。

(→第1回「常闇の使徒チャート」)

(→第2回「魔法のお仕事チャート」)

(→第3回「魔法学園授業&課題チャート」)


→駅前魔法学園のページトップへ
本ページは、著者・藤浪智之が、私的に行っているもので、
出版メーカーの公式情報ではありませんのでご了承ください。


もどるばあいはここをクリックするのじゃ!「とけねこ先生の交差点」トップに戻る