笹吉横丁&金星楽団


同人テーブルトークRPG
『魔法少女は とまどったり☆ドギマギしたり。RPG』

「魔法少女」になって、「希望」を守るため、戦いましょう。

魔法少女の、日常と戦いを描く
「希望の物語」と、
苛酷なドラマを描く選択ルール
「絶望の物語」が、
含まれています。



トランプと筆記用具、そして人間同士の会話で進行する
「テーブルトークRPG」です。
審判や進行役を担当する「ゲームディレクター(GD)」ひとりと、
「魔法少女」を担当する、数人のプレイヤーによって行います。
プレイヤーは2〜4人がやりやすく、ひとり、あるいは5〜6人でも可能です。

『わーきんぐ☆うぃっちーず』や、
『ハト☆プリ!RPG』『爆走!まんが道』
基本的に同じ、「E.V.A.」システムです。



プレイヤーは、「願い」を持った「魔法少女」となります。
敵である「エネミー」と戦い、自分の街や
大切な人々を守ります。

→ピクシブの佐々木亮先生のページ紹介
(ページサンプルなど見ることができます)


●ダウンロードサービス●

→シート類のダウンロードサービスはじめました。
2014年1月9日より、実験的に開始です。
ゲームプレイにお役立てください。

●エラッタ&FAQ●
→エラッタ(正誤表)とFAQ
(最新版は、2014年1月19日)

●スペシャル●
→魔法少女は とまどったり☆ドギマギしたー
2014年2月14日、雪のバレンタインに作ってみましたよ。
「診断メーカー」によるキャラメイクです。
ツイッターやmixiなどSNSアカウントをお持ちの皆様はどうぞ。

●ショップ委託情報●

同人誌書店様や、アナログゲームショップ様にて、
扱っていただいております。


同人誌も扱う書店「とらのあな」様です。
紹介ページ


同人誌も扱う書店「COMIC ZIN」様です。
紹介ページ


アナログゲームショップ「プレイスペース広島」様。
通信販売は、上記バナーのサイトの、
「RPG」→「同人RPG」のメニューを選択してください。

紹介ページ


同人TRPG中心の通販サイト「こかげ書店」様です。

紹介ページ



●どんなゲーム?●

【あなたたちだけの舞台】

舞台となる街や世界、エネミー、
そして魔法を授けてくれる不思議な存在
QB(クオリティ・バディ=すばらしい相棒)」は、
独自の設定を決めることができ、
あなた自身の物語のための、独自の背景となります。

名作文学などの「モチーフ作品」を決め、
それにそったネーミングにしたり、
仲間の魔法少女同士で、なんらかの法則性にそった名前をつけると
〔伏線ポイント〕が得られます。

【あなたの魔法少女】
(キャラクターシート記入例はこちら)

各キャラクターとなる「魔法少女」は、
「イメージカラー」「願い」「武器」などを決めます。
イメージカラーで、どんな性格か決まり、
「願い」によって、「魔法の力」が決まります。
けれども、注意してください。願いと魔法は、「呪い」と
表裏一体なのですから……。

「一番大切な誰か」は、文字通りの大切な人物。
魔法少女の心の支えであり、
ときには、それを守るために、
あなたは大きな試練に立ち向かうこともあるでしょう。

→キャラクターメイクについて詳しくはこちら



【トランプによるシンプルなプレイ展開】

4つの能力値が、トランプのスート(ハート・スペード・クラブ・ダイヤ)に対応、
トランプを使って、ゲームディレクターは状況の描写、
プレイヤーはアクション(行動)を行ないます。
能力値の修正などを加えて、もっとも大きな数字のカードを出した者が、
「シーンをとった」ことになり、活躍したことになると共に、
その行動が主導権を得たことになります。
それを反映させて、次のシーンが……というように繰りかえされ、
あたかも「リレー小説」のように、話は進んでいきます。
思わぬ展開になることもあれば、みんなの協力で、物語を盛り上げていくこともできるでしょう。
トランプ一山を使い切ると、ひとつのプレイが終了します。
1話のプレイ時間は、30分〜1時間ほどです。

何度もプレイを重ねて連続ドラマを行なう「キャンペーン・プレイ」も可能です。


【プロットと「立ち位置(ポジション)で物語が決まる】

物語は、「日常」「不思議/特殊」「戦闘」「街と絆」の4つのカテゴリーに分かれた表の、
「ストーリー・プロット」で概要が決まり、
それに参加する各キャラクターの「目的」によって変化します。
同じ「プロット」でも、どんなキャラクターがからむかと、
そして実際のゲーム中の行動によって、毎回変わるでしょう。

キャラクターの〈ポジション(立ち位置)〉は、以下のいずれかになり、
それぞれ用意された表で「目的」を決めます。

“暁闇の雛鳥(ぎょうあんの・ひなどり)
 いわゆる「新米ドジっ子」。
 いずれ成長していくヒロインの「成長途中の姿」でもあります。

“清けき美樹(さやけき・びじゅ)
 頼れる、実直な戦士キャラです。
仲間を守ったり助ける「目的」を多く持ちます。

“饗乱の暴姫(きょうらんの・ぼうき)
 わがままで乱暴なトラブルメーカー。「いずれ仲間になる、ライバル」なども含まれます。
他のキャラを邪魔したり、逆に助けることになる「目的」を持ちます。

“孤高なる焔(ここうなる・ほむら)
 単独行動するキャラです。影の協力者や、敵か味方か?という存在。
単独行動や、協調せず、ときには対立する「目的」を持ちます。

“真見の智慧(まみの・ちえ)
 仲間のまとめ役や、指導者、あるいは頭脳派キャラです。
仲間をまとめたり導く「目的」を持ちます。

“円環なる要(えんかんなる・かなめ)
いわゆる「主人公」タイプで、成長したヒロインや、純真無垢な存在です。
全ての救済を目指す「目的」が多く、その達成には困難がともないます。


【あなたの物語の舞台装置】

トランプに対応した表類は、
あなたの物語を彩る、舞台装置となるでしょう。

さまざまな童話や文学作品を題材にした「メルヘンモチーフ・表」。
「人魚姫」や、「マッチ売りの少女」などの類型によって創造されたエネミーは、
恐ろしいだけでなく、ときには物悲しい存在になるはずです。
「少女の夢」は、言葉の断片。
日常シーンには、「紅茶」や「人形」「肖像画」が登場し、
場面の変化や、暗示的な印象を与えるでしょう。
結界空間には、「踊る人形」や「影絵」「宝石箱」が舞い、
「ドールハウス」や「断頭台」に、囚われることになるかもしれません。


【希望と絶望の物語】

基本ルールとなる「希望の物語」でゲームをすれば、
魔法少女の、戦いと日常のドラマが描かれ、
正式タイトルであるところの
「とまどったり、ドギマギしたり」する、
ストーリーを体験することができるでしょう。
キャンペーン・ゲームでは〔みんなの希望〕を守り、
大きな「願い」をかなえるべく、戦い続けることになります。

選択ルールである「絶望の物語」は、
魔法少女たちを、苛酷な戦いへと誘います。
各種設定には〔深刻度〕が設定され、
それがゲームが進むごとに、増していきます。
キャラクターの生死の深刻さ、
心強い味方だったはずの「QB」の「真の目的」が明かされ、
世界が魔法少女に敵意を向けることもありえます。
〔深刻度〕が高くなると、
ネガティブな状況を意味する「虚淵(きょえん)シーン」が発生し、
苛酷で陰惨な行動が迫られることになります。
苛酷な設定は〔視聴者のストレス〕を上昇させ、
限界がくれば、そのアニメは「見限られて」しまいます。

「絶望」を乗りこえて、13話を戦い抜き、
あなたは、最後の「願い」を叶えることができるでしょうか。


ブラウザの機能でお戻りください