“目で見る音”をコンセプトに、楽器以外の日用品を使い独自のサウンド・パフォーマンスを行う傍ら、コラムの執筆、テレビ・ラジオ出演、講演会、プロデュース他、幅広く活躍する特殊音楽家。1987年「たま」の知久寿焼、石川浩司らと「とうじ魔とうじバンド」を結成、特異の言語感覚で綴るポップ幻想歌謡集『移動式女子高生』を発表。
とうじ魔とうじ画像1989年、美術家の松本秋則、舞踏家の村田青朔との3人でパフォーマンス・ユニット「文殊の知恵熱」を結成し、公演やワークショップ、映画出演、結婚披露宴の営業、慰問活動を展開中。
<活動略歴はこちら

≪書 籍≫
◆著書
『とうじ魔とうじ養成ギブス』(洋泉社)
『半芸術』(青林工藝舎)

◆主な共編・著
『現代詩手帖臨時増刊 寺山修司1983〜1993』(思潮社)
CDブック『天井桟敷・阿呆船』(ブルース・インターアクションズ)
CDブック『天井桟敷・邪宗門』(ブルース・インターアクションズ)
映画秘宝VOL.2『悪趣味邦画劇場』(洋泉社)
『日本フォーク&ロック アルバム大全』(音楽之友社)
『ジェネレーションF』(桜桃書房) 他。

◆対談・インタビュー、他が掲載されている単行本
吉村智樹著『ビックリ仰天!食べ歩きの旅』(鹿砦社)
象さんのポット著『超日常体験報告』(出版研)
幻の名盤解放同盟著『夜、因果者の夜』(ペヨトル工房)
幻の名盤解放同盟著『幻の名盤百科全書』(水声社)
佐藤和歌子著『間取りの手帖』(リトルモア)他。

HOME