◆ ジャグリングって? ◆

まだまだ日本では知名度の低いジャグリングですがお手玉 やけん玉もジャグリングです。
体を使って道具をあやつる事を”ジャグリング”といいます。

◆エンターテイメントとしてのジャグリング

●誰でもパフォーマ−になれる!

どんな人でもパーティーなどで演じる事ができ、みんなを楽しませるパフォーマ−になれます。

●芸術としてのジャグリング

ジャグリングは芸術性の高いエンターテイメントとして、ラスベガスをはじめ、世界中のステージで演じられています。

◆レクリエーションとしてのジャグリング

●ジャグリングは芸人だけのものではありません

ジャグリングは観るよりもむしろ自らやる楽しみのほうがはるかに大きいです。 実際、愛好者には自ら楽しむことが目的の人が大多数です。 欧米を筆頭に世界中で愛好者が増えています。

●たくさんの充実感と達成感を味わえます

全くできなかった事が練習の成果により必ずできるようになります。その喜びと感動はとても大きなものです。
1つできるようになると次々と新しい動きへの挑戦が楽しくなります。

●国籍をも越える!友達の輪

ジャグリングは1人でも楽しいものですが、複数人で投げあったり、ゲームをする事もできます。年齢、性別 、国籍を問わずみんなで楽しむことができます。 瞬時に笑顔になれる素晴らしいコミュニケーションの手段なのです。

 

 

◆楽しくてとっても健康的

●気づけば運動不足解消

ジャグリングはやさしい運動なので、誰でも気軽に 始められます。 また体を動かすことが目的ではなく上達が目的です。つまり楽しい練習がそのまま運動不足解消につながります。

●科学で証明!抜群の脳トレーニング効果

ジャグリングは利き手はもちろん利き手とは逆の手を非常によく使います。手をよく使うことで脳は活性化されます。また、手の動きを視覚と連動させるたいへん高度な運動です。 実際、科学的に脳へのいい影響が立証されています。

◆教育的側面

●成功体験で得られる自信

投げられる回数が増える、今までできなかった動きの習得など成長は誰の目にも明らです。ジャグリングほど上達している自分を感じられる種目 は他に類をみません。日々成長する自分を感じ、未来のさらなる成長した自分への道を実感できます。

●チャレンジ精神を育てる試行錯誤

ジャグリングの上達にはたくさんの失敗が不可欠です。失敗が歓迎される環境で試行錯誤し努力する事は困難にぶつかった時に乗り切る能力を育みます。

●思考力、分析力の向上

ジャグリングは物事が構築されていくことのひとつの見本でありそれを視覚化、体験可能なツールです。組み合わせによる別のパターンの発展、創造の経験が容易にできます。物事を分解して単純化その後に再構築するという構造的な思考の訓練となります。

 

 

 


 

■お問い合わせメール■
threeb_poi@hotmail.com

 

動作環境・確認:mac powerG4 osX 1280×1024 Tokyo Juggling Life web site /Copyright(C)2005 Yuta Ushiogi All Rights Reserved.

全ての文章・画像の転写を禁じます