股関節の解剖
   anatomy


はじめに

  股関節は、腸骨、坐骨、恥骨からなる寛骨の中央に位置する寛骨臼大腿骨頭から構成されます。正常股関節では、骨頭の2/3が臼の中に包み込まれていることにより、安定性と体重支持において重要な役割を果たしています。
  股関節は他の多くの関節と異なり比較的体の深い位置にあるため、体表面から触れることが出来ません。


表面解剖

1.皮下に触知できる骨隆起部
   前方 → 上前腸骨棘、腸骨稜、恥骨結合
   側方 → 大腿骨大転子

   後方 → 上後腸骨棘、尾骨、坐骨結節



2.股関節を囲む軟部組織
 
鼡径靭帯、長内転筋、縫工筋に囲まれた部位をスカルパ三角といい、この中に大腿骨頭が存在します。




股関節を構成する骨組織


関節包、靭帯

  関節包、および靭帯は関節の安定性を増強させる組織として重要です。
 
関節包は線維性組織で、寛骨臼蓋と大腿骨頸部に付着し大腿骨頭を包んでいます。関節包のまわりを、線維性の靭帯組織が取り巻いています。

<股関節の断面図>


股関節周囲の靭帯


股関節包



股関節を囲む筋肉

股関節の各方向への動きを行う、屈筋、伸筋、内転筋、外転筋、外旋筋の5群に分類されます。

. 筋名称 支配神経
屈筋 大腰筋、腸骨筋、縫工筋、大腿直筋、恥骨筋 大腿神経
伸筋 大殿筋 下殿神経
半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋(長頭) 坐骨神経
外転筋 中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋 上殿神経
内転筋 大内転筋、短内転筋、長内転筋、薄筋、外閉鎖筋 閉鎖神経
外旋筋 梨状筋、内閉鎖筋、上双子筋、下双子筋、大腿方形筋 仙骨神経筋枝
内旋筋 内旋作用のみを持つ筋はなく、外旋筋以外は内旋作用を持つ。特に、外転筋の作用が大きい。) .

<股関節前方の筋群> 
<股関節後方の筋群> 




股関節の血管系

1.骨盤・大腿の血管系
  骨盤、大腿の栄養血管は、大部分が
内腸骨動脈の分枝と外腸骨動脈の末梢である大腿動脈その分枝です。





股関節周囲の動脈系



2.大腿骨頭の血管分布
@大腿骨頭への血流は、外側大腿回旋動脈内側大腿回旋動脈、閉鎖動脈の3系の血管網より供給されます。
A内側および外側大腿回旋動脈は動脈環を形成しています。
B内側大腿回旋動脈の分枝である後上部血管束が最も発達しており、大腿骨頭の血行に大切です。
C大腿骨頭靭帯動脈が大腿骨頭の血行にどの程度関与しているかは現在でも不明ですが、あまり重要でないとする考え方が一般的です。



股関節周囲の神経系

1.皮神経(感覚神経)
  大腿外側 → 外側大腿皮神経
  大腿内側 → 閉鎖神経皮枝
  大腿前面上部 → 陰部大腿神経大腿枝
  殿部上部 → 上殿皮神経
  殿部側面 → 腸骨下腹神経皮枝
  殿部中央 → 中殿皮神経
  殿部下部 → 後大腿皮神経
 

2.股関節周囲筋を支配する運動神経
 
<腰神経叢の分枝> 大腿神経、閉鎖神経
  <仙骨神経叢の分枝> 上殿神経、下殿神経、坐骨神経




赤:   動脈
青:   静脈
黄色: 神経


浅 層


筋膜および皮下の静脈・神経



寛骨臼

  腸骨、恥骨、坐骨の骨端部により半球状の寛骨臼が形成されています。寛骨臼関節面は馬蹄型を呈し、月状面と呼ばれ関節軟骨により覆われています。寛骨臼の中心部のくぼみを寛骨臼窩といい、大腿骨頭靭帯(円靭帯)が付着しています。
  寛骨臼縁の切痕部以外の全周にわたり
関節唇と呼ばれる線維軟骨の輪が付着し、関節を安定化させています。




大体骨頭靭帯および寛骨臼周囲の血管神経系



寛骨臼の発育

  腸骨、恥骨、坐骨を合わせて寛骨といいます。腸骨、恥骨、坐骨の一次骨化中心から徐々に寛骨の骨化が広がります。この3つの骨の接合部はちょうど寛骨臼の中央に存在し、Y字状の軟骨が残るためY軟骨と呼ばれます。このY軟骨の中心に二次骨化中心が出現し、12歳頃に恥骨と骨性に癒合します。骨化がさらに進むと腸骨と恥骨が癒合し、次いで腸骨と坐骨、最後に恥骨と坐骨が癒合します。
 
 
Y軟骨の消失 = 寛骨臼の発育完了

<Y軟骨の消失時期>
  
男子
 → 14〜16歳(平均15歳)
  女子 →
 11〜14歳(平均13歳)


7才女子