本文へスキップ

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科、爪矯正・湿潤治療・漢方治療

電話でのお問い合わせはTEL.027-220-5277

〒371-0013 前橋市西片貝町3-124-2

電子カルテ PACSElectoric health record&Pacs

当院の電子カルテ

当院では開業時から使用していたレセコン一体型の電子カルテをORCA連動型の電子カルテREMORA(FINDEX社)に乗り替えることにしました。
乗り替えは体力と知力のいる作業です。落ち着きましたら、体験談を公開する予定です。

REMORA特徴 

病名をワープロで入力すると、コードを自動でふってくれる。
例) 右前腕打撲傷 右+前腕+打撲傷(ZZZ2056+ZZZ1065+9249021)
コードがふれないものは編のマークがつきワープロ病名を登録します。

当院ではAmivoiceとATOKの単語登録機能を利用して病名を入力予定です。
例えば右環指末節骨骨折ではm41(mが末節骨骨折、4が環指、1が右を示す)で入力可能となります。

Claio(画像表示ソフト)やDocumake(文書作成ソフト)といった周辺ソフトも充実している。

複数の端末から同一カルテの閲覧と記入が可能である。

カルテを開くと自動でPACSの画像が表示される。

キーボードショートカットが使える。

全てではありませんが、F1からF12、Ctrl+F1からCtrl+F12、Alt+F1からAlt+F12などにコマンドが登録可能です。

画面レイアウトがカスタマイズ可能である。

端末やユーザごとにレイアウトを変更できます。診察室の端末では処方一覧や検査データ画面がカルテと一緒に閲覧できるように設定してあります。
診察室では4kモニターを使用していますが、他社では表示領域が1980*1080固定などといううのも多いようです。

電子カルテのデメリット

一般的な診察室の配置では、医師の目線が電子カルテに移ると患者さんから目線が離れてしまう。
これを解決するには今までの紙カルテのように、液晶ペンタブレットを患者さんとの間に置くように配置すれば良いのですが、そうすると言葉を入力するときのキーボードの配置が難しくなるといったことがあります。もちろん手書きをうたい文句にした電子カルテもありますが、今度は電子カルテのメリットである誰が書いた文字でも読めるということが困難になります。
これらの解決のために、液晶ペンタブレットにキーボードを付けるか、スクリーンキーボードを進化させることが望まれます。


電子カルテに期待すること

血液検査や、レントゲン撮影の時期を教えてくれる。可能な電子カルテはあります。
薬剤禁忌などを警告してくれる。*1
・電子カルテでは、マウスで一つ違う薬をクリックしてしまうことがありますが、病名との整合性が無い場合は警告してくれる機能。*2
・クリック数が少ない、マウスの移動距離が短い、右クリックを使える、ショートカットキーを自分で変更できる。忙しい外来の時は1クリックでも少なく、マウスの移動も少しでも短い方が良いのです。その辺をプログラマーがわかっていないことが多いのです。*3
・家族カルテがすぐに開ける。*4
・複数のカルテを同時に開ける。*5
・同一のカルテを2カ所以上で開ける*6。
・納得のいく価格であること。ソフトのみ提供で、5年ごとの更新手数料がない。
メーカーが乱立しているのは、ある程度のユーザーを囲えば成立するビジネスモデルである、逆を言えば価格設定を高くしているので経営がなりたっていると言うことです。
・現状では特に紹介状の宛先管理が不十分なものが多い印象です。
・電子カルテユーザーの生の声が聞こえてこない。下記は貴重なサイトです。
クリマグ〜知りたかったクリニックIT活用術を徹底紹介〜

・閉院時などは無料でカルテの参照ができること。メーカーによっては参照だけでも有料という噂もあります。
あるいは電子カルテデータをユーザーに出力して渡してくれること。


以上いろいろ書きましたが、シンプルでサクサク動き、安定性のあるものが一番かもしれませんが。
*1、*2、*3、*4、*5、*6可能な電子カルテあり。

整形外科電子カルテの特徴

・整形外科では左右や部位のついた病名が多い。眼科ではせいぜい左右ですが、例 右前腕筋膜炎、右第2中足骨基部骨折、これをいちいち入れていたら日が暮れます。
・レントゲンの撮影部位が多い。よって指示も多い。内科などでは胸部単純レントゲンのみなのが、右手関節4R 舟状骨中心など指示内容も多いです。
・注射も多い、関節内注射、滑液包注射、腱鞘内注射、腱鞘周囲注射、トリガーポイント注射など、また部位も左右の膝やCM関節など部位の記載も必要
・自賠責や労災保険と言った、四肢加算などのある健康保険と別のものがある。しかも来院時は健康保険で受け付けしたものが通勤労災や職場内でのケガで労災に切り替わるケースも多い。電子カルテによってはカルテが全く別で作り治すものもありますが、一括保険変更ボタンで簡単にできる会社もあるようです。

各メーカーともどうしても内科診療所(数が多い)をターゲットにするので数の少ない整形外科診療所はおざなりな印象です。

その他


インターネットにつながっているため、その場でネット情報も確認できます。(もちろんアンチウイルスソフト導入済みです。)

Pacs Picture Archiving and Communication Systems

PacsPlusに続きSonic DICOM PACS MDも導入いたしました。
特徴はWebブラウザベースのビューアで、表示するパソコンにソフトをインストールする必要がありません。
またソフトウエア単体での発売のため、価格もリーズナブルでかつソフトとして薬事も承認済です。
レントゲン画像の他に、エコー装置2台からの画像や他院からのCT、MRI画像を保存しております。
filemakerからボタン一つで画像が表示され、画像容量が増えれば自分でHDDの変更が可能です。


小道具

当院で使用している小道具たち
音声入力 AmiVoice® Ex7 Orthopaedic
主に患者さんの入退室時の間に使用しています。患者さんの目の前で、いきなりマイクに向かって話すと驚かれます。
お気に入りキーボード
いろいろなマクロ機能のあるキーボードを使いましたが、今はこれに落ち着きました。5台使用しています。他にプログラマブルキーボードを1台使っています。
エレコムのトラックボールM-HT1URBKです。
慣れればマウスよりも疲れにくいです。ソフトのエレコム マウスアシスタント5はなかなかの優れものです。
Flying Chara
入力支援ソフトです。シェアウエアですが、値段の価値はあります。
クリップNOTEの方が使い方では便利かもしれません。→Windows10では不具合が出るようです。
key lay00
現在は販売中止ですが、素晴らしいソフトです。
電子カルテの入力に用いない、Insert、Home、Endキーなどにマクロをふくめ自由なキーを設定可能です。
IP messenger
院内LANで画像や文書のやりとりに使っています。



このページの先頭へ

Fukasawa Orthopaedic Surgery深沢整形外科

〒371-0013
群馬県前橋市西片貝町3-124-2
TEL 027-220-5277
FAX 027-220-5276
生活保護法指定医療機関
労災指定医療機関

深沢整形外科外観