本文へスキップ

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科、爪矯正・湿潤治療・漢方治療

電話でのお問い合わせはTEL.027-220-5277

〒371-0013 前橋市西片貝町3-124-2

電子カルテElectoric health record

電子カルテ

当院で採用している電子カルテはMETBA(メディキーナ社)です。

METBAの特徴

記号入力ができる。

病名や処方入力ではマウスで選んで入力するよりも、キーボードやテンキーから直接入力した方が断然早く入力できます。
当院独自の数字表現で病名を入力しています。
例) 右上腕挫傷は*341、左環指中節骨折はt42などで入力可能です。

また症状を入力すると薬の一覧が表示可能です。
例) bennpi(略してbp)で便秘薬の一覧が表示可能です。

痛風や骨粗鬆症の薬一覧を表示してカルテに入力可能です。
例) /tで痛風薬一覧、/pで骨粗鬆症の薬一覧を表示可能です。

音声入力としてAmiVoiceを使っていますが、音声でも病名や処方、処置、麻酔が入力可能となります。
例)牛車腎気丸と話せば牛車腎気丸が入力可能です。

キーボードショートカットが使える。

画面を見ながら操作するよりも疲れません。
初診再診の切り替えはCtrl+sキーで可能です。
コメントの追加はCtrl+cキーにしてあります。


労災、自賠、自費のカルテが一目瞭然に色分けされている。

整形外科ではよくあることですが、健康保険で受診した患者さんが実は労災だった場合にすぐに変更可能です。
またカルテに自賠責の症状経過を入力すると、自賠責診断書に自動で記入されます。

ファイルメーカー filemakerとの連携が可能である

当院ではfilemakerで様々な患者管理をしていますが、受付データから自動でデータを取得して活用しています。
自賠責未入金や日本スポーツ振興センターの書類、健保自賠の請求書や診断書にも活用しています。
リハビリ指示伝票や、日々の処置伝票(電子カルテでも必須と思います。)を印刷しています。

画面レイアウトがカスタマイズ可能である。

端末ごとにレイアウトを変更できます。診察室の端末では処方一覧や検査データ画面がカルテと一緒に閲覧できるように設定してあります。
過去半年の来院日もカレンダー表示されており、その患者さんがどういう頻度やパターンで来院しているか一目瞭然です。

その他
インターネットにつながっているため、その場でネット情報も確認できます。(もちろんアンチウイルスソフト導入済みです。)




このページの先頭へ

Fukasawa Orthopaedic Surgery深沢整形外科

〒371-0013
群馬県前橋市西片貝町3-124-2
TEL 027-220-5277
FAX 027-220-5276
生活保護法指定医療機関
労災指定医療機関

問診票(一般用交通事故)がダウンロードできます。
問い合わせフォーム

サイト内検索