白川毅夫
(Shirakawa Takao)

(クラリネット)

 桐朋学園大学音楽学部卒業後、ドイツに留学。北西ドイツ音楽アカデミーデトモルトを卒業し、6年半の滞在ののち帰国。帰国以降11回のリサイタルを開催し、第 7回リサイタルでは、磯部周平氏と自作品を初演。 NHK-FM、NHK-FM、Music Bird、ケーブルTVスペシャル番組に出演するなどの演奏活動のほか、CD『バッハの響き』、『リサイタル』をリリース。タイ、バンコクでのIbycus・ブラームスメモリアルコンサートにゲストで招かれ、TV出演。近年では作曲、編曲を手掛ける一方、2001年にクラリネットアンサンブルグループ『Die Klarinetten Kameraden』の結成に参加。また、メトロポリス社(ベルギー)、De Haske社(オランダ)出版より自作の楽譜が出版される。クラリネットを横井操、北爪利世、ハンス・D・クラウスの各氏に師事。室内楽を磯部周平、鈴木良昭、二宮和子、大滝雄久、原田幸一郎、三善晃、末吉保雄、カール・ライスター、H.R.シュタルダーの各氏に師事。日本演奏連盟、日本クラリネット協会会員。

URL : 白川毅夫クラリネットランド



中瀬香寿子
(Nakase Kazuko)

(フルート)

 東京芸術大学音楽学部器楽科フルート専攻卒。吉田雅夫、川崎優、金昌国、長谷川博諸氏にフルートを、室内楽は中川良平氏に師事。NHKオーディション合格。美術展、駅でのコンサート、電車の中と、コンサートホールの枠を超えた活動と、ソロ、室内楽、オーケストラの他、ウード、フラメンコギター、舞踊、写真家等、他分野とのコラボレーションも積極的に行っている。横浜ボランティア協会チャリティーコンサート実行委員を経て、現在は藤沢市トライアングルコンサート実行委員。またメンタル心理士資格(内閣府認証特定非営利活動法人/医療福祉情報実務能力協会認定)所持。
URL : アンサンブル・シュベール 平五郎&東横ムーランスタジオ 相聞花伝


松本亜希子
(Matsumoto Akiko)

(フルート)

 札幌出身。北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コースフルート専攻卒業。英国王立音楽院大学院研究科演奏家課程フルート専攻をディプロマを取得し修了。札幌新人音楽会出演。日演連新人推薦演奏会にて札幌交響楽団と共演(尾高尚忠/フルート協奏曲)。現在は東京都練馬区に在住し、ソロ、室内楽を中心にジャンルを問わない幅広いレパートリーでのサロンコンサートやオーケスストラ、オペラなどでの演奏活動をする傍ら、後進の指導にあたる。またボランティア演奏など地域に根ざした活動も行っている。これまでにフルートを小松昭五、森圭吾、ウィリアム・ベネット、ピッコロをキース・ブラック各氏に師事。



三浦久子
(Miura Hisako)

(フルート)

 桐朋学園大学卒業。フルートを星川龍二、小出信也、三浦由美の各氏に、室内楽を中川良平氏に師事。89年米アスペン音楽祭に参加。ピアノ、弦楽器等とのジョイントコンサートを教会を中心に、病院、学校等でも定期的に開催。現在、オカリナ奏者としても活動している。レパートリーは、バロック、古典派、ロマン派、近代くらいまで。心の奥深くで感じ、それが聞く人の心に伝わる演奏を心がけている。

Copyright © 2005-2008 相聞花伝 All rights reserved.