小室美佳
(Komuro Mika)

 1983年生まれ。神奈川出身。1996年、北鎌倉女子学園中学校音楽コース入学、2002年同校音楽科卒業。2002年6月に渡英、同年9月英国王立音楽院(Royal Academy of Music)に奨学金を得て入学。2003年ミュージックアルプ クールシュベール2003に参加。同音楽院に入学後、伴奏者としても活躍し高い評価を受ける。
2004年、リリス・ホールでのコンサート、2005年、ロンドン、セント・マーティン・ラドゲート教会にて'AsianDuo'としてのデビューコンサートを行い、同年、リラ・ホールでのコンサートなど、どれも好評を得、さらに日本でのデュオ・デビューコンサートも果たす。ソロ・ピアニストとしてだけではなく室内楽にても活躍中。第2回ロマン派音楽コンクールにて奨励賞を受賞。それに伴い東京オペラシティーホールにて受賞者コンサートに出演。東京国際芸術教会主催、第35回新人演奏会オーディション合格し、すみだトリフォニーホールにてコンサートに出演。日本・イギリスで演奏を積極的に行う。第8回及川音楽事務所新人オーディションにて優秀新人賞を受賞。今までに、小牧洋子、加藤伸佳、フランク・ウィーボウ、クリストファー・エルトン、現在、ピアノをダイアナ・ケトラー、室内楽をクリフォード・ベンソンに師事。英国王立音楽院在学中。


今野尚美
(Konno Naomi)

 4歳よりヤマハ音楽教室でピアノと作曲を学び、中学、高校生の頃自作のピアノ協奏曲を国内外のオーケストラと共演。アメリカ、カナダ、ベルギー等のコンサートツアーに参加。18歳より英国王立音楽院に留学。主席卒業後、同音楽院大学院に進みディプロマを得て卒業。在学中より学内コンクールやイタリア・パロマドーロ国際室内楽コンクール等でも入賞し、イギリスはもとよりヨーロッパ各地の国々でも演奏活動を行う。1996年帰国、東京を拠点にソロや室内楽等で活躍中。またジャンルを問わないトーク入りのコンサートも生涯学習センター、美術館、病院等で繰り広げている。現在ヤマハマスタークラス講師を務める。好きな作曲家は、バッハ、モーツァルト、シューベルトなど。


高橋絵里
(Takahashi Eri)

 桐朋女子高校音楽科在学中、毎日学生コンクール東日本大会第2位。桐朋学園大学ピアノ専攻卒業後、ボストンのニューイングランド音楽院留学。同音楽院のケラー・ルームにてリサイタル開催。1991年渡英。ロンドンのシュタイナー・ハウスにてリサイタル開催。ロンドン滞在中に英国王立音楽大学のARCM(演奏家資格)取得。山田朋子、松岡貞子、山根美代子、三浦みどり、ジェイコブ・マキシン、ディビッド・ビーンの各氏に師事。好きな作曲家はラフマニノフ、フォーレ、ラヴェル、ブラームスなど。


中里真由美
(Nakasato Mayumi)

 都立芸術高校、桐朋学園大学で、故佐野川延子、山田富士子各氏などから学んだ後、ケンドール・テイラー氏の招きで渡英。英国王立音楽大学で日本人として初めての奨学生となる他、各賞受賞。ヨーロッパ各地で演奏活動をしながら、ヨンティ・ソロモン、ジョルジィ・シャンドール、スラミタ・アラノフスキー、ヴラド・ペルルミュテル各氏などから世界各地の流儀を学び、帰国後は、日本人としての見識を深めて独自の世界を開発中。レパートリーは、古典から現代まで人として感応できる音楽ならジャンルを問わず。


広瀬祐子
(Hirose Yuuko)

 桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。その後ポーランドへ渡り、ワルシャワ・ショパン音楽院にて研鑚を積む。ディプロム取得後、ロンドンにてマリア・クルチョ女史に師事。その間、ワルシャワ市内、ロンドン市内で演奏会を行う。PTNA東日本第1位、チッタ・デ・カントゥコンクール(イタリア)ディプロム取得。現在は横浜にて後進の指導、育成にあたる


深尾由美子
(Fukao Yumiko)

 桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科卒業後、ヨーロッパ各地−イタリア、ウィーン、ドイツでピアノソロ、室内楽の研鑽を積む。ドビュッシーの音楽が扉を開けたフランス音楽の世界を探求するうちに、フランス・ラングドック地方の作曲家、デオダ・ド・セヴラックの音楽に魅かれライフワークとしての研究を始める。カタルーニャ人のピアニスト、テレサ・リャックーナ女史、オルガン奏者で音楽学の分野でのセヴラック研究の権威、ソルボンヌ大学で教鞭をとっていたピエール・ギヨー氏らとの出会いから、フランスに学ぶ。フランス・リヨン国立音楽院室内楽コースを首席で修了。現在は日本、リヨン各地でソロ、室内楽の演奏活動や執筆活動を行い、その解釈には高い評価を得ている。ピアノソロのCD「セヴラック〜良い香りのする音楽」をリリース、ヴァイオリンのジェラール・プーレ氏との共演による2枚目のCD「南フランスから情熱のスペインへ〜セヴラック、ファリャ、ラヴェル、サラサーテ」をキングインターナショナルよりリリース予定。これまでに、テレサ・リャックーナ、ピエール・ギヨー、青柳いづみこ、岩崎淑、林秀光、加藤伸佳、レオニード・ブルンベルク、ジャン・クロード・ペヌティエ各氏に師事。URL : 深尾由美子オフィシャルサイト


宮崎章子
(Miyazaki Akiko)


 桐朋学園大学ピアノ専攻卒業。夫の転勤に伴い渡英。英国王立音楽大学、ギルドホール音楽大学にて演奏家資格取得。(ARCM、LGSM) その後、ロンドン、東京、横浜を中心に、ソロ、室内楽で演奏活動。2度目の赴任先スイス・チューリヒでは、現地及び日本人社会(日本人会、婦人会、商工会、日本人学校)においてチャリティーはじめ各種イベントに多数出演。現在東京在住。


八島とも子
(Yashima Tomoko)

 桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学ピアノ科卒業。川崎ミソラ、徳永まさみ、山田富士子各氏に師事。在学中、ライプツィヒにてR.フィッシャー、H.シュミット各氏に師事。教育連盟ハイドン及びベートーベンオーディションにて奨励賞を受賞。ニューシティーフィルと協奏曲を、又邦人作品展、ジョイントリサイタル等にて演奏。神奈川フィルのピアノパート、合唱団等の伴奏ピアニストを務める。チェンバロを村井頌子、作曲を白川雅樹、室内楽を徳永二男、井上直幸、三善晃各氏に師事。

Copyright © 2005-2008 相聞花伝 All rights reserved.