INLINESKI


Material 2001

愛用の道具たち

 

スケート

テクニカ CT-1

ほんとうはCT-7がほしいところでしたが、予算の都合上ちょっとランクを下げてCT-1で我慢。それでもそれまではいていたボロいRollerbladeよりもぜんぜんよいです。その差は、ノーマルスキーとカービングスキーくらいの差かな(笑)←おおげさ。

先日、友達が買ったRollerbladeのEシリーズをはかせてもらいました。CT-1と比べるとシェルがやわらかいです。また、路面のこまかい振動が足裏に伝わってくるので、疲れやすい印象でした。CT-1のほうが振動を吸収してくれるような気がしました。

 

プロテクター

ROCESのセット

はじめてスケートを買ったときに一緒に買ったもの。多少滑れるようになってからは、暑さに負けてプロテクターをしない日々が続きました。当然カラダが傷だらけになりました。いまでも新しいことに挑戦するときや、レッスン中はプロテクターをつけます。ほんとうはいつもつけてたほうがいいんですよね。

最近はストックが持ちやすいように、自転車用のグローブを購入しました。手のひらは皮(?)。手の甲側はメッシュ素材ですがこれも結構暑いです。素手でストックを握るとマメができそうなかんじでしたが、これで解消できますね。

ストック

SCOTT 103cm

かつてスキー用に使っていたものを流用。ストックの先にはゴム製のキャップをつけて保護します。そのままで滑っていると周囲の人にもあぶないし、なんといってもカラカラとうるさい。

貧乏なときにはガムテープをぐるぐるまいて、代用していたことも・・・(笑)

ウェア

 なんでもOK

普段はハーフパンツにTシャツです。やっぱり暑いとそれだけで参っちゃうから・・・。でも日焼けと傷防止のためには、長袖長パンツが基本です。(わたしはそんなかっこしたことないですが・・・)

そんなわたしですが、今年は大会のときは長いシャカパンで出ることに決めました。ビデオ撮りをしてみたところ、ハーフパンツだと足の貧弱さが気になってしまって力強さとは遠いイメージになってしまうのです。とくにはやりのワイドスタンス系のすべりだとさらに足の貧弱さが強調されてしまってとてもかっこわるかった・・・。

夏の暑い日差しから守るために、帽子も必需品です。