三段跳び                       戻る

三段跳びゲーム    今、左図のような4×4の碁盤上に、13個の碁石が置
  いてある。これらの碁石のどこかから始めて、次のルー
  ルに従って、碁石を盤上から取り去っていくというパズル
  を考える。
  (ルール) 1. まず、最初の碁石(A)を取り去る。
         2. 次に、その碁石(A)から1マス、上下左
           右に跳んで、碁石(B)を取り去る。
         3. 次に、その碁石(B)から2マス、上下左
           右に跳んで、碁石(C)を取り去る。
         4. 次に、その碁石(C)から3マス、上下左
           右に跳んで、碁石(D)を取り去る。
         5. 次に、その碁石(D)を碁石(A)として、
           2〜4の手順を繰り返す。

 パズルの趣旨を簡単に言い表せば、1マス跳び、2マス跳び、3マス跳びを順に繰り返して、
同じ碁石を2度と通ることなく、全ての碁石が通過できるか、ということである。

 このパズルの攻略のポイントは、2マス跳びと3マス跳びの組合わせを探すことである。

攻略図  左図において、そのような組合せは次の14通りしかない。
    A-C-M  C-J-H   D-K-M  E-G-D  F-L-B
    F-D-G   G-M-C  G-M-K  I-J-H  J-C-M
    K-D-G  K-L-B   L-K-M   M-G-D

  上記14通りのうち、赤字の10通りは、後が上手く続か
 ないなどの不具合がある。
   さらに、残った黒字の4通りについて、アルファベット
 が重複していない組合せを3つ選択すれば、
       F−L−B  I−J−H  K−D−G
 が、最適道順の候補となる。

 これらを、色分けして示せば、左下図のようになる。

最適道順の候補   2−3−4−2−3−4−2−3−4−・・・ ということを
  考えると、自然と、上記の3つの組合せがつながってくる。
   従って、最初に取り去る碁石は、青色の碁石(E)と確定
  し、最後の道順の組合せは、
       A−C−M
  
となる。
   従って、正解の道順を番号で示せば、右下図の通りと
  なる。