錯視について                          戻る

 人間の目ほど、当てにならないものはない。例えば、同じ長さの線分でも、水平線より垂直
線の方が長く見える。約5%程度、垂直線の方を短くしないと同じ長さに見えないという。従っ
て、正方形を正しく書いてしまうと、見る人によっては、縦長の長方形に見えてしまうわけだ。

              

 また、三角形の高さのちょうど半分の点は、高さの半分と感じる点よりも少し上にずれてい
るように感じる。

             

 したがって、高さの半分に素直に字などを書いてしまうと、非常にバランスの悪い構図にな
ってしまう。デザインを専門にやっている人たちは、当然ここら辺のところを十分注意している
のだろう。もっとも、そういう方々は、感覚的に違和感を感じて、構図を考えると思うが...。

 この他にも、いくつか例をあげるので、目の前に見えていることと実際がいかに感覚的に
ズレているかを、十分楽しんでもらいたい。きっと、世事に疲れた頭も癒されることでしょう。

例1 どちらが長い?
       

     実は、上下とも長さは同じ        実は、青色の対角線の長さは同じ
                               (参考:Sander 1926)

例2 曲がっているかな?
         

               実は、青色の図形は、正方形
                (参考:Orbison 1939)

例3 下から見てるのかな?

                 


    (追記) 平成19年1月13日放送の「世界一受けたい授業!!1億人の国語算数
        理科社会音楽2007熱血先生大集合SP」(NTV系 19:00〜20:54)で、この
        例に関する話題が、俳優の武田鉄矢さんから紹介された。

          下図は、線画のみで画かれた立方体である。

                

         この立方体には、2つの見え方がある。

                  

         このように、表面かと思いきや裏面にもなりうるという錯視を利用した立方体
        のことを、ネッカーキューブというそうだ。

         上の2つの図は、角が出っ張っているのか凹んでいるのか分かりにくい。番
        組では、下図のような図(緑色の線が動く!)で説明されていた。

            

          このネッカーキューブの話題は、『3年B組金八先生』でも取り上げられた
         と言うが、私は見ていないので詳しくは知らない。

例4 平行でないかな?

               

               実は、7本の斜線はすべて平行

例5 真っ直ぐかな?

                 

                 実は、直線の矢印
               (参考:Poggendorff 1860)

(参考文献:ナギビン 著 山崎 昇・宮本敏雄 訳 数学玉手箱(東京図書)
       馬場雄二 著 不思議発見!アイマジックパズル82(講談社))