積木パズル                                戻る

 最近積木に凝っている。温泉旅館などに泊まると、積木パズルが暇つぶし用に置いてある場
合がある。道具は単純ながら、その変化は多様で、子供から大人まで十分楽しめる。かのナポ
レオンも牢獄の中で熱中したといわれる積木パズルにあなたも挑戦してみませんか?

 左側の5片のブロックを巧妙に組み合わせて、右側の図形を作って下さい。
(一度プリントアウトされて、ブロックを切り取った方が考えやすいと思います。)

   


 上記ブロックを木片などで作ると、適度な幼児用玩具になります。19世紀頃は、紙はもちろ
んのこと、象牙、べっ甲、金属で作られていたそうです。16世紀頃の中国の代表的な「知恵
の板」がヨーロッパに伝えられ、タングラムと呼ばれて評判になったとのことです。
 日本でも、広島市にディーワンプロダクツ(株)という会社があり、この手のパズルを販売し
ています。私自身、温泉旅館で、子供用に3種類(1種類・・・1500円)も衝動買いしてしまい
ました...f(^_^)。 答が分かった方はメールをください。お待ちしております。

(参考文献:横地 清 著 数学を楽しむ本(日本実業出版社))

(追記) 平成23年4月20日付け

 当HPの読者の方(T.N.さん)から解答をお寄せいただいた。T.N.さんに感謝します。