・正方形の面積                 K.W 氏

 「一辺のの長さが10cmの正方形がある。今、AB、CDを1cmずつのばし、11cmとして
BC、ADを1cm縮めて9cmとすると、面積は100cm2 から99cm2 となって、初めの方
が1cm2 広い。1cmのばして1cm縮めただけで面積が変わったのはどうしてか。」ってい
うようなものだったと思う。これは、僕が小学校のとき、塾で先生が、「算数は不思議なもの
です。」とか言って、黒板に書いたものだったと思う。当時算数が好きだった僕は、ますます
算数に興味を持つようになったことを覚えている。



                           投稿一覧に戻る