・漏れはいくつ?                         GAI 氏

 ある原稿を2人(X、Y)の校正者がチェックしたら、Xは32箇所、Yは23箇所に校正必要の
部分を発見した。

 また、2人の校正箇所を突き合わせると、16箇所が共通していた。さて、2人のどちらも発
見していない校正部分があといくつ残されているか?

 ただし、2人の校正者は独立に作業しているとする。(一方のミスを発見する確率が、もう
一方がミスを発見するかどうかに左右されず、2人の校正者は互いに独立に作業している。)


(コメント) 校正すべき箇所の総数をNとおくと、32+23−16≦N すなわち、N≧39 が
     成り立つ。この後、どう考えるのだろう?



                         投稿一覧に戻る