・ 足し算の妙                 S.H氏

    2数の和の表

 2数の和の表を上のように書けば味気ないが、
右のように書き直すと、表の上を翼をひろげたカ
モメが飛び交っているようにも見え、楽しくさせる。
また、いろいろな性質も視覚的にはっきりしてくる。
 例えば、相異なる2数の和が10、13、15とな
るような8個の数の組合せは、結構ありそうに思
われるが、意外にも、
  (3,7)  (5,8)  (6,9)
の1組しかない。(右図の赤丸) これは驚きだ!
10、12、14となる組合せは、
  (1,9)  (5,7)  (6,8) (右図の水色)
以外に、
  (3,7)  (4,8)  (5,9) などもあり、1
組だけとはいえない。1組しか解がない数の組合
せは他にもあるのだろうか?


                         投稿一覧に戻る