・ 不可能物体を作る                S.H氏

 実際には作製困難だが、絵として人を魅了する物体がある。人はそれを不可能物体と称
する。エッシャーや安野光雅の作品にも見受けられる。

 ここでは、不可能と言われる物体を人間の目を誤魔化すことによって作製してみた。

 下図の絵は何ら不自然なところはないが、絵にマウスを重ねると奇妙な絵が現れる。

            

 上図では、線を書き加えたり消したりすることによって、不可能物体を作っている。このよ
うに、絵として不可能物体を作ることは比較的容易である。

 それでは、不可能物体を作ることは本当に不可能なのだろうか?

 もちろん、それは「yes!」であるが、あえてそれに挑戦してみた。

           

 何となく不可能物体に見えないだろうか?(ちょっと作り方が稚拙かな?)

 また、下図の絵も、絵にマウスを重ねると奇妙な絵が現れる。絵は数学と同じで、発想が
自由自在である。そこが、また魅力的なところでもある。

                

(参考文献:杉原厚吉 著  立体イリュージョンの数理 (共立出版))


(追記) 平成24年4月28日付け

 1981年にオーストリアで「不可能物体」を描いた郵便切手が発行された。とても魅惑的な
立体だったので模写してみた。

              

(参考文献:アルフレッド・S.ポザマンティエ イングマール・レーマン 著
        坂井 公 訳  偏愛的数学  魅惑の図形 (岩波書店))


                                             投稿一覧に戻る