筆順について                             戻る

 数学で使われる漢字で、その筆順が正しく認識されていない代表格は何と言っても「凸」
や「凹」だろう。

 生徒が黒板やノートに書いているのを横から見ていると、一筆書きで書いている者が非
常に多い。

 ここでは、その筆順を再確認しておこう。何れも、5画の漢字である。

 凸                  凹      

 最近知ったことであるが、上記の筆順も辞典によって、いくつか種類があるようだ。

「凸」の筆順では、1画目を横から書いているが、2画目の縦線を1画目とする辞典が多い
ようである。