干支の計算                  戻る

 年末になると、気になるものがある。それは、来年の干支(えと)。年賀はがき用に必要なのだ。
毎年正月には、今年こそ年賀はがきなどという虚礼から脱出するぞ!と誓いはするものの、日々
の生活の中で、その誓いは徐々に薄れ、年末の頃になると、気もそわそわ。11月1日年賀はが
き発売の日には必ず買っているということを毎年繰り返している。1年の中で、出会う人というの
は近場の人ばかりで、日本全国に散ったかつての友人たちとは疎遠になりがちだ。普段会えな
い友人たちと交わす年賀状は、正月の楽しみでもある。そういうわけで、今年も年賀状の準備に
はいった次第なのである。

 普通、干支は次の順番で覚えられている。
     1    2    3    4   5    6   7    8    9    10   11  12
   子                      

ここで、次の事実は重要である。

   西暦1996年(平成8年)の干支は、「子」年である。

平成8年は、昭和に換算すると、昭和71年である。したがって、一の位に注目すれば、来年は、
スミマセン!この原稿を書いている年は、西暦2002年です)昭和78年相当なので、8番目の干支 「未」
年ということが直ちに分かる。

 このほか、昭和のある年号に25を加えると、その年の西暦による年号が分かるなど、「昭和」
という年号は庶民の生活の中で、とても便利な年号であった。私のまわりには昭和**年といわ
れても「ピンとこない」という方が多いが、私自身は、昭和という年号を意識してこそ、その時代
特有の息吹きが感じられるのではないかと思う。

 もっと一般的に計算する式も知られている。永田 久 著 暦と占いの科学(新潮選書)によれ
ば、西暦 Y 年の干支は、Y+9 を12 で割った余りで与えられるという。
(ただし、割り切れる場合は、上の表で、12 と考えることにする。)
 たとえば、西暦2002年の干支は、2002+9=2011 を12 で割った余りを求めると、
  2011=12×167+7 より、7 なので、上の表から、「午」年であることが分かる。
この式を用いると、任意の年の干支が簡単な計算で直ちに求めることができる。

 しかし、現在生活している年近辺の干支の計算だけなら、次の式を用いた方が計算は楽だ!
  西暦 Y 年の干支は、Y−2000=X として、X+5 を12 で割った余り
で与えられる。
 たとえば、西暦2003年の干支は、3+5=8 だから、上の表より直ちに「未」年である。

(干支の計算以外に、曜日の計算にも興味をもたれる方は、こちらを参照してください。)