Mind (相川浩一の思う事)


フリーポーズ

2020年 10月 8日 (木)

自分の肩書きはボディビルダー、
トレーニングコーチやダイエットコーチ、
作家やフリーライターなんてところが
主だったところで、
先日のZoomミーティングなど、
小説出版に伴い、
図書館でイベントをした時にいらして戴いた方が
ダイエットのご質問で来たりと、
横ずらしの繋がりを生んでいます。

このページも全く、
どんな属性の方々にご覧戴いているか知れませんが、
今日は自分の根幹を成すボディビルダーについて。

ボディビルダーと言えば
フリーポーズを取ることを目標にもしますよね。

観客とステージに立つ自分の筋肉のみで
盛り上がる時間となります。

その盛り上がりに欠かせないのが
曲のPowerですね。

ゲストポーズを含めたら
1,00回近いステージの中で、
先日、逝去された
エディヴァンヘイレン氏のニュースに触れ、
きんにくんや春日さんが出場し、
話題にいつもあがる
東京オープンボディビル選手権のゲストポーザー
(ちなみにこの時、長渕剛さんファンにいつも自慢しますが、
控室まで長渕さんがいらして下さったのもいい思い出です)
で使った
「You Really Got Me」
を思い出しました。

最高にかっこいい曲です。

いろんな人が使っていますね。

世界中のボディビルダーの
フリーポーズを盛り上げてきたこと間違いなく、
これからも永遠に盛り上げてくれると思います。

ノリノリの曲が
迫力のステージを演出してくれるでしょう。

最高の芸術は永遠に。



パラパワーリフティング

2020年 10月 4日 (日)

今日は朝から
パラリンピック競技の
ベンチプレスの試合をネット観戦しました。

京都会場の大会を
Live観戦なんて
便利な時代になりました。

今年、コロナ自粛前に
八王子会場で観てから、
再びの65kg級観戦。

佐野選手、奥山選手ともに
自己記録更新し、
日本記録が生まれたりと
コロナ期間も成長されていた結果に
流石だと感嘆でした。




上半身だけで140kgや
150kgを挙げる訳ですから、
ビッグパフォーマンスに感動の朝でした。



素晴らしい試合ありがとうございました。

皆様、お疲れ様でした。

'20 2.2 第20回 全日本パラ・パワーリフティング
国際招待選手権大会 Para・PowerLifting
東京八王子 日本工学院八王子専門学校 片柳記念ホール

細胞レベルで生まれ変わっている!

2020年 9月 30日 (水)

元気ですかー!

元気があればなんでも出来る!

飛沫が爆裂してそうですが、
世の中最近、
こんなテイスト足りない気がします、

この書き出し、
先週発売の月刊ボディビルディング
相川連載の冒頭文です。

この猪木さん寄せからの
新日本プロレスで
トレーニングコーチをしていた頃の話を書きましたが、
当時は中邑選手もデビュー前でした。

「中邑は猪木さんに認められているとよく耳にしました」。

楽しい思い出を少し綴ってあります。

友人に月ボをあげたら、
最近、また面白くなってたんだね、
なんて寝ぼけたこと言ってました。

愚直に鍛えることを抉るのが、
月刊ボディビルディングの
歴史本懐だと思います。

力道山表紙で
黎明期をスタートしたわけですから。

さて、元気ですかー!
からのくだりから
脱線してしまいましたが、
今日、嬉しいご報告を戴きました。

以前、セミナーにご参加戴いたり、
相川塾なるトレーニングキャンプに
定期的にご参加戴いていた
市川さん(女性)が
62歳にして
千葉県パワーリフティング選手権に
初出場しました。



念願のデッドリフト100kg超えの
快挙報告を戴きました!

大会に62歳にて初出場。

年齢差のある中、
大変な決断に尊敬です。

62歳デビュー戦ですから、
それは大きな決断だったと思います。

公式に102.5kgを記録して、
練習では107.5kgを挙げたそうです。

人生で体力に於いて
新記録を62歳で達成しました。

20歳や50歳の時よりも凄い自分。

これは動かざる事実なんです。

だから、いつでも人生これから
と言うことだと思います。

いろいろな能力の
「伸びしろ」がいくつになっても眠っている。

これはシンプルに事実として
理解すべきですね。

そんな生き証人の
市川さんにお伺いしたところ、
「次の試合に向けて、
もっと上を目指したいと、
練習が楽しみでしかたありません」。
とのことです。



人生、どこでも、
まだまだこれから!

読者の方のパワーになったらと
市川さんにお願いして
ご紹介させて戴きました。

事実人間は生きている限り
日々細胞レベルで生まれ変わっています。

(筋肉細胞は約 3ヶ月で全部生まれ変わります)。

出来ないことを考えるより
出来ることを夢中にやる。

これもコロナ対策でやっちゃいましょう!


感謝

2020年 9月 24日 (木)

世間は4連休からの仕事始めでしたが、
コロナ禍を正しく恐れて
経済回そう!
になっている感じですね。

連休明け、急に電話やメール、
LINEなど慌ただしくなり、
とても嬉しく思っています。

みんなと生きている。

こんな幸せなことないよな、
なんて感慨深く勝手になっていました。

今日は2つ感謝すべきことがありました。

1つは自分の執筆した小説
「なついろ」が完売されていたことです。

重版は未定ですが、
重版はしなくていいかな、
と言った気持ちです。

また、新たな作品を書けたらいいかななんて、
書く大変さを忘れて想いにふけっています。

ご購読戴いた皆様、本当にありがとうございました。

心から感謝申し上げます。

25歳位の青年が人生に迷い、
答えを探していく作品が
誰かの人生の力になったのならば、
こんなに嬉しいことはありません。

みんな一方通行の人生に
後悔や悔いはあるかもしれませんが、
全て次に活かす心意気が大切だと思います。

いつも新鮮な気持ちと
燃えてる自分の歩みは
止めてはいけないと思います。

もう1つの良いことは
ボディビル界の令和の怪物、
相澤隼人選手と
ガチンコトレーニングバトルしてきたことです。

自分が28歳でミスター東京になった時だって、
早い!なんてもてはやされましたが、
相澤選手は半世紀に及ぶ、
東京ボディビル選手権チャンピオンの系譜を
史上最年少19歳で戴冠した逸材。

将来を嘱望されまくる
日本トップビルダーと
背中のトレーニングをしてきました。

muscle Media JAPANさんと
月刊ボディビルディング誌のコラボ企画ですから、
近くメディアリリースされると思います。

トレーニングを通じて
30歳近い年齢差がバトルする。

ウェートトレーニングって素晴らしいですね。

写真はトレーニング後、
今回企画した
日本ボディビル界を地球規模で動かす方々と。

アメリカ大陸を自転車で横断したり、
ぶっ飛んだ方々と過ごせる
トレーニング人生を感謝しています。

寛容かつ助け合い

2020年 9月 8日 (火)

久しぶりの更新ですね。

先日のZoomはありがとうございました。

トレーニングをしてない方のコロナ太り対応など、
全く想定外の方からアクセスがあったり、
そもそもこのHPはどんな方々にご覧戴いているのか、

本当に普遍的に発信している気がする機会でした。

人生で落とした脂肪の総量は
200kg位な訳で
10kgダイエットを
何セットも繰り返してきた訳ですから、
論だけ立ったアドバイスじゃない
実践的内容を心掛けました。

しっかりコーチングしてあげたい人がいました。

コロナでやっぱり、
人は寛容で温かく
助け合いの精神が大切であると
再認識した方も多いのではないでしょうか。

社会が寛容さがなく、
なんか生きづらく思っている方も
いるのではないでしょうか。

毎日、毎日、心ない人が詐欺をしたり
人を騙しにかかったりする現代です。

今日も面識ない著名人から友達申請きました。

自分は人間本来が持っている寛容さや
温かさは当たり前に持ち、
リアルな人間関係を構築していく想いですね。

心ある人を目指そう。
そして心ある人と生きていこう!

写真はゴールドジム
シアトルのスタッフと撮ったもの。

近くにはスターバックス一号店がありました。

みんなでもう少し頑張りましょう!


POWER BUILDING(相川浩一の歩み)

POWER BUILDING Archive(相川浩一 活動記録)

・「筋反発動作理論」相川浩一 著。
ベースボールマガジン社。Amazon販売ページです。

・相川浩一への依頼(セミナー)メール送信フォームです。

・Zoom 無料オンラインミーティング開催への要望
(メール送信用フォームです)。

・アミノ酸サプリメント MUSASHI ムサシ
「ボディビルダー相川浩一の筋トレお悩み相談室」

トップページに戻る