湯野温泉


2002年
12月
中旬
次の両親の結婚記念日が40周年かでもめてた時(実際には去年でしたが・・)
二人が結婚式の後に湯野温泉に泊まりに行った話を聞き、ご招待することに
ずいぶん前の話で、二人とも宿の名前をはっきり覚えていなかったので
何件かある宿のどれかにしようと思っていたら、母がアルバムを持ってきました
若かりし頃の二人が宿の玄関で撮った写真の後に書いてある字を懸命に解読
寿仙荘と右から書いてありました(時代を感じます)

数日後、頑張って寿仙荘へ予約の電話
「3人で」というと「3人一緒のお部屋だと、お一人様3万円になります」
即座に「3人一緒じゃなくていいです!」と答えてしまいました(^^;;

2003年
1/23
(木)
ちょっと早めに仕事が終わったので途中で母を乗せ、父を会社まで迎えに
広島高速4号線に乗り、五日市ICから山陽自動車道で徳山西ICまで行き
そこから約10分で、18時半過ぎに宿に到着

すぐに部屋へ案内されお茶を一服、その広さを見て二人部屋と納得
仲居さんに40数年前の写真を見せると、撮影場所を教えてくれました
なんとその部屋は同じはなれの「梅間」でしたが、こちらは私が寝る事にし
両親は洋式トイレがあるはなれ「茶室」にしてもらいました
食事の前にまずは温泉へ、客は私達だけのようだったので
3箇所(多分)あるお風呂の一つだけしか入れませんでした(^^;;
夕食は別の部屋に準備してあり(貸切)
刺身や酢の物、そして名物という鴨料理で鍋でした
飲み物は五橋の熱燗をおいしくいただき
いい両親の結婚記念日になったかな?

夕食後、何故か使用中(多分、宿の方が入っていた?)のお風呂を待ってる間
母と宿の母屋の中とはなれの2階を探検&撮影
(写真はこちら


食事を楽しむ両親
1/24
(金)
起きてから温泉に入り朝食、お庭を見てからゆっくりチェックアウト
国民宿舎湯野荘の前の公園にある道祖神を見て車で出発
まずは防府天満宮へ…確かずいぶん昔に来た事があったはず
防府天満宮にて

防府からは佐波川沿いを北方向へ、大原湖の辺りから道が狭くなってきたというのに、対向車にダンプがやってきます(T_T)
徳地ICから中国自動車道を通ろうと思ったのですが
確か冬用タイヤ規制になっていてやめました
国道9号線にぶつかり東へ、りんごで有名な徳佐周辺は雪でした

津和野は素通りし、日原から今度は南へ
島根県に入り道の駅かきのきむらでちょっと休憩
六日市IC近くのむいかいち温泉ゆ・ら・らで昼食&温泉へ、小雪の中、大きな露天風呂を堪能
南へ走り、岩国ICから山陽自動車道で大野ICへ
後はいつもの通勤ルートで自宅へ

ゆ・ら・らの玄関

旅行日記に戻る