屋久島日記(滞在編)


1999年
3/12
(金)

広島西空港をお昼頃出発、屋久島へは16時前に着
着いてすぐ空港で、先に着いた両親が民宿四季の宿 尾之間で手配してもらったレンタカーで宿で待っている両親の元へ、それから、3人でヤクスギランド
17時をすぎていたので、受付には誰もいない。入口横の料金箱にお金を入れて、30分コースを歩いた。雨上がりで湿気もあり、ひんやりしてたけど、空気もおいしくリフレッシュ!!
それから宿の近くの尾之間温泉へ。熱めのお湯で、肌はつるつる

3/13
(土)

朝起きると、すごい雨と風、今日潜れるのかどうかサンセット中島へ問い合わせ。大丈夫らしい
レンタカー屋さんで片方だけ付かないライトをなおしてもらってサンセット中島へ着いたのは9時ダイビングをして精算をすまして家路(?)についたのは、18時を少し回ったところ。相変わらず雨は降り続いていた
宿に帰って、すぐ両親を誘って尾之間温泉へ。体が冷えきっていたので、本当に気持ちよかったー

3/14
(日)

相変わらずの雨と風、無事に家まで帰り着くことはできるのだろうか
8時過ぎにチェックアウト、屋久島フルーツランド
空港へ戻る途中、おみやげ屋さんで会社へのおみやげ購入。空港で鹿児島への1便が欠航したと聞き、ちょっとビビる。レンタカーを返し、天候調査中のままチェックインして待っていると、鹿児島からの便が到着。待っている人は拍手をしていた
無事、鹿児島空港へ、後は予定通り広島西空港へ。家に帰り着いたのは16時前でした

おまけ

私は予定通りだったのですが、両親は鹿児島から広島までの飛行機の予約が実は1日間違っていました。事情があり、ぎりぎりまで旅行できるかどうかはっきりしなかったので、旅行前日に、航空券を発券してもらおうとして判明しました
結局、キャンセル待ちを入れつつ出発し、帰る前日に1枚はとれたのですが、後は当日のキャンセル待ち。鹿児島についてすぐキャンセル待ちを入れ、番号1番だったにもかかわらず、父は、母と一緒の飛行機には乗ることができませんでした。次の広島空港行には乗ることができ、21時前にやっと家に帰ってきました
私はJ-Air、母はJAC、父はANK…3人とも違う航空会社の飛行機で鹿児島から広島へ帰ってきたという、不思議な体験をしました
ちなみに、広島西空港は広島市内、広島空港は広島市内から約1時間の所にあります

ダイビングの様子と水中写真
屋久島日記(準備編)
屋久島(99'3)へ戻る

旅行日記に戻る