竹富島日記


2000年

石垣へのダイビングの最終日、飛行機に乗る前の半日観光でした

3/8
(水)
石垣島の離島桟橋より「八重山観光フェリー」で約10分で竹富島へ
島の東桟橋に着き、客引きのお兄さんに誘われたので、新田観光で水牛車に乗ることに(もともとそのつもりだったし…)
乗り場までマイクロバスで送ってもらうが、水牛車の時間までちょっとある。そこで受付で教えてもらったなごみの塔へ、私はもちろん登ってみました。なかなか眺めはいいけど、階段がちょっと怖いかな

お待ちかねの水牛車、私達を案内してくれたのは“かおり”ちゃん11(人間だと33)才、小柄ながら力持ちの女の子、何でも新田観光では若手だそうです
赤瓦の町並みを、ガイドのおじさんにほとんど指示を受けることなく進んで行きます。

安里屋クヤマの生家を通り過ぎると、おじさんが“安里屋ユンタ”を歌ってくれました。20数人も乗せて、ちょっとかわいそうな気はしたけど、なかなかいい雰囲気でした


一休み中の
“かおり”ちゃん

 

お昼ご飯まで時間があるので島内観光
竹富島ビジターセンターでサンゴを見ましたが、生きてるほうがいい
ちょっと遠かったけどコンドイビーチまで歩きました。白い砂浜、これで晴れていたらきれいだろうな〜
ここまできたからにはとカイジ浜(別名星砂の浜)へ、星砂見つけました
帰りに竹富民芸館をのぞいてみましたが、なんとお休み…
約1時間の、ちょっとハードなお散歩でした

 

ちょうどいい時間になったので、そば処竹の子へ。‘八重山そば’おいしかった〜
自家製のビィヤーシという、八重山特産の香辛料も購入。甘い香りがします(写真は姉です)

東桟橋までは歩いても15分ぐらいだそうですが、水牛車に乗ったので、新田観光の車で送ってくれました

半日でも十分楽しめましたが、今度は泊まってみたいな〜
石垣島日記

旅行日記に戻る