韓国(釜山&慶州)


1998年
1/23
(金)

両親の結婚記念日という口実での、家族旅行となりました

前日、久しぶりに会う姉とついつい飲み過ぎてしまい、二人して二日酔いのまま、両親と共に出発

広島から新幹線で博多まで、その後TAXIで博多港へ、そこから、ジェットフォイルのBeetle2世で約3時間で釜山に到着です。船で出国するのは初めてなので、わくわくしました〜でも二日酔い(^^;;

現地のガイドさんに迎えに来てもらってまずは遅い昼食です
コースには入っていないので、ガイドさん推薦の‘石焼きビビンバ’のお店へ
しか〜し、私は物を食べれる状態ではありませんでした。そんな中、姉はさっさと回復して、おいしそうに食べていました。くっくやしい〜

続いて観光、龍頭山公園ヨンドゥサン・コンウォン釜山タワーへ登ります
ここからの景色は最高、でも体調は最悪(二日酔いだけではなかったので)、ということで、宿泊先のホテル
ソラボルSorabolへチェックインし、私だけホテルで休んでいることにしました
両親達は、市場でタコや魚介類を食べ、コピー商品の店も訪れたそうです

みんなが帰ってきた頃には、大分回復していたので夕食に出かけました
確か‘チゲ(鍋物)’だったので、久しぶりの食事としてはちょうど良かったです

1/24
(土)

この日は慶州キョンジュへの観光、天気はいいけど気温はマイナス、さむ〜

仏国寺ブルグルサを参詣、あまりの寒さで滝が凍っていました
三国陶窯
サムクッドという高麗青磁を扱うお店で、窯や作業工程などの説明をうけた後、ちょっとお買い物
昼食は‘参鶏湯
(サンゲタン)’、鶏の中に高麗人参やお米などを詰めじっくり煮た料理。弱った胃腸には、ちょうどおかゆ感覚でいただけました


仏国寺の敷地内

聖徳大王神鐘(エミレの鐘)

 

国立慶州博物館クンニプ・キョンジュ・パンムルガン、文化遺産がたくさん
古墳公園コブンコンウォンでは、復元された古墳の内部が展示室になっていました

釜山に戻り、ガイドさんにお願いして垢すりを経験、気持ちよかった〜
注)日本人は慣れていないので、気持ちいいからといって二日続けない方がいいようですよ
その後、
ロッテ釜山免税店で一応お買い物、つい時計のコレクションを増やしてしまいました‥‥

帰ってきてから夕食の時間まで少しあったので、ホテルの近所を散策
コンビニ(セブンイレブンだったと思う)があったので、おもしろそうな品物をチェック。ハングル文字で表示された日本のお菓子や、辛そうなインスタント麺などを購入。この中の一部を友達へのおみやげにしました
旅行中の買い物は、コンビニやスーパーに行くのがとっても楽しい!!

夕食は‘焼肉(もちろん骨付きカルビ有り)’、食べきれないほどの量でした。にもかかわらず、‘石焼きビビンバ’をオーダー(前日食べ損ねたので) 、まずまずだったのですが、「昨日の方がおいしかった」との言葉に、ガックリ

1/25
(日)

帰国の日という事で、ガイドさんが迎えに来るまでと散歩に出かけました

チャガルチ市場国際市場クッチェ・エジャンを散策し、韓国のりなどの乾物などのちょっとしたお買い物をしました

港へ行く途中、最後のお買い物としてキムチ屋さんに寄り、買いました
昼食はなぜか港のカウンター席でラーメンでしたが、これが結構いけました

博多経由で広島に着くと、一面銀世界でビックリしましたが、それよりTAXIの運転手さん、ニンニク臭かったろうな〜って
キムチおいしかったです

旅行日記へ戻る