ラヤンラヤン日記


2007年
5/31
(木)

車に乗ってやってくる姉を待って、余裕を持って早めに出発したら
スムーズ過ぎた。J2パーキングに車を預け、成田空港へ
早く着きすぎてチェックインの時間になっていなかったので、重い荷物を持ったままラ・ビスタで生ビールとおつまみ
時間になったので、チェックインし荷物を預けて、さっさと出国手続き
マレーシア航空の客室乗務員は怖くないし、サービスもぬる〜い感じはするけど、上手くいえないけど悪くない

コタキナバルでホテルまでの送迎は、オバちゃんグループの両替待ち(--;;
我々は、日本で両替したけど、昔はしづらかった模様
ビバリーホテルへチェックイン後、夕飯を求めて街散策へ
まず、信号の見方、道路の渡り方がわからず、立ち往生
なんとか進んだものの、お店に入って食べる勇気がなく、センター・ポイントの特設屋台?などでお土産を物色、地下のスーパーでビール等を購入し、バーガーキングのテイクアウト

6/1
(金)

早朝5時半、ホテルの送迎車で、他に男女1人ずつと空港へ
チェックインし、お湯(ティーパック付き)とクロワッサン入り紙袋を渡され、行き先の同じだった日本人4人で食べた後、空港待合室へ
韓国系グループ、欧米系の老カップル、若カップルなど、徐々に集合
ラヤンラヤン・アイランド・リゾートの小型機へ乗込み、島へ向け出発


リゾートのロゴ

搭乗中

降機中
到着し、チェックイン、フロントのお姉キャラのアレックスによるリゾートの説明、ミチヨさんの英語によるダイビングの説明の後、部屋へ
朝食後にチェックダイブ、プールで塩抜きし、新しい水着に着替えて昼食
2本目の後もプールへ、部屋でさっぱりして軽食、その後夕食
う〜ん、ビュッフェなので量の調節は出来るけど、太りそう(^^;;
6/2
(土)

目覚めの紅茶(コーヒーだったかも、トーストも食べれる)
1本目の後に朝食、2本目の後に昼食、3本目の後におやつ
もちろん、ダイビングの後の塩抜きはまずプールだった・・・
タオルは部屋用とは別に、プール用(青と白の縞々)があって便利
夕食は19時過ぎ、プールサイドでBBQバージョンのビュッフェ

6/3
(日)
コーヒーor紅茶で目を覚まし、1本目
飛行機が到着し新しいゲストがやってきた
朝食の後、時間が来たので2本目へ、戻ってきても帰るはずの人々がいた
どうやら飛行機のトラブルだったらしく、整備の人が休みだったとかで、夕方近くなって別の飛行機がやってきて、それに乗りみんな帰っていた
・・・はずだったんだけど、飛行機の搭乗人数が違い、乗り切れなかったらしく、時間的に余裕があるらしい、若者3人組が戻ってきていた・・・
暑かったのか、すぐに海パンに着替え、プールに飛び込んでいた
彼らは一晩泊まって、修理した飛行機とともに翌日帰ったらしい
←タオルのマンタ

廊下→

基本的にはチップは不要ってことだけど、枕元にチップを置いておくと、ベットの上にタオルアートが出来ていた
滞在中はマンタ、ハンマーヘッドが見れたが、他にもあるらしい
3本目はキャンセルし、島内観光へ向かったが、うっかり海軍のエリアに入りそうになったらしく、リゾートのスタッフに怒られてしまった(^^;;
暑いし早めに切り上げ、涼しい部屋で読書に変更
夕飯で、コタキナバルから一緒だった1人旅の人妻とともに3人で赤ワインを楽しみ、少しリゾート気分が盛り上がった
夕飯後、バーで撮影(取材)にきていたBBCで過去に撮ったらしい、海とは関係ないビデオの上映後、リゾートスタッフが撮った、当日のダイビング(キャンセルした3本目)のビデオが流され、販売していた
我々は一緒に潜ってないので買う気はなかったけど、結構高かった

夕景(プールサイド)

夕景(海)

リゾートにいた猫
6/4
(月)
朝の1本がラストダイブだと思ったら、セルフはOKってことで、朝食後二人で桟橋の下を潜ってみた
昼食から白ワインで、最後のリゾート気分を味わってみた
←朝の虹(のはず)

タオルのハンマー

前日入りの日本人5人は、4人グループと、1人旅という組み合わせと判明
4人グループは、ダイバーはおじさんとおばさん1人ずつで、おじさんの奥さんともう1人は、ボートのそばでシュノーケリングをしているらしい・・・
1人旅の女の人は、上海在住(現在は帰国)で、我々と一緒にリゾート入りした人と同様、旦那さんを置いてきた、関西出身の人だった
夕飯は前日も一緒だった人妻と食べ、その後もう1人とも合流
なんと、ビールの空き缶でピラミッドを作るほどのつわものだった〜
ジュゴンチームと命名していたBig外人4人組は、ポーランド人で、内山君と名付けた人(本名トメック)は、北京在住で日本語も出来ることが判明
そんな人々と過ごしつつ、最後の夜は更けていった・・・
6/5
(火)
荷物をまとめ、朝軽食、精算を済ませて待っていると、飛行機が到着
どうやら無事帰れる模様で、コタキナバルから同じ旅程だった老カップル(ジェフ&スー)と顔を見合わせ会釈(ちょっと安心)
小さい方の飛行機で、我々姉妹は一番前に逆向きに座らされた(@o@)

飛行場?

飛行機

着席して
コタキナバルに到着後、ジェフ&スーに挨拶しようと思っていたが、乗り継ぎがギリギリだったのか、あっという間にいなくなっていた(T_T)
乗り継ぎは半日近くあるため、ホテル・シャングリラ・ダウンタウンまで送ってもらってデイユース、リゾートで見かけた人も同じホテルだった
軽く散策しながら、フィリピーノ・マーケットまで歩いたが、惹かれるものもなく、暑いのもあって、またセンター・ポイントに入り、ケンタッキーで昼食後、地下スーパーで飲料を買い、ホテルへ
シャワーを浴びて、少し横になったら元気になったけど、熱中症気味だった?
夕方、送迎車で空港へ戻り、国内線でクアラルンプール
BBCスタッフの人(雰囲気でジュリアンと命名)が1人、同じ飛行機だったらしい
トランジットは2時間程度あったので、空港内を少し散策したが広かった
そして、日本人も沢山いたので、バカンスは終わりだなって気分になった
6/6
(水)
早朝、成田空港着
お昼には、自宅に着いていた

ダイビングの様子
水中写真館(ラヤンラヤン07'06編)
ラヤンラヤン(07'6)へ戻る

旅行日記に戻る