愛媛西縦断日記


2002年
8/1
(木)

姉がお休みが取れたとかで、東京から広島に帰ってくるというので
家族で柏島へ行き1日潜り、翌日観光しながら帰ってくることに決定

21時前、外で食事をしていた父と姉を広島駅でピックアップ
呉の阿賀港から最終フェリーに乗り松山の堀江港へ、伊予ICから松山自動車道に乗り大洲ICで降りた後は一般道をひたすら走り、柏島へ

8/2
(金)

徳田旅館には4時位に到着、部屋に入れてもらって8時過ぎまで仮眠
9時半から午前1本、午後2本ダイビング
その間、両親はちょっぴり散歩しおやつにカキ氷を食べ昼寝をしていたらしい

その後、両親を連れてお約束のベルリーフ大月の大浴場で4本目
ちょっぴりお湯が熱かったですが、やっぱり気持ちいい

夕食はウメイロ、イカ、マグロ、マグロの子の刺身、アジの南蛮漬け、クマザサハナムロ(だったはず)とキュウリ等の酢の物等、いつもながら美味い!!
生ビールを飲んだ後も、四万十川という純米酒と柚子の入った焼酎(?)まで用意していただいちゃって、両親も大満足でした

8/3
(土)

朝食後、器材を片付けて柏島を出発
途中サルの団体のお見送りもありました

朝食にでていた美生柑(みしょうかん)と姉の好きなスイカを、愛媛県に入って少し走ったところのお店で購入
道の駅みしょうMICでも、宿のおかあさんがお勧めしていた美生柑ジュース等おみやげも購入


美生柑とスイカ

いつもなら宇和島道路ですが、宇和島市街を通り車窓からの風景を楽しみます
気になったのは黒田旗のぼり店の店先の「牛鬼Tシャツ」の文字…なんだろう?

昼食は大洲の市民会館に車を止め“るるぶ”に出ていた大洲の白石うどん店
「じゃこ天うどん」「冷やしうどん」「いなり寿司」等を家族で分けて食べました
麺はちょっと柔らかめで、だしで食べるほうが、釜揚げよりおいしかったかも
その後街を散策、まちの駅あさもやでいろんなお店の志ぐれという和菓子を食べ比べおみやげに購入
あまりの暑さに両親をその場に残し、車を回してくることに
ちょっと親孝行かも?


おおず赤煉瓦館(左)、観光人力車(中)、肱川(右)

大洲ICから松山自動車道に乗り松山ICで降り、砥部
砥部焼陶芸館で姉がマグカップを選んでいる間、タルトの食べ比べしてました

混みあう松山市街を通り道後温泉
両親がいるので奮発して(笑)、道後温泉本館の霊の湯3階席の券を購入
個室で浴衣に着替えお風呂へ
部屋に戻るとお茶と坊っちゃん団子が用意されていました


道後温泉本館外観(左)、お茶と坊っちゃん団子(中)、休憩室(右)

堀江港のみなと食堂で父用のおでんの買い物をし、17:30のフェリーで阿賀港へ
呉からはクレアライン(広島呉道路)を通って広島市内へ
20時過ぎには帰宅、この家族旅行をネタに軽い食事&晩酌で夜はふけます…

ダイビングの様子
水中写真館(柏島02'8編)
柏島(02'8)へ戻る

旅行日記に戻る