鮎釣法各種

詳しい仕掛けや釣法・取り込みは他を参考にして下さい。 地方により呼び名が違うが当方の呼び名としました
ハリの字はいろいろあるが「針」とし、おもりの字は「錘」で統一しました。 針(はり・シン)・鉤(かぎ・はり・ク・コウ)・鈎(鉤の略字)・鍼

鮎釣りは色々な釣り方があり、それぞれに技術・知識・経験が必要でどれもが奥深い
友釣り(友掛け)
竿
竿は友竿9m(7〜11m)位で材質はカーボンで軽量(200g〜280g位)の物が一般的に使われている。
9mでも190gの超軽量竿もある。軟調〜超硬調とあり魚の大きさ・釣り方で選ぶが硬調が一般的
仕掛け
仕掛けは竿先から天井糸・水中糸・友釣り仕掛け・掛け針の順につなぐ。仕掛けのつなぎはどの部分も交換できる様になっている。水中糸には数個の目印糸を付け、鮎の動きを目視する。
掛け針は4本いかり・3本いかり・ちらし針・単針etcがある
私の仕掛け天井糸0.6〜0.8号6m・水中糸メタル0.05〜0.1号3m上下にナイロン0.4号20cm付ける/(水中糸ナイロンは0.2〜0.4号を使用)・鼻冠5〜7号・逆針2〜3号・掛け針は通常考案いかり針使用(6号〜8号の3〜4本錨)、流れの速い所は移動式背針や錘を使用。
釣り方
友鮎(囮)の鼻に鼻環を付け逆さ針を尻びれ(臀鰭)付け根付近に刺し鮎を川に放し、縄張り争いをする鮎を釣る。掛かった野鮎を友鮎(囮)とし鮎を交代し上の操作を繰り返して釣る。
使っていた友鮎(囮)は引き船に入れる。掛かった鮎の取り込みは玉網(たも)に受ける。
取り込み方は「引き抜き」と「寄せ」がある。
引き抜き」は野鮎と友鮎(囮)の二匹を吊り下げる様に水面上に出して振り子の原理で空中移動してきた鮎二匹を玉網で受ける(現在主流となっている)、
寄せ」は竿を上流に寝かし寄ってきた鮎二匹を、糸をたぐり寄せ玉網で掬う。
鮎(囮)の操作方法は泳がせ釣り・引き釣り・止め釣りなど次々と新しい釣り方が考えられている。
ころがし(ごろ引き)釣り
竿
竿はころがし竿(超硬調)8m(7〜8m)位が一般に使われている
仕掛け
幹糸は竿長分で錘をつけ、掛け針仕掛けを付ける。針糸長は150cm位で錘から40cm位から掛け針を等間隔に5〜7本付ける。ハリス(掛け針糸)は0.6号〜0.8号を使う、太いと針の動きが悪くかかりが悪い
私は幹糸2号で錘2〜2.5号算盤型・針は5本針(3本針や4本針もいいよ)仕掛け、小さな錘で・糸細く・静かに振り込めば数はでる。幹糸が太くなると風圧を生じ錘を大きくしないと振り込めない。
錘・入水時の大きな音を立てながら釣っても数はでない
釣り方
竿の持ち方・・・川・上流側の手が竿尻を持ち下流側の手は間を空けて竿の上を持つ、右岸側と左岸側で持ち手は変わる。
振り込み・・・竿を垂直に立て、竿先を軽く振る様にして振り子の原理で錘を振り出し、川正面よりやや下流に錘を入水させる。川正面より上流に振り込むと針糸絡みの元となる。
振り込みは錘が水面近くを飛んでいく様にし、同時に竿先を水面近くまでねかせ、竿・糸・錘が一直線になった時、錘が水中に静かに入る様にする。入水音はできるだけ小さい方が良い。
振り込む時の錘は体近くを通過するのが原則で、錘は常に風下側の体近くを通過する。
風向きで錘が体の右側・左側を通るかが変わる。針が錘より体に近いのは風向きと反対の振り込み方であり針糸絡みの元となる。振り込んだら竿を水平にねかせたまま川90度分、錘が底に5・6回程度当たる様に下流に竿を引き回す(ころがし)。ころがし終わったら竿を立てて一歩分下流に下る。
振り込み・ころがし・一歩下るを繰り返して釣る。ころがし途中で石喰いや根掛かりをする事があるが、少しでも根掛かり感じたら素早く上流に竿を返し(戻し)て軽くあおって外す。
根掛かりのまま強く引いた後では外しにくいばかりか針糸切れの元や針先の傷みの元となる。
しゃくり釣り
竿
竿はコロガシ竿(超硬調)7m(7〜8m)位が一般に使われている
仕掛け
糸・錘・針の仕掛けはコロガシ釣りと同じ
釣り方
仕掛けを下流に軽く振り入れ錘が底に着いたら一しゃくりづつ上流までしゃくり上げを繰り返す。
瀬ではしゃくり動作を繰り返せば良いが、緩やかな所では上流までしゃくり上げたら再度下流に振り入れしゃくりを繰り返す
どぶ釣り
竿
竿はどぶ釣り用鮎竿(超硬調)9m位で長い方が広範囲にさぐれるので有利だが重くなる。
先調子で竿曲がりの少ない竿
仕掛け
魚状の糸巻きに幹糸を巻き付け長さを調整できる様にしておき、糸の先端にどぶ釣り用三角錘を付ける。
他に片天秤仕掛けもある。錘は交換ができる様にしておき、流れに流されない位の重さの錘を使う(4〜6号が一般的)。毛針(蚊針)は加賀針・土佐針・播州針(現在主流)が有名でその他もある非常に多くの種類が出ていて針には名前が付いている。(名前は省略)。購入するときは毛針名を言えば解る様になっている。
同じ針名でも角(つの)の色で赤角・黄角・青角・白角とさらに分かれている
釣り方
川の深さにあわせ巻き付けた幹糸を延ばし錘を付け毛針を錘の穴にさして木のくさびで止める。錘上の幹糸にも間隔をおいて毛針を数本結び付けても良い。
次に川の中に錘を静かに沈め川底に錘が軽く当たったら、毛針・錘が水面に出ない位まで静かに引き上げる。錘が底に着いたとき「糸ゆるみ」がおきない様、糸は常に張ったまま・・・ゆるむと根掛かりする。
引き上げ終わるごとに竿を川の上流から下流に少し移動させ、再度静かに下げ、上げの動作をする。
この動作を繰り返しながら竿を下流まで移動させる。下流までいったら、錘を水面から引き上げ竿を上流に移動させ釣り始める。鮎が掛かった時は竿先がぶれない様に静かに竿を縮め(たたみ)、鮎を玉網(たも)で掬い上げる。針に返しがないので糸張りをゆるめるとはず(バレ)れる
ちんちん釣り
竿
竿は振り出し竿4m(3〜5m)位で軽量のもの
仕掛け
幹糸を竿長分つけ下にガン玉錘をつけ「うき」をつける。うきと錘の間に数種の毛針を間隔をもって付ける
釣り方
水深にあわせ「うき」を調整し、川の上流に振りだし竿は軽く立てた状態で流し釣りをする。川の流れが無いと毛針が揺れ動かないので釣れない。流れが緩やかな所や水深が浅すぎる所では出来ない
流し釣り(蚊針)
竿
竿は振り出し竿4m(3〜5m)位で軽量のもの
仕掛け
幹糸を竿長分つけ「うき」を糸尻と途中に二個つけ、「うき」と「うき」の間に鮎毛針各種を等間隔に7〜10本つける
釣り方
釣り場は水深の浅いちゃら瀬や川の渕で、川正面よりやや下流に振り出し、竿・糸・「うき」が一直線になる様に保ち、竿先で「うき」を指し示す様にし、「うき」の流れを竿先で追って川下流まで流す。川の流れが無いと毛針が揺れ動かないので釣れない。糸のたるみがあると同じく毛針が揺れ動かないので釣れない
餌釣り
竿
竿は振り出し竿4m(3〜5m)位で軽量のもの
仕掛け
幹糸を竿長分つけ「うき」と下にガン玉錘をつけ、錘下に餌付け針をつける。
餌は「生しらす・あじの身・アミエビ・ふぐ皮・蒲鉾etc」を使う
釣り方
水深にあわせ「うき」を調整し、餌をつけて川の上流に振りだし流し釣りをする。
漁業組合によって禁止されているので注意
神奈川県は全川餌釣り禁止です
鮎漁法の今昔は鮎起源探訪でご覧下さい