イタKissリング 次のサイト 前のサイト
Site ListRandom

イタズラなKiss・・・
わたしが久しぶりにハマったマンガです。

きっかけはドラマ〜でした。柏原崇、佐藤藍子主演のテレビ朝日・月曜8時枠。96年の終わりに放送されたその連続ドラマをチラっと見て、 「原作マンガでも読んでみようかな」と  軽い気持ちで仕事帰り、本屋のコミックコーナーを覗きました。すると、・・並んでる並んでる、平積みで 1巻から17巻(当時はここまでだった)まで!

「こんなに長いの?うわー、読めるわけないやん・・お金ももったいないし。ま、せっかくだから1,2巻だけ買って読んでみるか」

・・そんなわけで、1巻と2巻だけ買って地下鉄で読み始めました。

・・・おもろいやん!

気が付くと、ワクワクしながらページをめくっていました。 おはなし自体は・・ドジでバカな女の子が、超秀才の冷たい男の子に恋して、ひょ んなことから同居するハメになるという・・「学園ラブコメの王道」って感じで 、とりわけ目新しいものでもナインです。でも、テンポの良さ、キャラクターの魅力に引き込まれて読んでるうちに 気がつくと私は地下鉄を乗り過ごしてしまっていました・・

次の日からも続きを買いあさり、夜中にも読みつづけ、・・ 寝不足になりながら、数日で17巻まで読破してしまいました。

ホントに魅力的なんですねー。ふられてもふられてもメゲない女の子・琴子も、 クールで天才でイジワルで女嫌いの入江君も。 そしてそのクールな入江君が、琴子のパワーにペースを乱され 迷惑がりながらも、自分でも気づかないうちに琴子に惹かれていく様子・・たまり ません。入江君、カッコ良すぎ。マジで惚れました。主役二人だけでなく、二人の家族(特に入江君のママ!)や 友人達もみんな、魅力的でイキイキしています。 敵役でさえ、愛すべき存在として描かれているし。

そしてその時から、私はこの「イタズラなKiss」が連載されている雑誌、 別冊マーガレットを、毎月チェックするようになりました。

連載の方ではもうとっくに二人は結婚し、その結婚生活を描いてたのですが このマンガのスゴいところは、二人が結婚してからも、しっかり「ラブコメ」してて 読者を琴子と一緒にドキドキさせたり、笑ったり泣かせたりするところ。普通、これだけ長い連載になると、だんだん面白さが失せてくるもんです。なのに「イタズラなkiss」はずーっと当初のテンションを持続してて、どこまでい っても面白い。気分が落ち込んだときでも、このマンガを読めば元気になれました。これだけの話を描ける漫画家・多田かおるって、ただもんじゃなか!・・そう思ったものです。

・・やっぱり、多田かおるさんは、天の使いだったのかもしれません。
1999年3月11日、彼女は不慮の事故による脳内出血のため倒れ、帰らぬ人となりました。享年38歳。少女マンガの最高傑作「イタズラなkiss」を未完のまま残して・・。折りしも物語は、琴子の妊娠が分かったところでした。

生前、「二人に赤ちゃんができたら、この恋物語も終わりにしなきゃいけない・・」 と語っていた多田先生。皮肉にも、多田先生自身の死によって「イタズラなkiss」は永遠に終わらない物語 になりました。

99年5月25日には、最終巻となる23巻が発売されました。

何度読み返しても、読むたびにドキドキワクワクして、泣けて、笑えて、優 しい気持ちになって、元気が沸いてくる。物語は途切れてしまったけれど、私たちひとりひとりの心の中で、このハッピーな 物語の続きはいつまでも続いていきます。  医者になった入江君と、看護婦になった琴子は、これからも幸せに、一生懸命、生きていくんでしょうね。

イタズラなkissをはじめ、たくさんのステキなマンガを20年以上にわたり私たちに贈りつづけてくれた多田かおるさん。心からありがとうもろこし!ご冥福をお祈りします・・。

もっと「イタズラなKiss」に浸りたいあなたへ。


 MARIさんのホームページの中にある「イタズラなKiss大好き」には
 イタkiss情報や楽しいクイズ、ファンのメッセージなど、内容もりだくさん!

 


「コンニチワワ***WonderDajare World***」へ戻る