logo



title


紫外線(Photo)、温度(Thermal)、酸素(Oxidate)、微生物(Bio)を利用して、 プラスチックを低分子化し酸化分解させてしまう薬剤です。 今まではプラスチックの分解というと「分解する新素材を作り出す」研究をしてきました。 ところがノボンの発想はその180度逆で、

「ポリエチレンやポリプロピレンを分解させる」

というものです。 デグラノボンの役割は、プラスチック自身が酸化して分解するのを手助けすること、 つまり、プラスチックの「酸化分解助剤」なのです。 添加したデグラノボンだけが分解するのではありません。



title

1、TNO Industrial Research (オランダ) オランダ応用化学研究機構
2、Franhofer Institute (ドイツ)ドイツフランフォッファー研究所
3、State University of New York at Buffalo (米国)ニューヨーク州立大学
4、Center for Ecological Technology (C.E.T.)(米国)米国環境技術研究所
5、Royal Institute of Technology (スウェーデン)スウェーデン王立研究所

以上の機関では、デグラノボン混入樹脂が最終的に水と二酸化炭素に分解されることが証明されています。


title

特許番号:第2961138号  
名称  :分解可能な重合体組成物
特許権者:ノボンジャパン株式会社



Copyright.2014.ノボン・ジャパン株式会 社.All rights reserved.