目次へ

團長さんの
チャンピオン大会体験談
「氣志團子現象
〜私をホールへ連れてって〜

2005年3月12日
チャンピオン大会

「One Night Carnival」(9番)

こんにち輪島功一!平成16年ちゃっかりチャンピオン大会に
出させてもらった,岩手の憎まれっ子。子供たちに投石される大人たち
「氣志團子」の團長でございます。
あの感動の舞台から,はや1ヶ月以上たちました。
我々もすっかり世間から忘れられ,出場当初はあんなに豪華だった夕食も
すっかり「さ○うのゴハン」になっております。

まさに,一生分の運を使ってチャンピオン大会に出られた私たち・・・
細木数子さんに見てもらったら,「あんたら・・・死ぬわよ!」
と言われてしまいそうで,夜も眠れませんが,矢印ヒッキー(黄色の)
の頭も,社会生活に適応してきたようですので,我々が体験してきたNHKホール
での思い出を,少しだけ語っちゃいまーす!

我々が,チャンピオンになったのが平成16年4月,チャンピオン大会が17年3月
というわけで,約1年間あったわけですが,なななんとその間に私團長は
転勤になってしまったのです!
会社もこの3人野放しにしたら,てーへんなことになると思ったとか思わなかった
とかで・・ともかく離れ離れの氣志團子ちゃん・・・

半年近く,ほとんど会うこともなく,普通のオッサンしてた我々に今回のチャンピオン
大会のお話を戴いた時は,ビックリと仰天でビックリ仰天でした。
最初の電話で,いの一番にNHK演芸の方から「あのー・・・また矢印とか,やってくれますか?」
と相談されましたが,「あっ!大丈夫です!やります!やります!」
あせって,本人に確認もせずに快諾してしまいました。
(ヒッキーごめん!一応確認したけど,もう決まってたんだよ!)

それから,あちこち駆けずり回って,私とゲンナちゃん(青いの)のカツラのリメイク
そして,ゲンナちゃんの長ランの購入など,あわただしく日々はすぎていきました。
チャンピオン大会のばやい・・1曲歌わなくてはならない為,担当の方と何度も
曲の流れを相談します。1組の持ち時間は約2分〜2分半,担当の方も,「僕も氣志團
大好きなんですよ〜」と言って,気さくにこちらの要望にこたえてくれました。

3月の頭にデモテープが送られてきて,いよいよ練習開始!なのでしょうが,我々3人職場も
住んでるところも離れている為,練習できるのは週末だけ,賞味2回の練習で本番に
望んだわけです。(注:ここでは「すごいねぇ〜」と嘘でも思ってください)

とにもかくにも,トニーにも,谷にも,なんとか鈍行を乗り継いで,岩手からNHKホール
までたどり着いた俺たち・・・あまりにもオーラが出てなくて,ホールの警備の方に
止められてしまいました。NHKのスタッフの方々にも「いや〜あの格好のイメージがあるから
そごく普通ですね!」と気さくに声をかけていただきました。
(そういえば,花巻大会の時もリハ終わりで帰ろうとしたら,大道具さんと間違えられたっけ・・ヘケケ)

ちなみに,ホールで待ってるとき,丸ちゃん(河を歌った子)親子を見て,最初ロンドンから
参加のエルちゃんのボディーガードの人かな?やっぱり,世界で活躍する人は違うね〜
と勝手に想像していた,おのぼりさん丸出しの田舎者の氣志團子ちゃんなのでした・・・

前日の昼にホールに入って,控え室では出場者,スタッフのみなさん,そして宮川さんで
顔合わせをします。さすがにみんな緊張の面持ちで,ガチガチで挨拶をはじめました。
思えば,みんなグランドチャンピオンを競うライバルなんですもんね〜
「出られて丸儲け」の我々だけ,緊張感なく口をおっぴろげにしておりました。
宮川さんも,最初我々が氣志團子とは気がつかなかったみたいで,顔合わせで紹介されてから
「いやー氣志團,気がつかなかったよーがんばって盛り上げてよ!」って声掛けられて・・
嬉しいやら,悲しいやらでございました。

お弁当食べて,(ゲンナちゃんは,胃腸が弱いくせにお弁当全部たいらげました!さすが新婚!)
1日目は歌のリハーサル。1曲目の山形のアイちゃんから「うめ〜うめ〜カリカリ梅!」全員客席から
見てるんですが,早くもゲンナちゃん「すげうめーよ(泣)帰りたいよ・・・うっ!お腹痛い!
すいませんトイレ行っていいですか(涙目)」てな感じで早くも帰りたいモード全開!ヒッキーは・・・
「行けるよ!團長!俺たちチャンピオンになれるよ!」って・・・「ヒッキー耳鼻科にいけ!(怒)」
かくゆう私も,チョピリ失禁しパンツを取り替えにトイレへ・・(うそ)
トイレにて作戦会議を行い,「俺らがみんなに勝っているもの・・それは見た目のインパクトだけだ!」
ということで楽屋へもどり,カツラとサングラスを身に着けてリハーサルをおこないました。
リハで歌っているとき,暗くてよく見えなかったんですが,客席でへんてこな動きをしている人が一人・・
よ〜く目を凝らして見ると・・・・宮川さ〜ん!なんと宮川さんが我々の振り付けを客席で踊って
るじゃあ〜りませんか!
ハートマークが決まると・・・こんどは宮川さん大爆笑!ステージに上がってからも,
「いや〜ここんとこの振り付けが僕1番好き!」とノリノリでした!スゲー楽しかったです。

実はこの日,3時くらいから「お元気ですか?日本列島」という番組の取材があって生放送で
リハーサルの様子が放送されました。我々は宮川さんの提案で,カツラを着けずに放送に
のぞみましたが,矢印頭はやはり目にとまったようで,ヒッキーの頭がどアップに!(良かったね!)
本当に当日に言われたので,放送は見てませんが,いい思い出になりました(ヒッキーが)

そしてリハーサルを終えて,1日目は終了。バスにギューギューに詰められて,ホテルへ行くのでした・・
みんな・・・息が荒くてゴメンネ!女子とあんなにくっついたことなかったんだ・・

次の日は昼集合なんですが,少し早く起きてホテルの部屋で歌練習。さすがに周りみんな出場者なんで
朝早くから歌声が聞こえます。そしてビックリ!ホテルの朝食がなななななんと¥2000ナリ!
岩手では考えられないナリ!とコロ助の真似をしながら,近くの吉牛へ¥370ナリ!の朝定を食べて
歩きでホールへ向かいました。(このへんがオーラが出ない原因なんでしょうか?)

当日は,ゲストのみなさんのリハと,トーク部分の確認です。
吉さん!背がたか〜い!同郷(東北)のよしみで色々とやさしくしていただきました。
長山洋子さん!すげ〜綺麗!ほそーい!イーにおーい!(すいませんかいじゃいました)
石川さゆりさん!私服がかわイイ!かわうぃ!丸ちゃんが思わず「チェ,チェ・ジウ!」と叫んでました。

だいたい一通りリハを終えると,客席には応援団が入ってきます。いよいよ本番前の,最終通し
リハーサルの開始です。ちなみにうちの応援団は,家族,職場,のど自慢仲間が岩手から鈍行乗り継いで
来てくれました。
この日のために,氣志團子Tシャツを作り,うちの母親なんかはうちわにキラキラつけて振っています・・
「かあちゃん!氷川き○しのコンサートじゃないから!」

そして本番は・・・・
放送されたとうりです・・みんなうまかった!最高!おまえら最高!・・・・・・・(俺ら最高!)
放送終了後は,審査員と宮川さん囲んで打ち上げパーティーです。ここで放送では言えなかった
審査員のみなさんの講評が一組ずつあります。
えっ俺らの講評ですか・・・・まあ「がんばったで賞」ってことで!

いっしょにがんばったお友達へ・・
甲谷兄弟!家から最寄のローソンまで1時間かかるって?田舎だっていいじゃない!がんばれよ!
丸ちゃん!お父さんのこと「おせーなあの黒人!」って言っちゃだめだぞ!
オートマチックのアイちゃん!かわいかった!子犬みたいで!おじちゃんイタズラしちゃうぞ!(テヘ!)
ファーストラブのエルちゃん!若いのにお色気ぷんぷんで・・通訳できた伊藤さんも綺麗だった・・
2人まとめて後ろからいっちゃうぞ!(ウヒ!)
ざわわ!ざわわ!のナツキちゃん!いい声です!カワイイです!隣の県だからストーキングしちゃうぞ!
北海DOのマリしゃん・・・す・す・好きです!指名しちゃうぞ!
みんなみんな,大切な思い出を共有した仲間です!
こんな犯罪予備軍的な,アンダーハート(下心)丸出しな俺らだけど・・・これからもよろしくな!

てなわけで,長々と書いてきましたが,去年まではのど自慢なんて観もしなかったし,のど自慢に出て
こんなすばらしい経験,出会いに恵まれるなんて夢にも思わなかった俺たちが・・・こんな俺たちでも
夢をみることが出来ました。
今年でのど自慢の司会最後となった宮川さんが打ち上げでおっしゃっておりました。
「12年間司会をしてきました。のど自慢は,大変なんです・・でものど自慢はハマるんです。司会は
変わりますが,これからもNHKのど自慢応援してください!」
うそだと思うならまずハガキを出してみてください・・・あなたの夢がかなうかもしれま千円・・

        〜乗りなよタンデムシートに,行こうぜピリオドの向こうへ〜
                   
                                 岩手県妖精音楽隊 氣志團子 團長
                                               ゲンナ
                                               ヒッキー