Title

ようこそ! のびるこどもクリニック へ


“のびる” ってなに? 院長ってどんな人?
外来日程と特徴 どんな建物ですか?
どんな間取りですか? アットホームをめざして・・・
院内でできる迅速検査 保険外の料金は?
スタッフ全員集合! どこにありますか?



“のびる” ってなに?
イメージ1
 “のびる”は野草の名前で“野蒜”と書きます 全国的に分布するといわれています 大学進学から長年東京を中心に生活してきましたが、あちらではそこここに見かける植物でした 小さく可憐な花を咲かせ、たくましくのびのびと育つ、あたかも一昔前に近所を飛び回っていたこども達のような野草です 
 小児科医になっておよそ30年 知らず知らずのうちに、虫を追いかけたり、れんげ草で飾りを作るこども達の姿が少なくなりました ややもすると、厳しくも優しい“自然の洗礼と恩恵”を受けずに育っていく今のこども達
 「こども達よ、野蒜のごとくあれ!」が、長年“小児科診療”に携わってきた私達からの願いです 
 前任地の静岡県三島市には同じ願いを込めて名付けられた“のびる幼稚園”があります 故郷の札幌でこどもクリニックを開くに当たりお許しを得て使わせていただきました 
 町にまた、こども達の“明るい笑い声”が大きくこだましますように!!
 (2005年9月)


院長ってどんな人?
イメージ2
■ 氏 名  下澤 和彦
■ 生年月日 昭和26(1951)年11月1日
■ 出生地  小樽市
■ 本 籍  札幌市西区西野
■ 学歴と職歴
 昭和39(1964)年 札幌市立北光小学校 卒業
 昭和42(1967)年 札幌市立美香保中学校 卒業
 昭和45(1970)年 道立札幌南高等学校 卒業
 昭和51(1976)年 国立東京医科歯科大学医学部医学科 卒業
 昭和52(1977)年 都立墨東病院小児科 医員
 昭和53(1978)年 中野総合病院小児科 医長
 昭和54(1979)年 東京医科歯科大学医学部小児科 医員
 昭和57(1982)年 同 文部教官助手
 昭和59(1984)年 川口工業総合病院小児科 医長
 昭和61(1986)年 東京医科歯科大学医学部小児科 文部教官助手
 平成元 (1989)年 同 文部教官講師
 平成 2 (1990)年 光ヶ丘小児科 院長(静岡県三島市)
 平成 2 (1990)年 東京医科歯科大学医学部 講師(兼務)
 平成17(2005)年4月 のびるこどもクリニック 開設 
■ 専門医  日本小児科学会/日本内分泌学会/日本糖尿病学会
 http://www.jpeds.or.jp/senmon-meibo-j.html
 http://square.umin.ac.jp/endocrine/list/101.html
 http://www.jds.or.jp/
■ 学 位  東京医科歯科大学 昭和59(1984)年 医学博士
■ 得意分野 感染症/内分泌疾患/アレルギー疾患/こどもの心 など
■ 趣 味  音楽(合唱・鑑賞)/ハイキング /旅行 など
■ 家 族  妻との2人住まいですが、こども3人と孫1人がいます


外来日程と特徴
イメージ3
■ 外 来
・院内感染の予防
 玄関・待合室・診察室すべて感染症用と非感染症用に分けています
 水ぼうそう・おたふくかぜ・溶連菌感染症などの特別な感染症は、感染症スペースの一角にある2つの隔離室で診察します ベッドもありますので点滴も可能です
 感染症が重症化しやすい病弱なお子さんも隔離室で診察します(逆隔離)
・専門外来(内分泌・アレルギー・こころなど)
 非感染症スペースで診ますので、曜日や時刻の指定はありませんし予約も要りません
 札幌市と北海道の「小児慢性特定疾患」「特定疾患」の指定医療機関です
・緊急検査機器による迅速診断と、それによる過不足のない治療を心掛けています
■ 予防接種
・基本的に予約は必要ありません(インフルエンザも)
(肝炎や肺炎球菌など特別なワクチンは予約をお願いしています)
・曜日や時刻の指定はありませんが、午前・午後とも受付終了の30分前までに来院してください
・大人の方の予防接種も行っています
■ 健康診断
・基本的に予約は必要ありません
・乳幼児健診はいつでも可能ですが、受付終了の30分前までに来院してください
・成人のすこやか健診や肝炎ウイルス検診はいつでも可能ですが、朝食前の検査をお勧めしています
■ 時間外診療
・日祭日でも点滴治療が必要な方などのために時間を限って診察しています
・休診時間帯の急病の場合はまずクリニックに電話をしてみてください 電話か留守番メッセージで対応しています


どんな建物ですか?
イメージ4
写真上:第1玄関、  写真下:第3玄関
・レンガ壁のおしゃれな建物です
・平屋ですので簡単にベビーカー・自転車・車椅子で受診できます
・第3玄関前の中庭には、雨に当たらずにベビーカーや自転車を置けるスペースがあります
・専用駐車場がクリニックの北西側に接して8台分あります
・中央バス(麻06)「新琴似6条2丁目」バス停のすぐ前です


どんな間取りですか?
イメージ5
(1)第1玄関(一般と隔離室用) (2)第1待合室(一般用) (3)第1診察室(一般用) (4)第1隔離室 (5)第2隔離室 (6)隔離室用トイレ (7)院長室 (8)受付と会計 (9)事務室 (10)ボイラー室 (11)第2玄関(非感染症用) (12)第3玄関 (非感染症用) (13)ベビーカー・自転車置場 (14)個室トイレ (15)第2待合室 (非感染症用) (16)プレイコーナー (17)乳幼児計測室 (18)授乳コーナー (19)第2診察室(非感染症用) (20)倉庫 (21)処置・検査室 (22)点滴室 (23)レントゲン室 (24)スタッフ室

・およそ75坪の室内を大きく3つに分けています 感染症などを診る「一般と隔離室用スペース」、アレルギーや内分泌などの専門外来と予防接種や健康診断のための「非感染症用スペース」、受付・事務室、処置・検査室、レントゲン室などの「共通スペース」です
・出入口は3つあります 1つは一般/隔離室用の「第1玄関(バス通り側)」で、あとの2つは非感染症用の「第2玄関(駐車場側)」と「第3玄関(中庭側)(冬季閉鎖)」です
・予防接種や健康診断はうつる病気とは別のスペースで行いますので、曜日や時間の制限はありません(ただし受付終了の30分前までには受診してください)
・陽当たりの良い開放的なクリニックです お子さんはもちろん、大人の方も安心して受診してください


アットホームをめざして・・・
イメージ6
■ 点滴室
 なるべくお子さんが怖がらないように、点滴室には家庭用のベッドを置きました 付き添いの方の添い寝もできます
 DVDでご希望のソフトやテレビ番組を映しています
■ プレイコーナー
 第2待合室には陽当たりのよい広く暖かいプレイコーナーがあります
 予防接種の後なども遊ばせながら待つことできます
 付き添いの方もソファーに腰掛けたりしてお子さんと一緒に遊んでいます
 壁には厚手のレンガ模様の壁紙を貼りました


院内でできる迅速検査
イメージ7
写真上:血液検査機器、 写真下:レントゲン装置
■ 血液検査
・血算とCRP(炎症反応)は数分でわかります 検査は指先からの微量血液でもできますので乳幼児でもほとんど負担がありません
・血糖値も簡易血糖測定器で30秒ほどでわかります
■ レントゲン検査
・小児ではいかに必要最低限の線量でぶれずに撮影するかがポイントです 高性能撮影機とデジタル現像装置を組合せ、年齢毎に最良の撮影条件を定めています
・付き添いの方や看護師などの被爆を防ぎ、安定した良い条件で撮影できるように乳幼児用抑制台を用いています
■ 皮膚プリックテスト
・アレルギーの簡易検査の1つとして「皮膚プリックテスト」を行っています
・年齢や内服している薬にもよりますが、1回の検査で14種類までのアレルゲンのチェックができます 判定に要する時間はおよそ20分です
■ ほかに「アデノウイルス」「インフルエンザ」「マイコプラズマ」の迅速検査も行っています


保険外の料金は?
イメージ8
■ 予防接種は公費(無料)でできる期間になるべく早く受けてください ■ 当クリニックで診療した方の「登園・登校許可書」は無料です
 


スタッフ全員集合!
イメージ9
■ 看護師さん
 4名の看護師さんみんなこどもが大好きです
 痛いことをするのは実はあまり好きではありません 
■ 事務さん
 2名の事務さんもこどもが大好きです
 忙しくてもいつもニコニコ!
■ 事務長/看護師
 本当は看護師の仕事の方がずっと好きです
 院長の奥さんです
■ 院長
 「いつも自分のこどもを診るように・・・」がモットーです


どこにありますか?
イメージ10
■住所
〒001-0905 札幌市北区新琴似5条2丁目1-9(Sタウン北西角)
■電話 011-766-2206
■FAX 011-766-2208
■交 通
中央バス(麻06)「新琴似6条2丁目」バス停すぐ前
JRバス(北46)「新琴似6条1丁目」バス停徒歩数分
地下鉄南北線「麻生駅」徒歩10分(中央バス 麻06 に乗換可能)
JR学園都市線「新琴似駅」徒歩8分
■専用駐車場 クリニック北西側に8台


MailBox nobiru05@xj9.so-net.ne.jp MailBox トップへ