2003年1月 乾物万歳




2月15日 昼



神様、もう三こすりだけ。







2月15日 朝

女子アナルンペンにさされる。

バーバパパのパウダービーズクッションを抱いて寝ます。

−−−

おい、近所のカレー屋。聞け。
何個でもお食べくださいってふかしたジャガイモを出してくれるのはいいがなぁ。

皮を剥けよ。

そもそもジャガイモの皮は、剥かなくても食べられるのか、剥かなくては食べられないのかそのボーダーライン上にあるだろうが。

皮を剥けよ。

皮を剥かずに食ったけど青臭いんだよ。

いいから皮を剥け。

熱いのは分かるから皮を剥け。なんかぴゅって剥けるんだろ。水に手を突っ込みながら剥けよ。

皮を剥けよ。

もう剥いても許さん。ハリウッドスターの手形が並んでるところがあるだろう。あそこのダニー・デビートの手形のとなりにお前の両手をコンクリートで埋めてやる。

ずーっとダニーデビートの手形の隣でカエルポーズしてろ。何がブロコビッチと聞くとウンコを思い出すだ。カレー屋の言うセリフか!それは!



2月13日 夜

なげわスナックが好きで何が悪い。

−−−

本日は2回ありました。

2回コンビニに行って2回ありました。

何が2回あったかといいますと、店員からおつりを受け取るとき、店員はおつりをつかんだ手を私の手のひらの上で開くでしょう。そのとき、手が近いと、店員の爪先が私の手のひらをなぞるようにススッと触れるのです。

これが2回あったわけです。いずれも若い女性店員ですから、喜びもひとしおです。

私はこの瞬間が大好きです。ヒョヒョッとくすぐったい感触。ちょっと、そんなコミュニケーションあっていいんですか。あなたは私を刺激していますよ。そんな気持ち。たぶんそのときの私の顔は小柳ゆきからソウルフルさを抜いた感じの顔であろう、と思います。

この「手コミュニケーション」をとるためにはいくつかの工夫がいります。

レシートが出てくると、レシートに乗せておつりを渡されるのでまずいです。これを阻止するために早めにおつりを乞う手を差し出します。また、差し出した手は全体的に平べったく広げます。手を緩く結んでいると、爪先の感覚を堪能できません。
また、店員の手に自分の手を近づけてしまいたい気持ちになりますが、怪しまれるのでそこは我慢です。

これでOKです。こうすることによって私は、一瞬の快楽と共に女性への免疫をつけてるんですよ。皆さん。



2月12日 夜

すみません。さっきのはあまりにもあれだったので流します。

−−−

1月23日のコラムで、ロウバイ園の話をしたが、先日教育テレビを見ていたら「ロウバイの楽しみ方」、という番組があった。「ロウバイ博士」と呼ばれる初老の男性が淡々とした口調でロウバイの楽しみ方を我々に語りかける。


・ロウバイの魅力は香りである。
→やはり、狼狽の果てにおならをするのが一番である。


・世界には様々なロウバイが存在する
→スロヴァキア人は狼狽した時の足のゆらつきの速度が5倍である。


・ロウバイの組み合わせを楽しむ
→自分は、もはや「限界LOVERS」になれないことを知って狼狽。しかし、そもそも限界LOVERSとは何なのか分からずにさらに狼狽する。これがいい。


さらには「鉢植えで楽しむロウバイもよいものです」とのこと。私の想像を軽やかに越えてしまっている。あっけにとられたまま番組は「華やかなロウバイの世界を堪能してください」とのアナウンサーの言葉で終了した。



2月12日 夕方

飛行機に乗ると入り口で飴をもらえることがあります。

あれを、飛行機を降りてから電車の中などで口に含むと得した気になります。

−−−

というわけで、先ほど遠出から帰ってきました。
出先でソバやハンバーグなどを食べ過ぎたのでダイエットしなければなぁ、と思っています。

で、飛行機に乗っているとき、いくつかダイエットのアイデアを考えていました。その中でこれは使える、というアイデアがありました。その名も「トラウマダイエット」です。私と同様にダイエットをしたい、という強い心を持った方のみ自己責任にて下を反転して読んでください。


クッキーアンドクリームのアイスクリームがありますよね。
以前、常温で普通のバニラアイスクリームを放置していたら、なんかいつの間にかクッキーアンドクリームになっていたんです。なんか、白地に黒のマダラ模様。よく見たらバシバシと力強く生えた黒いカビでした。

それから、ごはん粒って蛆虫にそっくりですよね。以前、残飯置き場にてごはん粒が散乱しているなぁ、と思ったら全て蛆虫だったことがあります。うどんやスパゲティーの麺を2mmくらいでプチっと切ってもかなり似ています。すごくつやつやした活きのいい蛆虫です。もしかしたらあなたの膳にも一匹くらい混ざっているかもしれませんし、全て蛆虫かもしれません。


これで主食とデザートはあまりおいしく食べられなくなりました。他にもいろいろありますので、一緒にトラウマダイエットをしたい方がいらっしゃったらトラウマを共有しましょう。

−−−

新米パパ様(復活を気長に待っております)より表示が崩れるとの指摘をいただきましたので、レイアウトをシンプルにしてみました。企画等はその他に格納いたしました。



2月10日 昼

こんにちは。私、現在人口15万人程度のとある地方都市に滞在しております。そばがうまかったです。これ以上は特に特筆する出来事も無いのですが、丸頭の収集が順調に進んでいるのが嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋では冷やし中華をにはマヨネーズをつけるらしいです。また、スパゲティーもあんかけにウィンナーやらハンバーグやらが乗るという非常にデストロイヤーな内容らしいです。さらにはおでんを買ったあと「お味噌はお付けしますか」と聞かれるそうです。
名古屋に全く縁のなかった私はもはや、腰をヘナヘナと動かして中山エミリに求愛するしかありませんでした。なんて文化だ!
そして、私はさる情報筋からさらなる名古屋仰天情報を得ました。

名古屋の暮らし安心クラシアンの人はトイレのつまりを修理した後、こう言うらしいのです。

「お味噌はお付けしますか?」

ハイ、というと特大のものを便器にプレゼントしてくれるとか。

・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、名古屋とは全く関係の無いとある地方都市の暮らし情報館より四万十川でした。



2月8日 朝

おはようございます。

えっと、実は本日より数日某所に出かけなければならないのでこちらの更新はストップします。
yapeusの方になにかとアップしますのでガンガンやってきてください。夜は重いですけど。

こちら。

本ページはおそらく月曜には更新されるかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近はモーニング娘。もそろそろねぇ、というところで新しいアイドルの出現を待ちわびている、というのが皆さんの本音かと思われます。各社様々な新たなアイドルの形を考えようと躍起になっています。

ところでグラビアアイドルっていますよね。
あれってグラビア印刷で印刷されたところに載っているからグラビアアイドルだと思うんです。

OK。今思いついたよ。いろんなアイドルの形を。そう。印刷の種類から攻めるのです。その印刷の種類でしか登場しないアイドル。印刷種限定アイドル。

活版アイドル
→なんとなく伝統的な感じ。尊敬する人の欄には必ずグーテンベルグを。リスペクト。

スクリーンアイドル
→スクリーン印刷で印刷されただけだが、なんとなくすごそうな感じ。

凸版アイドル
→勃起しそう。

凹版アイドル
→乳がない。



「凸版アイドルの吉田よし子です。」

言葉の迫力だけはあるんだが。すまん。



2月7日 夜

えー。生理用品のCMで生理用品に青い水をたらすでしょう。
その青い水を注ぐ筒があるでしょう。あれは人間で言えば膣にあたりますね。こんばんは。

朝はご本人の承諾も得ずにメールを掲載してしまったのですが、よかったのでしょうか。
ごめんなさい。興奮していました。靴を舐めますから許してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、先日設置させていただいた冷えチャットですが、皆様(とはいっても個々人ですが)にご好評いただいているようでうれしいです。私も嬉しいのでいろいろな仕掛けをしております。

入室すると「○○さんがリップクリームを舐めました」と非常に屈辱的なメッセージが流れます。
退室すると「○○さんがロマン汁を出しました」とさらに屈辱的なメッセージが流れます。(なお、このメッセージは退出した本人には見えないのでさらにタチが悪いかと思われます。)

誰もいないと、「ミネラルウォーター100%の風呂に入りたい!」という切実なメッセージが表示されます。

様々な人が訪れてくださいました。

会話をしようとしたら無視された方。
一人歌った方。
リップクリームなど舐めてない!と否定する方。

全部観察していました。私はあなた方を見ていて不思議な感覚を覚えました。なんて言うんでしょうか。帰属意識というか。テレビに出ている勝村政信を観るときの感覚というか。とにかく幸せに近い感覚を得ていることは確かです。ありがとうございます。



2月7日 朝

昨日は一人宴会を催しました。ビールとチューハイをがぶがぶ飲んでいたらいつの間にか寝ていました。朝起きたらとても喉が渇いていたのですが、大きな倦怠感にさいなまれ立つことが出来ない。

仕方ないから残ったチューハイを飲み干しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の件でメールをいただきました!

はじめまして。早速本題を。
∞+1は∞です。
∞+∞は∞です。
で、0.9999999ゥゥが∞に続くという意味ではないんです。ほぼ無限大と考えていいくらいいっぱいという風に考えてください。


トモノリさん、ありがとうございます。本当にありがとうございます。0.99999ゥゥゥゥってジョジョっぽくてありがとうございます。

そうかー。やっぱり∞+∞は∞かぁ。それにしても、ほぼ無限大と考えていいくらいいっぱい、ってどういうことでしょうか。つまり、この桁数は決して∞個あるわけではないと。でも極限だよと。そういうことですか。あれー。例えば少数以下の桁数って、10の−何乗とかであらわせますよね。0.9999999ゥゥゥゥは、1 - 1の-∞乗とかじゃあらわせないんですかィィィィィィ?あれ?そういうのとは違うか。ぐえー。

私、根っからの文系人間ですから。本も読んだことのない知識も知能もない文系です。でも諦めの早さと忘却の早さは人より自信があります。ええ。諦めます。今回は皆さんを巻き込んで憤死しそうになって申し訳ありませんでした。

メールくださったトモノリさん。ありがとうございます。お礼に、チャットでボブ州知事の真似をします。




2月6日 夜

おまえのねえちゃん、甲殻類の臭いがするな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの、今日は何も面白くはないんですが、聞きたいことがあるんです。



最近よく見かける以下の問題です。

x=0.999999・・・・・・・・・・・・・・・・

10x=9.999999999999999・・・・・・・・・・・・・・・

10x-x=9.999999999・・・・・・・・・・ - 0.9999999999・・・・・・・・・

9x=9

x=1

∴0.99999・・・・・・・・・=1

ってのがあるんです。さあ、本当か?っていう話なんです。一応私は以下のように答えを出してみたんですよね。(やったことがない方のために白字で書いてみます。こうじゃないか、と思った方は反転してください。)

x=0.9999999・・・・・・・・9
10x=9.9999999・・・・・・・・90

10x-x=9.99999・・・・90 − 0.999999999・・・9
9x=8.99999・・・・・・・・・・・1

∴x≠1

へえへえ、そんなトリックですか。ヘヘーン。と思っていたので、昨日友人(文系)と話してこんなんなんだがどう?と聞いてみたところ、

「そもそも、0.999・・・てのは、無限大の桁数あるあるんだろ。その無限大の桁数が1個増えるってどういうことよ」

との回答をいただきました。確かに。無限大ってあくまで無限大なんだから、無限大が1増えても無限大なのでは。無限大に対して四則演算ができるものかどうか。そこが分からないことにはこの問題って解けないのでは?うーんうーん、と資料もなく1時間くらい悩んでいました。

そういうわけでここを読んでいる理系の方に聞きたいのですが、

∞+1=∞なのか。
ついでに∞+∞=2∞なのか。

まあ、そんな感じのことを聞きたいのです。無知な私にだれか教えてください。教えてくださらないと憤死します。教えてくださったら、パックン・フラワーのまねをして差し上げます。チャットで。



2月5日 夜

本日、夕方、テレビをつけたままパソコンで作業をしていたら、突如こんなセリフが聞こえてきました。

「次はぶっかけ農夫です」

私はすごい勢いで振り返りました。それはもう。たぶんこの速度のエネルギーでオレオも真っ白になろうかという塩梅です。

次の画面では淡々と「文化芸能部」が中島らも逮捕のニュースを伝えていました。

「ぶっかけ農夫」

くやしいから中島らもの顔をみながらつぶやいてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「中島らも」はこの際だから「中島とか」や、「中島のみ」や、「中島誤」に改名するのはどうだろうか。

「中島とか逮捕」

「中島のみ逮捕」

「中島誤逮捕」

最後のなんて、報道を捻じ曲げかねない勢いがある。



2月4日 夜

こんばんは。彼女の香りだとか、やわらかさだとか、恨みだとか、夕闇の中引いたコンダラの重さだとか、モホロビチッチ不連続面だとかは忘れないものですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えー、バイト先で引越しがあって、2階から5階に移りました。周囲の環境が非常に変わったのですが、特に男性トイレに大きな変化がありました。



チャーム設置。

チャームってなんだろう。今のバイト先に来るまでウォシュレットとは無縁の生活を送ってきたのですが、このチャームという言葉はかなり一般的なんでしょうか。

私が予測するには、たぶんウォシュレットだし、魅惑的なんだろう。女性専用ということは、女性だけに魅惑的なんでしょうなぁ。

そこまで思いを馳せて私は興奮するわけです。よく分からないけどこのボタンを押せば魅了される。でもそれは女性だけ。なんだろう。一体何が起こるんだろう。

・無骨な手が陰部を愛撫(韻をふんでいます)

・きゅうりがぬっと出てくる

・バナナがぬっと出てくる

・なすがずずっと出てくる

だめだだめだだめだ!何だその貧困な発想力は!なんだ、その乱一世のようなスラックスは!おい、お前だ。おい、俺だ!はい。
なんなんだ、その毛穴全部に綿棒をさしたような顔は!お前だよ。おい、俺だ。ええ。

というわけで女性が何に魅惑されるのかを知らない私ですが、例えばここで女性専用チャームボタンを押せば、私はまたひとつ、女性に関して詳しくなれるわけです。すごい。そのために男性専用トイレに女性専用のチャーム設置。

すばらしいバイト先だと思いました。




2月4日 夜

先日、私の所属するゼミの人が朱肉のことを「たれ」と言いました。

「たれ」

私が復唱すると、その人はすごい目で私の顔を見ました。たぶん舌打ちしていました。

なお、私は朱肉のことをポンカンと言ってしまったことがあります。
印鑑と、ポンと押す仕草が混ざってポンカン。

これでおあいこということで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えー、当ページにもついにチャットというものを設置させていただきました。

とは言いましても、私は絶対に参加しません。監視するだけです。

誰かが誰かと会話をしている。あるいは、誰かが入室する。誰もいない。退出する。その様子を観察させていただきます。

私はこのホームページに文章を書くという一方通行な行為をやっています。また、メールや掲示板で双方向といえる交流を行っております。しかし、コミュニケーションのあり方とはそれだけか?そういう問いかけをしてみたところ、まだまだあるのではないか、という結論に達しました。

そのひとつの方法がこのチャットです。ここで皆様はどなたかと楽しく会話をします。私はそれを見ます。常に見守っています。みなさんはそれをひしひしと感じながら会話してください。バーバル(言語)でもなく、ノンバーバル(非言語)でもない。存在としてのコミュニケーション。完全なる第3者としてのコミュニケーション。そういう形です。

ではそういうわけですので、ご自由にお使いください。夜11時くらいにどうですか?



2月3日 昼

分かっていただけることは期待していないのですが、山川恵里佳とコーリン鉛筆のマークは似ていると常々思っています。

  

ほら。




あれ?



2月2日 昼

ここ最近はマイナスイオンにずっぷり浸かった生活というテーマで、硬直しながら弛緩したコラムを書いてきたんですが、違いに気付かれた方はいらっしゃったでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お昼のテレビを見ていたら美保純が出ていました。やっぱりあれなんですね。この方を呼ぶとき。

「みさん」(太字部分がアクセント)なんですね。「つんさん」みたいです。

美保が名前だったら「ほさん」、苗字だったら「みさん」。つんくは昔は「んくさん」だったけど、今は「つんさん」。

そうか。つんくは苗字になったのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで私が最近気に入っている言葉に「マジありえないんだけど」というのがあります。

よくギャルが言います。びっくりしたとき、怒ったとき、信じられないときなどに使われるのかなぁ、と感じているのですけれども。

この言葉、良くないですか?

例えば、友人に彼氏を寝取られた。それを知ったA子は「マジありえないんだけど」

こういう状況に陥ったら、我々の世代だったら怒るなり諦めるなりするし、「あってはならないことだ」と思う。あるいはどうしてこうなったのか理解しようと努めます。

で、彼女らは「マジありえないんだけど」。この言葉って、どうもそういった道徳だとか、自分はそれを許せないだとか、あるいは理解しようだとか、そういった思いが希薄になっていませんか?単に可能性的なものを訴えているだけです。それがしっくりきている彼女らは、知覚している社会に過度に受動的になっているように感じますし、新規な刺激を取り込むことを拒否しているような気がします。。

ただ、それは別に道徳とかを自ら放棄したとかそういうものではなく、様々な価値観が崩壊した現在、そのような表現に頼るのは仕方ないのではないか、と思います。彼女らは自分の中に確立されたものが出来上がるのを待っているのではないか。しかし、その思考は停止している。

そのことによって「ありえないんだけど」は、他人にネガティブなメッセージを送るのに非常にやわらかくも痴れた表現になっているんです。そこがとても心地良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、本日のコラムは入試シーズンということで、「大学入試の小論文でみられがちなダメなテーマ」です。

当ページは著作権フリーですので、入試等でご自由に使ってください。特に「様々な価値観が崩壊した現在」というところは鉛筆を何度も重ねて太字にして余すことなく書いてください。よりダメっぽく見えます。

なお、上記のことは私は全くそうとは思っておりませんので。



2月1日 夜

あなたにとってのオリーブ少女、まとめました。一日かかりました。オリーブ少女の教祖となれるなら、この程度の労は厭いません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日行った定食屋。



大きなテーブルの真ん中をつい立が仕切っていました。確かに向かいの人の顔が見えると食事もしにくいだろうからその存在はありがたい。

しかし、この写真のように下に隙間があるのはどうでしょう。確かにこれによってつい立の圧迫感は幾分緩和されます。でも、この微妙な隙間は向かい側の人の皿と手が十分見えるだけのものというのが厄介なのです。

向かいの人の顔は見えません。それはいいんですが、何から食べて、醤油をどれだけかけて、何を残しているのかがありありと分かるのです。あ、味噌汁先に全部飲んでる!

このような中途半端な情報は少し戸惑います。人となりがわかってこそ何をしているか、その情報にやっと価値を見出すことができるのです。あ、指にからしが付いた。手と皿だけでは主語が欠如した動詞の情報しか出てこない。分かっていますよ。あ、小鉢の中身をごはんに乗せてる。見なければいいなんてこと。あ、ふりかけこぼした。






感想等ございますれば
お返事必ず致します.

お名前

メールアドレス

メッセージ