2002年腐臭の旅



11月14日 夜

新ホームページ名に関して皆様からの投稿、投票をいただいています。皆様ありがとうございます。
今回こんなこををやったのは私のページをどんな人が読んでいるのか、どんな考えをしているのか、それを知りたかったからであります。投稿、投票も明日が締め切り。

とはいってもはじめから考えていたのですが、投稿の結果で全てきまるわけではないのです。結局は私が好きなものを採用するんです。こんな非常に卑怯な人間です。すみません。本当にごめんなさい。首をくくるから許してください。

というわけで全てのホームページ名案に関して私の感想をどんどんのべて生きたいと思いますので、ぜひ最後の一日、投票の参考にしてください。いや、投票したからといって採用されるわけではないんですけど。ごめんなさい。死にます。

・(株)
んーと、人をだまくらかす会社というわけでね。でも皆様のおかげでなりたっていますト。ナイス。

・冷え汁
私はちょっと感銘を受けました。すごく切ないし、すごくどうでもいい。

・四万十川むけちゃいました
24歳、脱包茎!ありがとうございます。

・なあ〜んちゃってカクカク
日記の締めの言葉でかなり使えそうです。相原コージの漫画のようなふざけた腰の動きが明瞭にと思い浮かびます。
例)いやー、世界平和最高!なあ〜んちゃってカクカク

・のこり汁(自分案)
こうしてみていると自分の考えたものはあまりにもどうということないですね。

・フルスイングでいこうぜ!(でも追いこまれたら当てにいけ!)
豪快かつダメな感じですな。

・使用済み
これは切なくも取り返しのつかない感じがします。

・四万十川らしいね
まあ、清流四万十川ですからね。らしいよね。

・WEB残尿感
わたしゃ常に残尿感を感じています。コラムも残尿感あふれているよなぁ。
圧倒的に私のページの特徴を捉えたものではないだろうか。WEBがつくのもすげぇ。

・WEBうま煮
これ、私も考えましたよ。バリヤバイ。

・``(´ε`;)´´ふ〜ん
( ´_ゝ`)フーンでないところがオリジナリティか。

・いのちだいじに
AIがね。

・いろいろやろうぜ
AIがね。

・うま汁
うま汁ってあるのか?ごぼうとか入ってそうだ。

・おい・ブルドッグ
すげえすげえすげえパチモンだ。批評サイトになってしまおうか。愛クララっていうHNで。

・じゅもんつかうな
AIが。

・ただのり
ダダ漏れっぽくていい。

・ふう〜やれやれダゼ!
なんか疲れているっぽいけど、語尾が「ダゼ!」なところがパワフルです。

・みんながんばれ
AIが。にしても適当な作戦だなぁ。んなこといわれてもみんな困るよネ。

・カチコミ
ガチンコとタメをはる感じ。

・ガンガンいこうぜ
AIがね。

・クローンせんべい
うーむ。これはナイス。だからどうなんだよ、という感じが。むしろポタポタ焼いているおばあちゃんがクローンだとか。どうもクローン人間って聞くと動きがロボットっぽい人を思い浮かべてしまうんだよなぁ(間違っています)

・ナンカシランケド
確かに私のページはその風味にあふれていますなぁ。

・ロマンス汁
私は「汁」という言葉によわいんだろうか。ことごとく魅力的に見える。
ロマン汁だったらガマン汁みたいでかなりいい。

・倶楽部トロピカーナ
うわー、ハワイっぽい。やっぱりハワイにも鬱の人はいるのだろうか。いるよなぁ。フラダンス踊りながら死にたいと思っている人とか。そういう人は、むしろ普通に死にたいと思っている人より親近感を感じる。

・四万十川キング
いやー、なんていうか。川の主って感じでしょうか。オオナマズ?オオサンショウウオ?「王」と「大」をかけてますが、なんかダメな感じです。

・死ぬかとおもって
頼んでいるわけですか。土下座して彼女に
「ねぇ!ねぇ!死ぬかと思って!」
「いやです」

・心の合併症
うーむ。重たい。当ページは「下ネタ好き+鬱」か。ひえー。

・生きがい/溜めがい(自分案)
我ながら意味が分からん。

・藻
うん、生えてる。

・続・なまえはなににしようか
もう考えたくないよ。

・土手キング(自分案)
ドテキング。ウルトラマンにでてきそうでしょう。

・冬だけ便座カバー
うわー!当たり前だ!うわー。

・当たり逃げ屋
うーんと、人を轢いて逃げるのはひき逃げだし、えーと、誰かにぶつかって逃げるだけかな?

・動いたら負け
あー、無理。モゾモゾしちゃう。

・乳毛の競り合い(お前には負けん!)
あいにく私に生えているのは一本なんですわなぁ。あ、そういう問題ではないですか。
というか、乳毛同士に競争されると、とんでもない長さになりそうな気がします。

・冷えた味噌汁
冷え汁の前案ですね。冷えたのってうまいよなぁ。絶対。



というわけで、私もしばらく考えます。うーん、悩む。



11月13日 夜

ふと気付いたこと。

我々は家でシチューとカレーを一緒に食べたことがない。大体鍋は同じものを使うし、具もかぶっているから同時につくる家庭なんて少ないだろう。

でも、シチューをすすりながらカレーをパクパク。なんかこう、改めて書くとすごくいい。食のオールスターといった風情。カレーとシチューだけじゃん、と思うことなかれ。じゃがいもやにんじんやタマネギや、なにより肉が入っているじゃないか。そんな君たち、2色のルーにまみれてるよ!すごい!

でも同時に食べることなんてないよなー、とか思っていたら学食で合計430円で食べられることが発覚した。

いざ出来るとなると食べたくない。





11月12日 夜

タモリがテレビガイドのCMで例のでたらめ外国語を使用していたけど、私が一番好きな韓国と北朝鮮の比較をしてくれていない。今こそやってみるべきだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

3週間前、バイト先でトイレに大の方をしに行くとそこで歯磨きをしているおじ様がいた。あら、申し訳ないわ。などと思いつつも個室へ入った。翌週再度トイレにいったら再遭遇、あー、またかー、偶然が続くなぁなどと思いつつ個室へ入った。
しかし、本日また会った。3度目ともなると気まずさは爆発してくる。またかよ、という目で見られるのだ。気持ちは分かる。自分が口を洗っている数メートル先で汚いものを放出されたら誰でも良い気はしない。とはいえ、ここで自分が出て行くのも男がすたるし、余計気まずい。便意は詮方なし。軽く会釈しながら堂々と個室に入る。うむ。
と、便座に座りつつなぜだろう、こんなに会うのは、と思いをはせてみて分かった。そういえば最近は毎週3時にそのトイレに行っている。そうか、私は3時に大の方をしに、その人は3時に歯磨きをしに来るわけだ。ああ、バイトとかで毎日きちんとした時間に食事をとるようになったしなぁ。小の方はともかく大の方は、規則正しい生活をしていたら出す時間というのは固定されてくるからなぁ。

思えば小学生のころはちょうど終わりの会の後、家に帰っている途中(しかも家まで半分ぐらいの距離)で、毎日のように猛烈な便意に襲われていた。草むらに駆け込んだ日もあったなぁ。青くて茶色い思い出だよなぁ。ふむふむ、現在の自分は小学生の時期と同じくらい規則正しい生活に戻っているのだな。

そんなことを思いながらトイレを済ませたわけだが。出たらまだその人は歯磨きをしていた。
とてつもない居心地の悪さを感じつつも手を洗わないやつだと思われるほうが致命的なので仕方なく洗いながらチラリとその人の顔を見た。
目が合った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来週からどうしよう。数分ずらせばいいんだろうけど、向こうもこのことに気付いたかもしれない。ずらした時間に会ったら余計気まずい。

こんな確率的に低いことを考えているうちにバイトが終わった。



11月11日 夜

友人とどんな死に方がいやか、という話をしていて思いついたのですが。


人を駅のホーム仰向けに寝かせる

線路のホームの端から頭ひとつだけひょっこりと出させる。

固定する

電車が来る方向に顔を向かせる

電車が来る

首だけ吹っ飛ぶ

という過程。ダイナミックでいいかなぁ、と思ったのですが、人を殺したい人はいかがか。但し、当ページはこれを実行した場合の責任はもちません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

新ホームページ名、様々な投稿をいただきました!
そこで、さっそく投票を行っていきたいと思います。あと25個くらいは新しく付け足せますので、メールはちょっと・・・という方も一人一件までどうぞ。尚、連続投票はごめんあそばせ。

こちら!



11月11日 朝

明け方に24時間営業の蕎麦屋に行ったら、店員が女性一人でした。
明け方に一人お湯にそばをぶっこんだり、汁を注ぎいれたり、ねぎをトングでわしづかみにしたり。

ちょっとエロいなー、と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は帰りに中央線の中野駅というところで降り、行きつけのラーメン屋(つけ麺屋)に行きました。
私はこの店が大好きです。淡いスープ、ボソボソのチャーシュー、のびのびの麺。取り立ててうまい、と言うわけでもないし、誰にも分からない味かもしれないが、俺は病みつき、とかそういうわけでもない。

ただ、そんな味と、寂れた店内の雰囲気と、客層があいまってやや異様な雰囲気を醸し出しているところが最高に魅力的です。

とても狭い厨房に因果な顔ぶれの5人が、ぎゅうぎゅうになって立ち尽くしている。一番年上っぽいおじいさんは少年を教育しようとしているが、その少年は決して目を合わせようとしない。おじいさんは仕方なく皿を洗う。若手の二人はそんなおじいさんを横目で見つつ黙々と麺を茹で、チャーシューを切る。紅一点の中国人女性は言葉が通じない。

そんな光景をカウンターごしに50cmくらいの距離で見せられるのだから、臨場感といったらこの上ない。

「醤油の一斗缶はお湯で洗うんだよ。お湯だと早いんだよ」

おじいさんにそう言われ、無言で流しでお湯を入れる少年。

「熱いからね!熱いから!入れすぎると持つところがなくなるよ!」

おじいさんにそう言われ、無言で蛇口を閉め、狭い厨房で一斗缶を振る、振る。

「気をつけて!」

そういうとおじいさんは皿洗いを始める。少年は振り終えるとザバーと1斗缶の中のお湯を捨てる。そんな様子に見向きもしない若手からトリガラの臭みが出ているけど淡いスープを差し出される私。もう、この過程だけで満足なのです。

どうということのない味の(まあまあおいしいですよ。なんたってつけ麺を考案したのはこの店です)つけそばを、厨房内に目を向けつつモリモリと食べ終えて、店を出ようとすると見たような顔の中年男性二人とすれ違う。うーん、うーん、と思い出そうにも思い出せない。もう一度振り返りマジマジと見たら、ああ、この人たちは「上島竜兵」と「ノッチ」ではないか。

「ぼくは辛子ネギつけそばで」
「おっ、通だね」

そんな会話。黒いしみだらけの顔。くたびれた大学院生の私は普段より数倍満足して店を出たのです。




11月10日 深夜

すきっ歯の人を近くで見るとガイコツを髣髴とさせるのは何故だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・

学会で疲れているので少しだけ。

学会は東京都国立市(くにたちし)であったので、ちょっとウロウロしてみました。
まあ、歩いているとあるわあるわ。国立眼鏡店、国立音楽教室など、国立と頭についた店。どうしても「こくりつ」って読んじゃいますわ。こう読むと、どこもかしこも由緒ありそうです。

だから国立市にある店は全部頭に国立とつけてしまえばいい。何も嘘はついていないわけだし。


・国立養老の滝
・国立ラーメン博物館
・国立学生ローン
・国立揉みどころ抜きどころ

素敵ですわね。



11月8日 深夜

久しぶりにタモリ倶楽部を見ています。
今日特集されてたけど、「刑務所の中」は最高に面白い漫画ですよね。映画もよさそうです。
むしろ冗長、とでもいえるような映画は好物です。

・・・・・・・・・・・・・・・

以前プチ日記でも書かれていたことなんですが、人が帰るときに言われる「お疲れ様です」ってどうなんだろう。

特に疲れを認識することが少ない私としては、いちいち「私は疲れていません」と反論するのもバカらしいです。かといって言われているとなんだか本当に疲れたような気になります。勝手に自分が疲れていると決められるのもムカムカします。

そもそも疲れてるんですね、なんて人に言われて何がうれしいのかと。

しかも最初はたぶん先に帰る人に対して使われていたと思うのだけど、最近はだんだん用途がグダグダになってきて自分が先に帰るときにも「お疲れ様です」なんて言うやつが出てきてます。自分は先に帰るのに、残る人に対して「疲れたでしょう」、なんてそれはむしろ嫌味です。

だから私は「お疲れ様です」、なんて人のことを考えていないような物の言い方は極力避けたいのです。というわけで・・・

自分が帰るときは「お先に失礼します」が無難でしょう。「お疲れさまです」と言う用意をしている人たちの手間を省くために自ら「疲れました」と言って去るのもいいでしょう。基本に立ち返って「さようなら」でも良いかと思います。

まあ、ここまでは問題なくやり過ごせるのですが、誰かが帰るときはちょっと思案のしどころです。誰かが「お先に失礼します」と言い、帰ろうとした場合。返答としては、「さようなら」も不自然だし、「それでは」なんてなげやりな感じがする。「失礼なんかじゃないです!」とか、すごく感慨深げに「今日も終わりましたね・・・」とか言えばいいんでしょうか。ダメだ。あー。

そういうわけで周りの人が「お疲れ様です」とか言っているのにまぎれて私は途方に暮れて何も言いません。でも、私は誰よりもあなたたちのことを考えているのですよ、とは声を大にして言いたい。




11月7日 夜

昨日は同級生との飲み会で更新できませんでした。
今、リンクがひとつ増えていることに気付きました。よくよく思い出したら、泊まりにきた友人のホームページをリンクに無理やり入れていたような覚えがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・




近所の「ラーメン大統領」の看板。
2玉まで麺の替玉無料食べ放題である。

2玉まで麺の替玉無料食べ放題。

ハッと見て一瞬で違和感を感じたが、その違和感が何であるか、しばらく分からなかった。しかし今なら言える。声を大にして言える。

お前、それは食べ放題じゃないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・

これを許してしまったら我々の生活は大いに放題だらけである。

・ラーメン一杯まで食べ放題!
・ハリーポッター一話見放題!
・一回だけセックスし放題
・50mだけ泳ぎ放題

当ページも一日一回まで更新し放題であります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだホームページ名募集しています!しかし、恐ろしいまでのつぶぞろい。投稿してくださったのべ5人の方。私はあなた達のような人に読んでいただけてとてもうれしい。近いうち選考会をしますぞ。







11月6日 朝

ロケットおっぱいというのがあるそうですね。まあ、なんか飛ぶんでしょうか。

で、私としてはそんなことよりも、大きさをパッドでだまくらかしている女性というのがいまいち好きになれないのです。そこでそういう女性のために名前を考案してみました。

ソケットおっぱい

まあ、へこんだりしててですね。好きな大きさのパッドをパイルダーオンと。

・・・・・・・・・・・

最近、自分が時代から乖離していく音がメリメリとします。



11月5日 夜

友人Oに貸していたCDを数枚一括して返してもらったのだが、確認したらその中にTOPGUNのサントラが入っていた。

「え、借りてなかったっけ?」

貸していません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

私、「検索でこられた方のためのページ」というコーナーをやっています。アクセス解析で得られた検索ワードにコメントしていくというコーナーです。最初は順風満帆で始まったのですが、最近は突飛な検索ワードもなくなって、停滞気味でした。

しかし本日、何気なくアクセス解析を見たところすばらしい検索ワードで来ている人がいて失禁しそうになりました。それは以下のものです。

「アナル アブトロニック」

アナル。

アブトロニック。

一体どういう組み合わせですか、あなた。何を求めているのですか、あなた。揶揄するのではないのです。純粋に知りたいんです。どうやって使うんですか。アナには入りませんし。尻周りに装着してもバンドが邪魔で仕方ないと思います。まあ、ブルブルはするかもしれませんが。あー、ブルブルかー。まわりが動くのでなく自分が動くわけですか。性のコペルニクス的転換ではあるかもしれません。あー。

納得しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日のホームページ名募集。お一人から回答をいただきました。
ikaさんありがとうございます。

でも、私はもうちょっといろんな意見がほしいんです。欲望には際限がないんです。
そこでまだ募集します。米がほしいかー。オー。本当にごめんなさい。

あ、まだアドレスがhttp://www10.u-page.so-net.ne.jp/zd6/sumida/でこちらのページを見ている方で投稿してくださる方がいらっしゃったら、お手数ですがこちらの新しいアドレスに移動して投稿してください。ごめんなさい。




11月4日 夜

昨日の日記は最終的には私が救いを求めるような形になってしまいました。すみません。

・・・・・・・・・・・・・・・

お詫びに今日は四万十川がなれなれしく皆様に語りかけます。

・・・・・・・・・・・・・・・

 フジテレビの「恋するM」という番組を見たんですよ。音楽にあわせてなんか誰かに向けての恋のメッセージがテロップで流れる番組なんですけどね。まあ、よくあるタイプなので流してみてたんですよ。そしたら途中こんなメッセージがあったんです。

Dear kieth from keiko
I love you, keith. But you'll leave Japan. I miss you.

 もうね。お前はこんな程度の言葉で何人かしらんけど外人とどういう付き合いをしてきたのかと。ね。私はそう思うわけですよ。冗談じゃない。ね。一人でフレンチカンカンでも踊っておけと。ね。有明海に埋められて来いと。ね。私はそういうことを言いたいんですよ。どうせね、お前の会話は向こうの話をしたり顔をして頷いてね、頑張ってひねり出した言葉がI think so.だったりしてね。うわ、ちょっとsoって、ぽい?ぽい?とか満足したりね、けしからんと。ダーツの的になれと。そう思うわけですよ。

 あとね、甘栗むいちゃいましたのシリーズの最新版は「逆大学いも つまんで食べてネ」らしいんですがね。
相変わらずなれなれしいと思いましたよ。ええ。でも「ちゃいました」、ってなんか舌を出しながらテヘっていう感じがなくなったところは評価に値すると。そう私は思うのですよ。

そうはいってもですね。「逆大学いも」です。意味が分からず何のことやらと思ってホームページを見たんですよ。そしたらなんか外にかかっているはずの蜜が芋の中に入っているらしいんです。はあ、それで逆ですかと。

もうね。お前はこんな、なまえにだけインパクトだけあって突っ込みどころのよく掴めない商品名をつけて何がしたいのかと、ね。逆っていう言葉のインパクトに引っかかってしまった自分が情けないと。そう思うわけですよ。冗談じゃない。ね。

 私は2週間前にこれを見つけて一生懸命ネタにしようと考えていたんですよ。ぜんぜん思いつかないわけですよ。ほんとにね。お前は洗濯物が風に飛ばされろと。腹をくだせと。そう思うわけですよ。

 ほおばると口の中で蜜がブジュルと飛び出すとか言ってね、だからどうしたと。普通の大学いもと違って手が汚れないとか言ってね、だからどうしたと。お前は自転車にひかれろと。コンビニを探したらデイリーヤマザキしかないと、仕方なくはいったけどせっかくヤマザキなんだからとパンを買うと、そんな状況に陥れと。そう思うのでございますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なれなれしいついでにお願いがあるのですが、私、サイト名を変更しようと思いまして。
そこで皆様、なにかよいアイデアがございましたら下のメールフォームからメールをいただければありがたいと思っているのでございます。サイト名に採用された暁には一升瓶に米を入れて一本贈ります。よろしくお願いします。


お礼といっては何ですが、投稿すると占いが表示されます。




11月3日

こたつを出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「神経症は君だけじゃない」、というのはなかなかに力づけられる言葉だ。
悩んでいるのは自分ひとりではない、と知ることは大事である(四万十川,2002)。仲間がいるだけで救われるということも多い。私が提唱しているおあいこ療法(9月20日のコラム参照)も根本的にはその考えに基づいたものである。(ちなみに次回の大日本心理学会大会で発表予定です)

病的レベルに至らないまでも様々なところで悩んでいる人が多い昨今。そういう人たちには共感、仲間意識というものがあると楽になることは多い。しかし対人関係の希薄化、メディアの多様化により共有体験も減少してきた。そう、現在誰にも「神経症は君だけじゃない」というような言葉が必要なのだ。

人間大好きな私は悩んでいる皆さんをほうっておくわけにはいきません。以上の仮説に基づき、私は人助けを断固行っていきます!

・雪見だいふくを食べるときに常温で一時間放置して中のアイスをドロドロにして食べるのは君だけじゃない!

・巨峰と聞いて艶かしいと思うのは君だけじゃない!

・生理用品のCMを見るたびに見てはいけないものを見たような気になってしまうのは君だけじゃない!

・クイズ日本人の常識を見て、「それ常識か?」と思ったことがあるのは君だけじゃない!

・マツダデミオのCMの最初で少年が言っているのは「スムスム」だと思っているのは君だけじゃない!

・照英をCMに使う企業はなにか勘違いしているのではないか、と思っているのは君だけじゃない!

・でもアサヒビールのキャラクターとしては適役だよな、と思っているのは君だけじゃない!

・彼女がいないのは君だけじゃない!

・女性とお話がしたくてしょうがないのは君だけじゃない!

・セックスまでとは言わないから!手をつなぐだけで!と思っているのは君だけじゃない!

・でもできれば添い寝まで!と思っているのは君だけじゃない!

・でもやっぱり最後まで、と思っているのは君だけじゃない!

・深田恭子は太っているというわけではない!

・あれは肉感的というのだ!

・おやすみなさい!



11月2日

こんばんは。昨日はゼミの飲み会で更新できませんでした。
飲みの場で、男性に「お前を抱いた夢を見た」、とカミングアウトされました。

こういうとき、どういう顔をしていいのか分からなかったので笑顔でいたのですが、あらぬ誤解を生んでいないかと今になって心配です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで中一日でなんですが、今日は下ネタです。上品な方は見ないで下さい。

友人と話していたら自分の我慢汁(カウパー)のにおいは漂白剤のにおいに似ている、という話になりました。私はそうは思いませんでしたので、一生懸命否定したのですが、彼はぜったいそうだ!と譲りません。違う!そうだ!違う!そうだ!と気の合う二人の会話は珍しく平行線をたどりました。

でも冷静になってみると、我慢汁のにおいが漂白剤のにおいであるということは間違いはないのではないか、と思いました。ただし彼のみ。

私は彼の我慢汁のにおいなど嗅いだこともないし、彼も私の我慢汁のにおいを嗅いだことがない。確かめようにも確かめたくもないし、確かめられる状況がやってくるというのはやや人の道を外れるということになる。うん、そうだ。お前は漂白剤でよし。俺は違う。みんなはどうか知らないし知りたくもない。

上の先輩の夢を聞いてややトラウマが残っている私は、過剰に逃げ回るのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと、男性の股間をイカくさいといいますが、あれを言い出したのは女性ではないかという仮説をここに提唱いたします。

まあ、確かに香りが似ているときはたまにあります。とはいっても私はその形容を言葉として聞いて初めて、あーそうかもね、と思いました。男性のみなさんもそうではないでしょうか。

男性にとってイカのにおいと自分の股間のにおい、どちらが近しく親しいかというと、絶対に自分の股間です。人間は身近なことであまり身近でないものを喩えることが自然です。ということは自然に考えると男性はイカの方を「股間くさい」と言うはずです。

しかし女性は、といえば、男性の股間よりもイカに接する機会の方が多いでしょう。普通は。そういうわけで女性が「イカみたいだねー」と言いだしたのが最初なのではないか、と私は思うのです。

どうですか。私のこの文化人類学的視点。







感想等ございますれば
お返事必ず致します.

お名前

メールアドレス

メッセージ