革細工加工方法

1.厚皮(1.5mm以上) ウエストポーチをモデル
2.薄皮(1.5mm以下) 立体加工ペンケースをモデル
3.薄皮加工基本手順 針・糸・千枚通しの準備、皮の標付け、裁断等。
ペンケースをモデル。

皮細工の手順ウエストポーチをモデルに書いた)
独学で始め趣味として続けている皮細工だが、此れから始めようと思ってる人や興味ある人の考になればと思い、自分流の手順を書いてみた。
  手   順    ポ   イ   ン    ト  着 眼 点
  1 構想を練る 何を入れるか・外観は・材料はあるか・裏は・道具は・縫えるか(針は通せるか) 最も時間が掛かる(掛ける)
  2 型紙を作る 工作用紙等を利用して原寸の図を書き、実物と同じ模型を作り、良かったら解体し型紙とするか、同じ物をもう一つ作って型紙とする 縫い代・角の処理を考慮
3 型紙に縫目を印す 型紙の縫い合う個所を正確に印しを付ける 縫い穴の数・間隔を合致さす
4 皮を裁断する 型紙を皮の裏面に乗せ鉛筆等で印しを付け、カッターで裁断する カッターは垂直に当てる
5 皮に縫い目穴を明ける 手縫い用「ひし目打」で型紙の上から皮に印しを付け、型紙を外して皮に穴を明ける ひし目は垂直に当てる
6 縫い目に沿って皮を凹ます 糸の太さの半分位、沈む様に「へら」等で凹ます 好みによってこの手順は不要
7 「こば剤」で皮の端面を仕上げる 好みの色が専用塗布容器に入って市販されている 経験から綿棒で塗るのが効果的
8 曲がり等型をつけたい場合は部分硬化さす 硬化剤はソフト・ハードが市販されており、塗布は表面に浸透させないように 好みによってこの手順は不要
9 皮の裏面を整える 裏材を張る場合は接着剤で、張らない場合は裏面仕上剤で整える 仕上剤は(トコノール)市販品あり
10 縫う 私の場合は針先は丸めて二本針で縫う ひと目ひと目引き締めながら
参考(素材、材料共に揃うのは東急ハンズけだった)
トップページへ文頭へ
皮細工用材料売り場の材料(剤)、道具等に書かれている説明書や売り場に掛かっている説明書無料)等から得た知識が殆んどで、その一部を下記する。
ひし目打ち
目の間隔が2・2.5・3とある
縫い穴を等間隔に明けるもので、打ち台にはゴム板を敷く

直と曲がりがあり、狭い所でも使える様に私は曲がりを使う
糸の両側に針をつけ、糸には蝋引きをする
縫い方
一つの穴に両側から針を交互に入れ八の字に縫ってゆく
               
その他材料
麻糸で一般に使う色は全て有る、太さは細・中・太とある 硬化剤 ハードとソフトとがある
皮裏面処理剤 商品名トコノールで茶・無色とある 接着剤 色んなものを使ったが、ボンドG-17が一番良かった
今回のポーチはこの型紙で作った。

点線は縫い目穴
実践は曲げ線
B部は別途仕切有り

トップページへ文頭へ

ペンケース作成手順(立体加工)

ポーチを参考に革細工作成手順は前にも書いたがその後皮の立体加工を自分流に開発し、ウエストポーチ、小銭入れをを作り、今回はペンケースを作った。

ペンケースは実に20個ほど作り、ある程度加工手順に自信が持てるようになったので、あるメル友から加工方法の問い合わせがあったのに答えるつもりでその手順を書いてみた。

あくまで自分で開発した工法なのでプロからみたら幼稚な方法かも知れないし、逆に素人加工なので斬新な手法かも知れないが、もしチャレンヂされる方が居たら参考にしてもらえたらと思っています。

  1 作りたい作品の原寸に近い絵を描く。 自分が分かればいい。
  2 作りたい作品と同形状の模型をボール紙で作る。 中身を入れたり身につけたりして形状を最終調整する。(ホッチキスで止める)
  3 模型に基づいて図面化する 全ての部品を正確に
  4 図面に基づき、雄雌の木型を作る。
雄型と雌型の隙間は皮の厚みにしておく。白く見えてるのは塩ビの板を接着し、皮に木目が写らないようにしてる。

  5 皮を水に浸し柔らかくして型に押し込む。
雌型に濡れた皮を乗せ雄型を押し込む。
  6 ジャッキでプレスし自然乾燥する。
上下だけでなく四方から締め上げる。
囲まれてるので7時間くらいでも半乾き程度となだが完全に乾燥するには型から出してからとなる。

  7 型から出すとこの様になっている。

  8 縫い合わせる準備をする。
  9 縫い目を印す型を準備する。
(薄い塩ビ板製、穴は0.5mm程度、黒く塗ったのは中心線を見やすくするため)
 10 縫い目を付ける。
9の型を乗せ縫い針を利用した千枚通し状の針で。
 11 縫い合わせる。
縫い終わりは皮と皮の間に通す。
 12 整形カットする。
カッターナイフ・カミソリ等を利用して。
この工程が一番難しく神経を使う、縫い目から等間隔にカットするが失敗すると使えなくなる。

トップページへ文頭へ

ペンケース加工基本手順
全くの独学で革細工を始め女性用手提げカバンを作った頃から作り方を教えて欲しいと言われる機会が増えた。
東急ハンズのクラフト売り場を見ても確かに自作皮細工コーナーがあるが完全に整形され、穴に添って縫うだけになっている。

例え、形・出来映えが悪くても作る喜び、完成したときの達成感は苦労して作ったときの方が大きい筈だと思い、道具、糸の準備・標付け、裁断の仕方等を重点に書いてみた。

注、1.ハンズとあるのは東急ハンズの事で私が近隣の手芸展
    を調べた限り売ってなかった品を指している。
      2. 100均とあるのは100円均一ショップのこと。

(ハンズで2本100円程度)

メリケン針を使うが残念ながら近隣の手芸店では見あたらない。
先端はダイヤモンドヤスリ(100均で売ってる)か紙ヤスリの200番程度で写真でも分かるように丸くする。(コンクリートでこすっても良い)

尖ってると針をクロス(上の革細工手順縫い方参照)したとき先に通した糸に針が刺さってしまう。


(30mで200円程)

皮革工芸用麻糸を用いる、太・中細・細とあり私は中細を使う、糸は近隣の手芸店でも売ってる。

そのままでも使えるが私は蝋引きをする。
ワックス入りロウ(ハンズで300円程度)で糸をしごきその摩擦熱で糸にしみ込ませる。(3回ほどしごくと糸がピンと立つ)

左写真はロウ引き糸の先端に針を通し、縫ってる途中に抜けないようにしているところ。
右写真の様にして縫う

(しるし)付け

直接皮に線引きすると失敗したとき使えなくなるので塗装用マスキングテープ(一巻100円程度)を皮に貼り標を付ける。
製図用の0.1mmのペンで皮に直に標を付けても良いが、私の場合工作用ポール紙で型紙を作り穴も合わせて写す様にしている。

裁断
カッティングマット(100均にある)を敷き金差し(100均に15cm用と30cm用がある)にオルファーカッターを沿わせて切る。
カッターは絶えず新しいので切らなければ皮の繊維がほつれる。

穴開け
穴位置は専用針により型紙から標を付け(写真左上の薄い部分)その標に千枚通しで明ける。(写真)
この時下にはコルクシート(100均で200円)敷くと机も傷つかないし、穴も明けやすい。

穴位置標用専用針


針は細い千枚通し状のものでも良いが私はたこ焼き返し用具(100均にある)の針部分を抜き(柄だけ使う)、その穴にツマヨウジか割り箸を削って差し込み、其処に先を丸くした木綿針を差し込んだものを使う。

穴開け
上と同様にして得た柄に毛糸とじ用針(太い)を差し込んだものを使う。
ハンズでも穴開け専用柄付き針(多分300円程)で売られている。

縫う

糸の長さは縫う長さの4倍(皮の厚みにもよるが)必要、縫い終わりの始末は上の立体革細工手順11の様にする。

完成品

ホックはどんな手芸店でも売ってて付け方
も袋に詳しく書かれている。

トップページへ文頭へ