オオカミ少年になってない?
総合目次

 私は以前は、筑波山で天体写真を撮っていたのですが、最近は筑波山で撮っていません。というのは、筑波山の駐車場が暴走族対策として夜間閉鎖になっていて、使えないからです。
 まったくもって迷惑千万な話です。筑波山の暴走族対策といえば、表筑波スカイラインの制限速度が以前は時速50キロだったのが、暴走族(っていうか峠族)対策のためにいつからか時速30キロに変わりました。しかもこの道は時速60キロで楽に走れるようなカーブしかないのにです。
 これって、とてもナンセンスだと思うのです。そもそもこの人たちは、はなから制限速度など見ていなくて、制限速度など関係なしにかっとんでます。結局一般の車両の速度が30キロまで落ちて、彼らとの速度差がついて、後ろから追い上げられて追い越されるという場面が増えてかえって危険になっただけです。
 ところで、昔から、車の速度を下げれば安全だと思われてきて、やたらと速度の規制が多い。法定の時速60キロのところなんて、ほとんど無いんじゃないだろうか。
 日本の道路の制限速度は、どうもオオカミ少年状態にあるんじゃないかという気が常々しています。制限最高速度というのは、そもそも「その速度を超えると絶対危険」である速度であるべきで、今のように遅すぎる規制速度は、その規制はどんな根拠に基づいてという疑念をドライバーに持たせます。
 その結果、ドライバーは、慢性的に速度超過をおこしていることになり、遵法精神も薄れようというものです。ドライバーが制限速度を超過すれば必ずといっていいくらいに危ない目にあっていれば、自然と制限速度遵守の習慣がつくでしょう。
 で、問題なのが、日本全国で、場所によって規制速度がどのくらい危険なのかという度合いが違っていることです。つまり、低すぎる規制の地域でならされたドライバーがついつい速度超過の習慣がついてしまっていて、本当にギリギリの安全性を保っている規制に遭遇したときに危険な目にあうこともあるってものです。
 何年か前の道路交通法の改正で、速度超過の罰則がより大きな超過をしても軽くなったのですが、これは最悪の対策で、逆に罰則を強化してもいいから、全国の規制速度や場合によったら法定速度をあげるべきだったんじゃないかと思うわけです。
 そもそも一般道路の法定速度を時速60キロ、高速道路の法定速度を時速100キロと決めたときと現在とでは、車の安定性やブレーキ性能は大幅に進歩しており、一般道路で70キロ高速道路で120キロくらいに法定速度を上げてしまっても何の問題もないはずです。
 むろん古い車で、そのような速度に耐えられない物もあるでしょうが、そんなものは車検を通さなければよいだけの話です。
 このような速度規制を弛めて皆が危険にならないか?という心配を持つでしょうが、道路交通法は制限速度にかかわらず、安全に運転することをドライバーに求めています。各自、自覚を持たねばならないということです。少し(私も含めて)ドライバーにも責任を負わせてみては?それができないような人には免許を交付すべきでないのでは?


ご意見は以下に必要事項を記入の上、送信ボタンを押して下さい。
頂いたご意見はホームページに転載します。
お名前:(半角カナでの記入はできません)

E-mailアドレス:

性 別: 男性 女性

掲載の可否: 必ず 不可

ご意見:(半角カナでの記入はできません)



たわごと目次に戻る
総合目次